« 私のお薦めメルマガ! | トップページ | JTF翻訳ジャーナル寄稿と開講日を迎えて »

2013年6月28日 (金)

来週から開講です!

梅雨らしい、鬱陶しい日々が続いています。

でも、紫陽花の花が鮮やかに楽しめる季節でもあります。

Ajisai

今日は、来週から開講する中国新聞文化センター「産業翻訳者になろう!」の講座の教室の下見に行ってきました。

ビルは広島市の都心にあるデパート「そごう」の隣りのクレドビル

何だか、ホテルのように綺麗でした。
「インドアゴルフ」や「フィットネス」のゾーンもあります。


専門講座は従来希望者が少なく、クラスが成立しないことも多いと聞いていたのですが、現在のところ受講者12名、見学者3名と、文化センターにしては大所帯となり、一番大きな会議室を使用することになりましたscissors


通翻クラスタの皆さん
、Twitterやフェイスブック等でたくさんの応援メッセージをいただき、有り難うございましたhappy01

初回は見学希望の方もいらっしゃいますが、受講者の皆さんのレベルやご希望等のアンケートを実施させていただく予定があります。


また、自己紹介の他、講座や「産業翻訳」について説明をさせていただく時間が長くなりそうなので、PPTを使用したいと思っています。

思えば、翻訳業務の前には日本人にも外国人にも授業をしていたし、組織内では通訳もしていたので、人前で話すのには慣れていました。

でも、翻訳だけの生活を続けていると、忘れてしまうものなのですね~。
おびえた子猫 (bakeneko??) のようなものです。


十人十色」でプレゼンをした時、「あれ?」という感じでした。Ustream放送があるという未経験に怖じ気づいていたのもあるのですが、聴衆が誰なのか考えていない話し方だったなと、反省、反省!

思えば、IJETのプレイベントで、Paul Makinoさんのプレゼンを聴かせていただいた時、「翻訳が好き」という気持ちがひしひしと伝わって、翻訳者として初心を忘れていた自分に気づきました。私にとって、取り組み方を反省した衝撃的なプレゼンとなりました。

また、先頃の「十人十色」で、大阪のしんハムさんこと小林晋也さんは「翻訳者の生き残り」について「そこそこ」と自虐的ながらも、非常に「熱く」語っていらっしゃいました。

お二人とも、翻訳に真正面から取り組んでいらっしゃるからこそのプレゼンだったと思います。



最近、ブログでも他の翻訳者さんをご紹介する機会が多いのですが、色んなノウハウを持っていらっしゃる一流の通翻クラスタメンバーと接し、勉強になることばかりです。情報や技を共有していただき、幸せだなと感じています<(_ _)>。

そんな翻訳仲間の英知を結集して、いえお借りして (まいど~笑)、来週は私も熱いプレゼンをし、受講者の方が各自設定した目標に到達できるお手伝いができればいいなと思っています。

そして、私も受講者の方から多くを学ぶ機会となることを期待しています!


sun今日も、ポチッとしてね!(いつも、ありがとうございますっheart01



にほんブログ村



今日の動画は、犬を投げ倒す猫 (Judo Cat!)

« 私のお薦めメルマガ! | トップページ | JTF翻訳ジャーナル寄稿と開講日を迎えて »

翻訳生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581497/57682802

この記事へのトラックバック一覧です: 来週から開講です!:

« 私のお薦めメルマガ! | トップページ | JTF翻訳ジャーナル寄稿と開講日を迎えて »