« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月24日 (土)

短納期翻訳の品質管理って?

今日は久しぶりの雨です。被害が出るような大雨では困りますが、とりあえず気温は下がって多少は過ごしやすく感じますねwinkrain

仕事柄、毎日検索作業はつきものなのですが、ついつい必要以上に関連サイトにネットサーフィンしてしまうことがあります。

 

Keyboard
近年、翻訳業界については、ネットでも「短納期」という言葉が頻回に出てきます。昨年広島で開催されたJAT主催によるIJET23のパネルセッションや先月参加したJTFのセミナーをはじめ、リアルでも品質管理と関連して取り上げられています。

翻訳会社のサイトを見ると、この「短納期」には「低価格」、「激安費用」とか「最安」といった言葉が組み合わされて書かれていることがあります。

「高品質」、「低価格」、「短納期」!!
何だか、夢のような条件です~。これを実現するには、翻訳者は低いレートで夜も寝ずに働かなくてはいけないのでしょうか。

確かに、私自身のケースを考えても、同じエージェントの場合でも昔と比べると短納期を迫られていますね。営業担当の方が、見積もりを提出する段階でコンペ等の他社との競合に勝つために低価格とともに短納期を打ち出した場合です

でも、「納期が厳しい」と言われながら、忘れた頃に作業担当者さんから問い合わせをいただいたりして、「あれ?」という場合もありますよ(笑)!
早く次の案件を押し込んで、他社の仕事と並行できないようにするためでしょうか。

または、翻訳者による翻訳作業のスケジュールより、翻訳校閲後のDTP作業のスケジュールが優先される場合もあるようですね。


どこまでが、本当に短納期なんでしょうか。


中には、チェックする暇なんてない程急ぎだから、ノーチェックでソースクライアントさんに返す案件もあるという翻訳会社さんも存在するようですね。

以前、医薬翻訳者さんから、「納品物が、まったく何のチェックもないまま公になっていてぞっとした」なんて聞いたことがありましたが、本当にあるようです。

もちろん、そういう急を要する案件もあるでしょう。初めから一般翻訳と校閲なしの「ドラフト翻訳」で別の料金体系の取り扱いであれば、ある意味良心的でしょう。が、まったく同一システムによる安請け合いであれば、問題が生じた時の責任の所在が心配です。


翻訳者は、もちろん誤訳等のミスを犯さないように完璧を期すべきです
。でも、チェックの時間もない程の急ぎの案件であれば、翻訳者の段階でのミスも十分考えられます。


翻訳会社が「翻訳の品質管理」の役割を果たさず単なる仲介をするだけの機会が増えれば、翻訳者はこれから直取引へと向かうかもしれませんね


私も組織にいた時、自らの公式文書翻訳業務だけでなく、他課からのコレポン文書等も校正してラインで決済を取る立場にありました。

でも、「英文科に行った」とか「英会話の留学をしている」とかで、ルールを守らずアルバイトさんに書かせた文書がノーチェックで出回ったことによって生じた多くの問題、それらの後始末をするのは、はっきりいって大変でした。

文書の種類によっては、機械の誤作動や爆発を起こす可能性があるし、国際紛争の火種になりかねない場合だって生じますよね。

私の経験の場合、アルバイトさんが悪いのではなく、させた上司の意識にこそ悪の根源があったように思います。翻訳物は、文章としての洗練さだけが問題ではなく、読み手は誰なのか、読んだ情報に基づいた行動がどんな影響を及ぼすのかまでを考えると、翻訳の校閲には語学的観点だけでなく色んなチェックポイントが生じるはずです。


後から起こりえる問題処理を想定すると、短納期は翻訳品質とトレードオフであるはず!

ソースクライアントさんの無謀な短納期申し出には、きちんと説明・調整・対応できる会社やコーディネータさんであってほしいなと思います

翻訳者側も、翻訳技術向上であったり、ツールやマクロの使用によって可能となる省力化と時短については、皆さん、努力されていますね。
私も、がんばらないと!


で、昨年6月に開催されたIJET23での「品質管理」のパネルセッション、思わぬところにログが残っていました~w(゚o゚)w!

英辞郎がWeb上で辞書引きできたり、通訳・翻訳、TOEIC等語学情報満載のスペースアルクのサイトです!(私もヒアリングマラソン完走者で~す!!)


SPACE ALC スペースアルク  


上のリンクをクリックし、TOPページから「通訳・翻訳のトビラ」 に行くと、「翻訳の品質管理」のパネルセッションのレポートが読めますね。 懐かし~い!!

この討論の後、業界は良い方向に向かっているのでしょうか・・・・・(´ρ`)

14428541


さて、さて、予約受付中でまだ届いていませんが、最近ポチッったのが次の本!
翻訳の布石と定石 実務翻訳プロへの道」(8月28日発売予定)

 

翻訳者を目指して勉強中の人からプロ翻訳者まで必携の一冊だそうです。

私は著者と面識がある訳ではないのですが、何年も前に次のサイトで勉強させていただいたことがあります。


翻訳の泉>翻訳教室



当時は、私のような部外者に、こんなにたくさんの有益な情報を提供していただいてよいのかと、非常に感動したのを覚えています!なので、その岡田先生編集の本いうことで、即ポチりました。今から楽しみです!


sun今日もポチッとしてね!(いつもありがとうございますっheart04



にほんブログ村

2013年8月13日 (火)

夏を乗り切る食の力

毎日、厳しい暑さが続いています。

この暑さに加え、仕事や日常生活の中でのストレス脳や自立神経を疲弊させています。


翻訳者は、基本的にお盆もお正月も関係なく、「お盆、何、それ美味しいの?」とか「冷たいものらしいよ」とかTwitterでもつぶやき合っています。


こんな時こそ、栄養をしっかり取って、うまく疲労回復したいもの。

ただ、毎日食事を作る身としては、「火を使う」キッチンで、汗だくになりながら夏でも美味しく食べれる料理をするのは大変ですね。


私は、もともと必要性があって夕食の記録を取っていたので、TwitterやFacebookでもほぼ毎日UPしています。

Bentou_3Katsu_2Sushi_2


たまに、品数が多いとか、カラフルだとか褒めていただくことがあります。

そう、ずぼらな私が心がけていることは、「色に気をつける」ことなんです!
今日は、普段の食事でちょっとだけ気をつけていることを書いてみようと思います。


食べ物の色は、赤や黄色等、食欲を増進させる働きがあったり、「目で食べる」という言葉があるくらい、食事の際の視覚は大切な要素となります。

なので、色の他にも、重箱に詰めてみたり、ワンプレートにランチ風にしてみたり、食器も変化させています。

ご飯は茶碗に白米ということがほとんどありません。おにぎりや納豆巻きにしたり、常備しているスモークサーモンで手鞠寿司風にしてみたり、野菜をごはんの上に敷いて生しらすとかソースカツを置いて、ご飯を食べやすくしています

本当は、炊きたてのご飯に生卵とか、美味しいお味噌汁にお漬け物というシンプルな食事が最高の贅沢かなとも思うのですが、我が家の老クレオパトラは病的にはもう終末期なので栄養が何より大事なのです。

 

Vegetable揃えたいのは、青(緑)、赤、白、黒、黄の5色
一番の注目は赤色ですね。

トマト等に含まれるリコピンは抗酸化作用を持ち、動脈硬化や高血圧防止に役立つことは良く知られていますね。

また、鮭、海老、鯛、イクラなどに含まれるアスタキサンチンは、強力な抗酸化作用を持つと同時に、がん細胞の増殖を抑制したり免疫力の低下を防止する働きがあるとも言われています。また、血中乳酸値の上昇を抑えて、筋肉の疲労回復にも効果があるそうです。

また、赤ピーマンやパプリカに含まれるカプサイシンは、老化抑制、コレステロール調整、生活習慣病の予防が期待されています。

5色は、紫とオレンジを加えて7色の働きとして紹介されることがあります。(5色の場合、紫は赤色、オレンジは黄色の中に含まれます。)


色とファイトケミカル(抗酸物質)、効能、食品例の関係は、次のサイトを参照してみてくださいね!



やさいでだんらん ー 野菜と果物などの7色のファイトケミカルと食品例


中国の伝統医学でも、食べ物の色が臓器に対して滋養強壮の効果があると言われています。

青(緑) ⇒ 肝臓
赤    ⇒ 心臓
白    ⇒ 肺・胃腸
黒    ⇒ 腎臓
黄    ⇒ 脾臓

色に気をつけると、自然と品目数はある程度多くなるし、栄養的なバランスも取れますね。なので、
具体的な品目数を気にするより、冷蔵庫にある物でカラフルな調理・盛りつけを考えるといいかもしれません。

そして、調理では、お野菜は買った時にできるだけ適当な大きさに切っておいて、生のもの、下茹でしたもの、薄い塩胡椒したものなどをタッパーに入れて、冷蔵保存と冷凍保存に分けます


これを使い切るつもりで調理します。

時短的には、めに調理して冷凍したり常備菜としたりする手もあるのですが、逆に少量を手早く調理するのもお勧めです!

我が家では結構揚げ物も多いのですが、実際食べているのは少量です。

少しだけ作りたい時には、小麦粉はビニール袋に入れてその中に具材を入れて袋を揺さぶります。手をあまり汚さずに済みますね!

パン粉がなければ食パンを大根おろし器ですって作ります。
少量であれば、下ごしらえはあっという間です!

そして、何より私はミニ調理器をよく使います。

書店に行ったとき、本の付録で買った調理器も結構あります。(オレンジページのレシピは別売り)


 

ミニ調理器を使用する時、センサー付きコンロの場合には注意が必要です。具材や油を入れるまでバランスが悪いので、火には注意します。また、上記の調理器は安価なだけ、色落ちが早いのは否めません。でも、揚げ物も、少量の油で片付けも簡単!

他には、次のような調理器を書店で購入しています。(下記はレシピ付き

 

1~2人分のミニサイズだと、魚焼きグリルパンでピザが美味しくあっという間に焼けるし、お昼ごはんに便利です。
シリコンスチームは、主に下ごしらえに使っています。パンケーキパンは、お家でも美味しいパンケーキが焼け、ココアを入れたり味のバリエーションを楽しんでいます。新品で2500円くらいのお品ですが、私は本のバーゲンの時に800円で購入しましたhappy01
書店は、本当に何時間でもいれそうな楽しい場所です。

そして、栄養を取ったら睡眠!ですね。

私は、圧倒的に睡眠が少ないし、おまけに深夜はたいてい起きています。

それでも、最近発見した心地よい眠りは、「猫を見習う」ことですgood

普通、私は隅の方で横向きに丸くなって寝ていました。↓こんな感じmoon3
Sleepingcat_n
でも、モフモフの猫にとって、夏の暑さはこたえますね。夏場は、お腹を上に向けることも多いとか。

20767275
ちょっとはしたないですけど、開放感はあるし、クーラーはよく当たるし、あ~気持ちいい!
「やっぱり、猫は偉いニャ(=^..^=)」という天の声が聞こえてきそうです。notes

上を向いて歩こう♫ではなく、上を向いて寝て、今日も頑張るにゃん(=^..^=)!

今日もポチッsunとしてね!(いつもありがとうございますっheart04


にほんブログ村




 

2013年8月 3日 (土)

勉強も現場の力!~セミナーとオフ会参加~

7月末、2泊3日で大阪に行ってきました。日本翻訳連盟(JTF)関西セミナーに参加するためです。

7月31日、大阪大学中之島センターに於いて、中外製薬株式会社 研究業務推進部の福井 博泰氏が「新薬開発と医薬翻訳 現場が望む品質と技」というテーマでご講演下さいました。

今回の私の旅は、もちろんセミナー参加が目的だったのですが、その前に普段TwitterやFacebookで交流させていただいている翻訳仲間とのオフ会も楽しみのひとつでした。

私が家を空けるのは結構大変!
案の定、朝までほとんど寝ないまま仕事して、それからショートステイに母親を預けるための病状やお薬等情報を書く書類、荷物のチェックリスト等を作成して、無事送り出してから自分の準備。大阪のホテルにチェックインしてからは、まずお風呂に入って汗を流してから「武福」という韓国料理のお店に焼肉を食べに行きました!

 

535710_180368122141420_2106351114_n
カメラチェック!猫ファンの皆さま、iPhoneケースにご注目下さい(笑)!キティちゃんですにゃ(=^x^=)。

Yakiniku
お肉もりもり食べました。マッコリも飲み放題で楽しいひとときを過ごすことができました。
関西の翻訳者の皆さんは勉強熱心な方が多く、とても熱い!です。

Society of Kansai Innovative Translators (SKIT)」という勉強会も発足され、私もメンバーに入れていただいています。

これまでに開催された勉強会では、「正規表現」等まだまだ習得できていないテーマも扱われており、なかなか関西まで来られない自分としては、「広島に来てほしい」とか別の勉強会のコラボはどうかとか、結局仕事の話で盛り上がりましたhappy01!それで楽しいのだから、みんな翻訳LOVEheart01なのですね~(笑)。

暑い中、参加して下さった皆さん、本当にありがとう!そして今回お会いできずメッセージを下さった翻訳者の皆さん、次回お会いできる日を楽しみにしています。

さて、2日目なのですが、セミナー前に別の女性翻訳者さんグループとランチ会がありました。

話題のグランフロント大阪にあるジョーズシャンハイニューヨークというお店です。

Lunch
小籠包はもちろん、さらりとした口当たりのお粥、甘すぎないプリン等、ランチのお手頃価格で至福の時を過ごすことができました。ここでも、次回開催予定のセミナーの話など、翻訳の話で大盛り上がり(笑)!

さりげなく情報交換しながら、学びたいという熱いハートを感じ取ることができました!


それにしても、前日お会いした女性翻訳者さんたちも含め、本当に女性翻訳者さんは可愛らしく、美しい方が多いですね。「美しくなるように努力している」のか、「努力しているから美しい」のか。

「翻訳とは何かー職業としての翻訳」の著者でもある山岡 洋一氏が、「
翻訳は簡単な仕事じゃないんだ」の記事の中で「翻訳をやっている女性は美しい」と書かれていたのを思い出します。

直に女性翻訳者さんにお会いするたびに、「深夜のおやつはやめよう」とか「運動しなくちゃ」とか反省するのですが、三日坊主の私(;´д`)トホホ…。


あ、そういう問題ではないということも、重々承知していますよ(笑)!


そして、セミナー会場へ!

1)新薬の研究開発と医薬翻訳:「翻訳対象文書」、「製薬メーカーの事情」、2) 医薬翻訳の品質:「翻訳会社:翻訳者に望むこと」等医薬に特化したお話から、「適切なスタイル:英語表記に寄せる想い」では、他分野の翻訳でも役立つ情報満載でした!


「数字と単位が行末と行頭にまたがる場合の処理方法」とか、「たかが横線されど横線」ということで、Hyphen・N dash・M dash・Minusの表記、耳障りvs.耳触り等、和訳に求められる正しい表記、参考図書や参考資料URL等、ご紹介いただきました。


詳しい内容については、いずれJTFの日本翻訳ジャーナルでレポートが掲載されると思いますので、ここでは控えさせていただきます。


講師の福井氏が、何度も「命に関わる」と言われていたのが印象的なセミナーでした。
正にそこに医薬翻訳の意義があるのではないでしょうか。


セミナー後は講師の先生を囲んでの懇親会が「大阪 土山人」でありました。
残念ながら先生のお席は離れていたのですが、他の翻訳者、医薬関連翻訳会社の担当者、JTF関係者の方々と色々なお話をさせていただきました。

翻訳会社におけるニーズ、処理内容、そして私たち翻訳者の意識、正に千差万別なんですね~。

自分にとっての常識は、必ずしも他の翻訳者や翻訳会社では常識ではないことも分かりました。

だからこそ、どの会社とお付き合いするかによって、どう自分が評価されるかと同時に、どう成長できるのかも変わってくる重要ポイントだなと感じました。


TRADOS等のツール
使用がこの分野でも主流になりつつありますが、その割にはその他の文書処理が原始的だったり、翻訳者さんのSNS利用度が低いという印象を受けました。

そして、私自身の問題として、「literal」でありながら「reflectiveな」翻訳を目指すには、専門用語や医薬特有の記述スタイルを身につけることは言うまでも無く、普段から「語感を養う」努力をしなくてはいけないなとも感じました。

そして、オフ会・セミナーを通して、「現場に出て」、「現場の人から学ぶ」重要性に気づきました!

机上の学問」数か月分を数日でマスターした気分です!

家庭の事情、仕事の都合、旅費等予算の問題もあるかと思いますが、家で通信教育や独学等で勉強されている方、ぜひ外に出て刺激を受けましょう!
色んな気づきをもらって、将来の方向性が見えてくるかもしれませんよ。

なお、当日教えていただいた参考図書の中で早速ポチったのが中公新書「理科系の作文技術」です。ついでに、「理科系のための英文作法 文章をなめらかにつなぐ四つの法則」も購入しておきました。


ご紹介があったのは、前者です。論理的に思考し、文書化するために必要な技術・フォーマットが整理されているそうです。大学の生協でも売られているそうですね。新書版なので外出時に持ち出して隙間時間に読めそうです。


そして、最近FBでご紹介したら、多くの翻訳者さんが興味を示されたのが次の本。
山中iPS細胞・ノーベル小受賞論文を読もうー山中iPS 2つの論文(マウスとヒト)の英和対訳と解説および将来の実用化展望」です!ここでもご紹介しておきます。



内容の割には随分お安いですね。受賞の契機となった2つの論文が英和対訳で掲載されており、専門用語や論文の重要なポイントに解説がある他、ノーベル財団が発表した受賞理由の翻訳もあります。医薬・化学関連の翻訳者の方は必読ですね!

iPS細胞が一日も早く実用化され、現在の治療で今を凌ぐのが精一杯の多くの患者さんを救える日が来ることを祈るばかりです。

今日もポチッsunとしてね!(いつも、ありがとうhappy01!)
                  大阪、また行くよ~♬♬



にほんブログ村

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »