« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月27日 (金)

名刺と顔写真

9月も下旬になり、日ごとに秋めいてきました。とは言っても西日本はまだまだ暑く、日中はクーラーが手放せません。

さて、今月中旬に大阪で開催されたセミナーに参加して、初めてお目にかかった翻訳者さんたちからたくさんの名刺をいただきました。

約30名。そして、それらの名刺を整理していて驚いたことは、顔写真を入れている方がお一人もいらっしゃいませんでした!(正確にはFBの写真をシールで貼られている方がお一人いらっしゃいましたが、キャップとサングラスでお顔を特定できるものではありませんでした。)

そんな中で、7月下旬の大阪行きに合わせて急遽作成した私の名刺は顔写真入り

実は、長い間、私の名刺には名前と住所、電話・ファックス番号、E-mailアドレス、「技術翻訳者」という肩書き以外、何も記載していませんでした。

駆け出しの頃には顔写真こそありませんでしたが、PRを兼ねて取り扱い分野などたくさん情報を記載していました。核となる分野の他に、Nifty-Serveの頃からポストエディットの仕事も請け負っていました。基本的には小さめの案件で納期も短く、いわゆるスピード翻訳のようなものでしたが、ニュースをはじめ、取り扱い分野は多岐にわたっていました。

機械翻訳の結果は参考にしながらも、全てデータを消して一から丁寧に翻訳しました。専門分野とは呼べないのですが、取り扱った文書の種類を名刺にも記載して、PR材料にしていました。「はったり力も営業力!」と若かったのでしょうね。

そして、仕事を重ねるうち、そんな自分が恥ずかしくなってきました。
また、介護もするようになって業務拡張をする余裕もなければ新規取引先の開拓をする必要もなく(時間内で回らないほど仕事はあったので)、ごくごくシンプルな名刺となりました。

でも、限られた時間で最大限の効率的かつ高品質の仕事をするためにも、現状維持ではなく、良いエージェントを開拓する必要があったはず!

そこは反省点です。そして新しい分野を開拓中の今こそ徐々にPR作戦を始めようと顔写真を入れて記載情報も増やしました。
 

 

Meishi1a                         表面
Meishi2                         裏面

増やした情報は、取り扱い分野、日英/英日の記載(双方向で扱うことの明示)、JAT会員であること、ブログのWebサイトのアドレス、裏面に、日本翻訳者協会(JAT)と日本翻訳連盟(JTF)に寄稿した記事のタイトル、現在、中国新聞文化センターで翻訳講座を受け持っていること等です。

私も顔を出すことには随分抵抗がありました。

ちなみに、翻訳関連での私の顔出しの歴史
1) Twitter
2) ブログ
3) フェイスブック
4) JTF寄稿文
5) 名刺           の順です。

1) 家族の病気で、広島で開催されたIJETに参加できるかどうかは直前まで分かりませんでした。SNSをROMってばかりだった私でも、Twitterで会議1週間前からはTwitterのアイコンを顔写真にしようと呼びかけられているのを知っていたので、その頃Twitterでいきなり顔出しデビュー!(今は猫画像ですニャ、あしからず(=^..^=))

2) ブログを始めるにあたっては、翻訳講座担当のお話をその前からいただいていたので、開講となれば新聞に顔写真が出ることは分かっていましたどうせ面が割れるのであれば、いっそブログで顔を出して地元の翻訳者であることを知っておいてもらいたい、そんな願いを込めて顔出ししました。

3) FBは、フェイスというぐらいで実名登録とともにプロフィール写真は顔写真が基本です。(一部の方は、ツイでのアイコン画像や似顔絵等を使用されています。)

問題は、「ちゃんとした写真を撮っていないこと」です!

最初のTwtter用の写真は、上半身が写っていたので拡大しないと顔の特定には役立たなかったと思います。

ブログのサイドバーにある写真は、家族と写った写真を自分一人に加工したもの。フェイスブックとJTF用の写真はiPhoneで自分撮りしたもの。iPhoneで自分撮りすると、どこを見ると真正面になるか分からず目線が下向きです。(印象的にはマイナスと思われます。)

最近FBの写真(名刺と同じ)は気分転換も兼ねて変更しました。

                      (変更後)
                        ↓

Profile2ajpg

同じくiPhone自分撮りで、ユニクロ特売500円のセーターを着たショボい私ですが、目線を落としていない分だけ気に入っています。

でも、以前日本経済新聞に掲載されていた「好印象を与える顔写真の撮り方」によると、「正面を避け、少し斜めから」撮るのだそうです。

顔の左右のパーツの微妙な違いは、見る人に不安な気持ちを抱かせるということです。


代表的な撮影ポジションは、

1) 「7/8」ポジション。「どちらかの肩を出し、顔は前カメラに向かってやや横を向く。できあがった写真では両耳とも見えている。」

2) 「3/4」ポジション。「7/8」より体をひねる角度が大きく、どちらか片方の肩を前に出し、顔はカメラに向かってやや横を向く。出来上がりは片耳だけが見えている状態」だそうです。


うーん、ちゃんとカメラマンに撮ってもらった方がよさそうですね


たくさんの人とお会いすると、当然、お一人お一人とゆっくりお話ができていません。
名刺の整理をする時にも、正直どなたかすぐに分からず、FBでのお写真と照合して思い出したりしていました。


営業ツールとして考えた時には(場合によっては交流ツールとしても)、名刺には顔写真があった方が断然お得ではないかと思います。そっくりの似顔絵もユニークで印象に残りますね。

サイトに載せる場合にはある程度の自己防御も必要ですが、自分を晒すことで自分の言動に対する責任も感じてきました。



FBでも、素敵な写真を掲載されている方は印象に残りますね。
奇抜にでもなく、モデルのように撮ることでもなく、本人の誠実さと熱意が伝わるような写真を1枚ちゃんと撮っておけば、色々なシーンに活用できると思います。

と言いながらまだ準備できていない私です((・(ェ)・;))。


ちなみに今回の私の名刺は、ビスタプリントで注文しました。

フルカラー両面光沢仕上げ200枚で\2,000でした。(プレミアム100枚だと\640です!)

\2,500から送料が無料になるので、住所ラベル(\750)も注文しました。そしてSサイズの住所スタンプは無料でゲット!ただ、送料無料のコースにすると、届くまでに3週間以上かかったのであせりました。(サポート・センターによるとオーストラリアの工場から発送されるらしい)

自分の状態に合わせて、記載する内容も変わりますね

今回の200枚の残りはコレクションとして(笑)、使い切らないうちに時期を捉えて次の名刺を作成したいと思っています。(もちろん、別の写真でね!)

あ、まずは記載すべき充実した内容を本人が身につけることですねhappy01

そんな、まだまだダメダメな私が今読んでいるのは、ハイディ・グラント・ハルバーソン著「やってのける 意思力を使わずに自分を動かす」です。




翻訳クラスタでお馴染みの児島 修さんが訳された本です。

ちょうど半分読み終えました。コロンビア大学心理学博士が科学の最新の知見をもとに書かれているので、これまでの自己啓発本とは全く異なっています。

まず、冷静に自分のタイプを知ることができます。そして、各章の最後に「○章のポイント」としてまとめがあるのも頭の中が整理できていいですね。

夢のような目標ではなく、現実を踏まえたうえで、でもちょっとだけハードルは高めに設定してがんばりましょう!

写真に耐えうる外見も磨かなければいけないし、頭脳も進化させなければいけないし、くよくよ悩んでいる暇はないはず!← と自分を煽ってみる!!!

168510_482429838509793_353453250_n


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうheart04


にほんブログ村

2013年9月16日 (月)

ツールを使うのか、ツールに使われるのか

9月の12日、13日と大阪で開催されたITセミナーに出席してきました。

7月末にも、医薬翻訳セミナー出席のために大阪に行ってきたばかりです。セミナー前に参加したグランフロントでの昼食会のことを、8月3日付けの記事「勉強も現場の力!~セミナーとオフ会参加~」で書いています。

この食事会はITセミナーの打ち合わせを兼ねており、そこに初参加の私がお邪魔したのでした。

今回のITセミナーは、ミズトラの会 (Ms. Translatorsの会) を主催されているKyokoさん の企画・交渉等ご尽力あってこそ実現したセミナーなのですが、7月に昼食をご一緒した翻訳者さん達をはじめとする他のメンバーの方々がセミナー会場の準備、事務作業や撮影・画像処理等を担当して下さいました。徹夜状態でのお仕事の後に会場入りして、ボランティアでセミナー運営を支えて下さった方もいらっしゃったようです。

みなさん、本当にありがとうございましたm(__)m。

セミナー会場は「毎日インテシオ」。

 

P9120743_600x800

講師は、5月に「十人十色」の勉強会でもご一緒した「帽子屋さん」こと高橋さん!IT翻訳の第一人者です。


まず初日は、高橋さんによるTRADOSセミナーの前に、医薬翻訳会社でもある株式会社MCLの社長さんによる「対訳君」の説明会が開催されました。

高橋さんのセミナーともども、非常にフェアで「翻訳者のための」セミナーであったという印象を持ちました。

それは、よくこの種のセミナーにありがちな過剰な宣伝や、対象ツールだけを推奨する内容ではなかったからです。


まず、「対訳君」。対訳君のコンセプトは「辞書検索」と「対訳検索」です。
特に用例検索では、文の組み立てや類似文が簡単に検索できるので、英訳の翻訳時には大いに役立ちそう

製品ラインアップはStandard、Professional、医学版Acceptで構成されています。この中で、「メルクマニュアル」や「腫瘍学国際文献引用集」等の対訳データが入っている医学版は、医薬翻訳者にとって買って損のない製品かなと思いました。


そして「Trados」。IT業界では標準的に使用されている翻訳支援ツール(CAT)ですが、最近では医薬等の他分野でも使用頻度が高いと聞いています。

実は、私は駆け出しのころITをメインにしていたので「Trados」を所持していました。
でも、その作業内容、それに伴う翻訳料金の体系が嫌で、あっさりとTradosを捨てて英訳をメインとする工業分野に転向したのです。

料金体系が嫌とはいえ大量のデータを扱う案件が多かったので、駆け出しでありながらスタート時から安定した収入がありました。

でも、「翻訳」なのか「編集作業」なのかとまどっていた当時は、まさに「ツールに使われていた」状態だったのでしょうね。

今なら、もっと冷静に使いこなせそうな気もします。


でも、私が今受注している案件を考えると、早急にTradosを使用しなければならない状況ではないのですね。

Trados使用によって効果がもたらされるのは、定型表現が多く、定型の訳を使用する文章や部分的な改版の頻度が高い文章を扱う時です。

でも、そんな場面に使用するCATツールには、WordfastOmegaTといった無料ツールもあります。

また、比較的安価で使い勝手の良いFelixも良いかなと思っています。(体験版で実施済)

今現在は、過去案件の有効活用も含め、SimplyTermsとKWIC Finder、そしてWordのマクロ等で何とかなっている状態です。ほぼ1社集中の専属社員のような働き方になっている現状もあります。

マニュアル案件も多くありません。あっても、大量の繰り返しがある文章ではないです。

英訳も出来上がり200~400枚程度の案件になると、類似文が出てくることがありますが、検索の範疇内です。または、前処理で差分翻訳の形で原稿データを受け取っています。

ただ、取扱分野の比重を変えつつあるので、それに伴って新規取引先を開拓する予定です。なので、事前に取り入れていた方がいいのかな、と多少焦り気味でした(;;;´Д`)ゝ。


少し、冷静に検討してから購入した方がよさそうです。


- 自分が取り扱う文書はCATツール使用に適した文書か。(購入の緊急性はあるか)

 

- どの機能をPC(機械)処理して、どの機能を人間(翻訳者)が実施するか。

 

- 取引先(新規も含め)の指定ツールはあるか。ある場合、それは何か。

 

- 無料のツールとこれまで使用しているソフトウェアやマクロを組み合わせて、どこまでの効率化が図れるか。

- 購入すると想定した場合、自分の収入と購入費用を含めた予想総経費のバランスはどうか。



等々、じっくり考えてみたいと思います。
新規取引先は、まずはどこを受験するかの検討の方が先です。


ツールに「使われる」のではなく、自分がツールを「使う」視点が大事ですね!


2日目の「読ませるための」翻訳に関するセミナーを受講して、「日本語力」や「英語力」、そして翻訳に必須の「調査力」をもっと磨き、正しく、美しく、丁寧で自然な訳文を作る原点に戻る必要性を何よりも感じさせてくれたセミナーでした。

また、高橋さんの授業展開のすばらしさは、私も授業をする者として色々参考になりました。さすがです!

セミナーでご紹介くださった本は大半を(積読本も含め)所持していたのですが、まだ購入していなかった次の本を早速ポチりました。



主語を抹殺した男」 - 日本語文法に生涯を捧げた日本語学者の評伝です。タイトルからして、面白そうです。


さて、懇親会はお洒落な堂島ホテルで開催!

P9120753_800x600P9120765_800x600

抽選会で、くじ運の悪い私が何と4等賞(堂島ロール半本)を当てました。\(^o^)/

が、当日も宿泊予定だったので、パーティーで熱いスピーチをして下さったしんハムさんこと小林さんのお土産にお渡ししました。


いつもSNSでご一緒しているしんハムさんが、最近はツイキャス (TwitCasting) デビューもされ、どんどん活動を展開されている様子を拝見して私まで嬉しいです!


では、色々疲れたので、1時間でもお昼寝しましょう。皆さん、おやすみなさいhappy01

Happycat

sun今日もポチッとしてね!(いつも、ありがとうheart04


にほんブログ村

2013年9月11日 (水)

失礼な敬語

日本語は難しい、と最近とみに思います。

私の仕事は8~9割が英訳で、和訳をする機会が少ない関係もあるかもしれません。

でも、小難しい日本語を書く時ばかりではなく、例えばこのブログとか、友人へのメールとか、そういう日常的な文章を書くときにも戸惑うことがあります。

そして、気づいてみると、英文を書くときと同じように検索やコ-パスを利用して「コロケーション」を調べている自分がいます!⇒(私って、何人なの???)

そう、日本人だからって、正しい日本語が使えているわけではないのですねぇ

そこで、多くの積読本の中から今読み進めているのが、野口恵子さんの「失礼な敬語 誤用例から学ぶ、正しい使い方」です。


実は、この本も、7月末に「新薬開発と医薬翻訳」のセミナーに出席したとき講師の方から教えていただきました。医薬とは直接関係ありませんが、語感を養ったり、正しい日本語を身につけるのにとても良い一冊だと思います。

 

目から鱗」の気づきがいっぱい!


例えば、メールなどでもよく使う「よろしくお願いします」。

大変便利な挨拶の言葉なのですが、場合によっては、強引な物言いになったり、「反論は受け付けない」という意思表示になるということ。


また、午後の早い時間で、疲れを感じていないときに「お疲れさま」と言われると、どっと疲れを感じることがあるということ。これは、言葉の意味を考慮していない例だそうです。

ご苦労さまです」と「お疲れさまです」の使い分けは意識していましたが、「善意の暴力のようなものを感じる」と著者に言われては、「私、大丈夫だったっけ?」と心配になってきます。



確かに、同じような例として、
必死にがんばっている人には「がんばって」という言葉だけは使わないように気をつけてきました。これ以上がんばれない程がんばっている人に、「がんばって」とはとても言えません。その代わり、向こうから何かを語りかけてきたときには、愚痴でも相談でも話し相手になりたいと思っています。

そんな友人から「一番ほっとする」と言われたことがあります。他の友人からのあまりにダイレクトな励ましは、ありがたく感じながらも時として心の負担になっていたそうです。

でも、最近その言葉を使ってしまいました。最大の危機にある彼女には「がんばってもらうしかない」状況なのです!「がんばって」と書いたときの自分は、最高につらくて自己嫌悪にも陥ってしまいました。


言葉の意味を考えたら、用法に気をつけないといけないフレーズが多くありそうですね。


また、「させていただく」を用いる際には、「人が何かをすることに許可を出す誰かと、することを許してもらう誰か(たいていは、私)がいなければならない」ので、

「会社をやめさせていただきます」

という例などは、決定事項を一方的に通告している点で、謙遜表現を用いながらも相手を不愉快にさせているということになります。

させていただく」のもうひとつの不適切な例として、

若い女性タレントがファンへのメッセージとして、ブログなどに

私、このたび、入籍させていただくことになりました。驚かせてしまってごめんなさい」が挙げられています。

Wedding
「ファンからの許可も依頼も恩恵も受けていない」ので、「させていただく」は使えないのです。「結婚することになりました」とか「入籍することになりました」でよく、「いたす」を用いて、「結婚いたします」「入籍いたします」と書いてもよいそうです。


また、ツイッター上の「簡易敬語」も問題として取り上げられています。

例えば、「拡散ください」「アップくださいました」「ダウンロードいただき、ありがとうございました」の場合、

くださる」「いただく」の前には「して」がなければならないので

拡散してください」「アップしてくださいました」「ダウンロードしていただき、ありがとうございました」が文法的には正しい文となります。

私はツイッターには積極的に書き込みはしていないのですが、それでもツイート数は4,000近くになっています。猫好きとして、文尾に「にゃ」とか「にゃー」をつけて個性を出したり、またネット用語の(「おやすみ」と言ってくれてありがとう)の「おやあり」のような簡易語を普通に使用しています。

文字制限もあるツイッターでの書き方を改める必要はないと思うのですが、改まった文章を書く必要があるときに、日常の書き癖のようなものが出ないように気をつけたいものです。


また、個人的な問題としては、入力中に入力ソフトのATOKから「ラ抜き表現」と警告が出ることがあります。

一段活用の動詞とカ変動詞に「可能動詞」は存在しないので、例えば

「見れる」 ⇒   「見られる
「投げれる」 ⇒  「投げられる
「来れる」 ⇒   「来られる」    と訂正しなければなりませんね。


まだ全ページ読めていないのですが、読み進めるたびに反省点がいっぱい出てきそうです。

言葉を扱う職業を持つ者として、日常から「正しい日本語」を意識し、正しい使い方ができるように努力していきたいと思っています。


sun今日もポチッとしてね!(いつもありがとうheart04



にほんブログ村

2013年9月 2日 (月)

ふと、立ち止まる

早くも9月です!実りの秋を迎えました。まだまだ暑い日が続いていますが、朝夕の風に秋の気配を感じてきました。

Autumn
でも、私は心身ともに絶不調!一日は(といっても私の場合は深夜に一日が始まっているのですが)ため息で始まり、ため息で終わるような日々。

ということで、数日、翻訳の仕事から離れてみることにしてみました。
といっても、授業準備や宿題の添削があります。

でも、取り敢えず、立ち止まってみよう。

Poorcat_4
そんな感じで始めたミニダウンタイム。最初の2日くらいは、一日に何度も眠気が襲ってきて活動の合間に寝落ちていました。そうしているうちに、体調は少しずつ回復傾向にupwardrighthappy01

思えば、タイムログをとっていたのに、ログをとる余裕も気力もなくなっていました。

家庭での介護負担が急に増え、仕事を含め自分の使える時間が激減downwardrightcrying
仕事量を調整しても、思わぬ事態が発生したりすると、すべてがずれ込む毎日。

授業をする身としては、自分の専門的な勉強よりも基本的なライティングや翻訳スキルに関する勉強を優先せざるを得ません。

もちろん、それこそ私の目指すWin-Winの関係!でも、でも、もっとやりたいこともあるんだ~!

ということで、夢を大きく描いても、時間のリソースに限りがあるように私のキャパにも限界があるので、作戦変更します!

以前はTogglでタイムログをとって、自分のための第2ゾーンの時間を捻出することを目指していました。

今回は、逆に自分が使える時間の中から各活動の目標時間値を決め、確実にこなすことを目指します!

そこで、アプリをTimenoteに変更♬

Togglでは、PCとiPhoneを同期させて使用していましたが、今回はiPhoneで一元管理!

Mzi_ovawttuk_2


カラフルなアプリです~!!

Timenote
こんな風に、もともと8つに分類されている行動は、追加することも、また自分の行動に応じて簡単に表記変更することもできます。

そして、各行動について、「割合(%)」、「1日あたり(時間)」、「30日あたり」、「365日あたり」の目標値を決めます。たとえば、「3時間以上」とか「3時間以下」のように。

登録すると、アプリ起動後には、アイコンをタップするだけで記録が開始されます。
記録中は、開始時間と経過時間がみれ、記録した行動が時間軸に色で表示されます。

Togglの場合と同じように、時間の使い方の傾向は月ごとや年別で表やグラフで見ることができます。

目標差も確認可能!

毎日の目標をクリアできればベストですが、毎日できない場合でも平均してある目標ラインに到達できれば良しとします。

詳しくは、AppleFanのサイトをご覧くださいね!



亀の歩みでも、一歩一歩、前に進むことを目指しますscissors


自己修正しないと、奈落の底に落ちまする~アブネ━━Σ(゚д゚;)━━!!


sun今日もポチッとしてね!(いつもありがとうheart04



にほんブログ村


Paul AnkaでMy Way!

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »