« 在宅医療とQOD(死の質)とは | トップページ | 「調べ物100分勝負」~JATセミナー~ »

2013年10月13日 (日)

通訳者とのミニオフ会

先日、地元出身のビッグな通訳者お二人とのミニオフ会に参加してきました。
えーっと、ビッグとは、ビッグマウスかビックリな通訳者か、とご本人は謙遜されていましたが。。

場所は、広島市の中央部にある「
庭の山椒」という完全個室の本格創作和食料理のお店です。

 

P014576578_480

おひとりは、ワルシャワ出張から帰国されたばかりの、中堅注目株人気急上昇中の藤井 信孝さん!大学在学中から通訳の訓練を受け、まだ30代半ばながら東京を中心に世界をまたにかけて活躍されているそうです。地元に帰省されるということで、今回の食事会開催となりました。

そして地元広島でピースリンク通訳事務所代表をされている
宮原美佳子さん
毎週のように広島と東京を往復され、東京にも活躍の場を増やされています。

何しろ、お二人とも通訳学校に8年、10年と通われたという尊敬すべき根性と財力をお持ちです(笑)!家一軒建てられそうなくらいのお金を学校に投資されたとかcoldsweats02


藤井さんは、あるサイトで翻訳講座の講師をされているという紹介があったので、実はそんなお話を伺いたいと思っていました。が、既にやめられていたので通訳中心の話題となりました。私も以前は通訳をしたり、発注する側にいたこともあるので、それはそれで楽しく時間を過ごすことができました。



私が所属する
日本翻訳者協会(JAT)では、エッセー集「翻訳者の目線」を出版していますが、今年の場合、私は「夢叶える時」というタイトルで昔同時通訳科に通っていた頃にノスタルジックな想いを馳せたエッセーを寄稿したばかりでした。

その中にも書いたように、以前は地方で通訳や翻訳で独立するのは漠然とした夢のような部分もありましたが、今や通訳者や翻訳者になるのは決して夢ではありません。
手に届く目標のひとつに過ぎません。むしろ、独立してからの方が正念場を迎えると言っても過言ではないと思います。

とにかく、お二人ともタフです!うまくいかなかった時も、2日も寝たら忘れるそうです。まさに、失敗から学び、それを成功に変えるマインドの強さがあるのでしょう

翻訳にも通じると思ったのは、すごく著名な通訳者さんでも分野によっては信じられないパフォーマンスだったり、また、お堅い会議の通訳のパフォーマンスは良くても、フォーラム等で少しくだけた話になると適切な言葉にならない場合があるということです。

会議でのパフォーマンスは良くても、その前のカジュアル・トークがうまくいかないと、その時点で「こいつ、大丈夫か?」みたいな目線で見られることもあるとか。


私も、以前ネイティブがいる職場にいたり、ネイティブがお友達や生徒さんだったりした頃には、英語はまったく考えることなく自然に口から出ていましたが、国産通訳者/翻訳者としてはカジュアル・トークやスラングは苦手でした。

翻訳でも、技術翻訳ではなく、一般の書籍や映像翻訳になると苦労する用語や言い回しがたくさんあると思われます。

今回、異業種とまではいかないのですが、翻訳以外の方とお話して、また異業種交流等にも参加したいと思うようになりました。

駆け出しの頃は、ザウルス(シャープが製造・販売していたPDA製品)の会に入っていて、オフ会等に参加していました。遠赤外線による名刺交換等していたのですが、システム担当や自営業の人が多く、実際はノートPCを持ち寄って新しいソフトやテクニック等を見せていただいていました。

翻訳も、文章自体の技術を磨くだけでなく、実際にパソコンや機械を触ったり、展示会で新商品の説明を聞いたり、実機の作動を確認することはとても勉強になります。

また、(望ましい経験ではないかもしれませんが)医薬関連でも、実際に医薬関連の施設に出入りしたり、医療機器の作動を目の当たりにしたり、新薬や治験に関わった人との交流は、翻訳に取り組む姿勢や視点にも影響があったように思います。

とにかく、外に出て色々な人と会って、多種多様な経験や意見を聞く。色々な物や製品を見る。そんな、さまざまな角度からのアプローチも大事ですね
そんな気づきができた夜でした。
お二人とも、ありがとうございました<(_ _)>。

通訳に関連して今考えているのは、同時通訳科で習ったシャドウイングや直読直解方式は翻訳にも役立つということです。

直読直解(頭から訳していく)方式は、特に難解な長文には有効なので、少し理論を整理して、今担当している講座でも生徒さんにご紹介できればと思っています。

Balancedcat

               家庭生活と仕事はバランスをとって!

Challenge                
                でも、チャレンジは忘れないで!!

えーっ、上のニャンコは綱渡り状態とも言えるかも(笑)!← 誰のこと??


sun今日もポチッとしてね!(いつもありがとうheart04!)



にほんブログ村

« 在宅医療とQOD(死の質)とは | トップページ | 「調べ物100分勝負」~JATセミナー~ »

翻訳生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581497/58377139

この記事へのトラックバック一覧です: 通訳者とのミニオフ会:

« 在宅医療とQOD(死の質)とは | トップページ | 「調べ物100分勝負」~JATセミナー~ »