« 翻訳者の収入とワーク・ライフ・バランス | トップページ | リセットは猫カフェで! »

2014年5月30日 (金)

高血圧と血管のおはなし

5月17日は「高血圧の日」です。

約一週間後の5月25日に、広島の国際会議場で開催された「第3回臨床高血圧フォーラム市民公開講座」に参加してきました。

特別企画として、24日、25日の2日間、旧広島市民球場跡地では「減塩サミット in 広島」が開催され、減塩に関する料理の実演、食材・加工食品の展示・即売やトークショーが開催されたようです。

講座の方では、「健康長寿は高血圧管理から」というテーマで数名の方が登壇されました。


120517c


1)予想どおり、日本人間ドック協会と健康保険組合連合会が設置した「検査基準及び有用性に関する調査研究小委員会」が、健康診断における血圧の基準値として「収縮期147mmHg、拡張期94mmHgまでを正常とする」とした発表内容に対して、一言ありました。

先日改定された2014年版の「高血圧治療ガイドライン」では、高血圧を140/90mmHG以上(改定前は130/85mmHG以上)と定義しているので(若年、中年、前期高齢者75歳未満)、「147でも異常なし」という一部メディアの論調による誤解があったからです。

人間ドック協会の解析は「今健康な人」のものであり、血圧147という数値は、「今は健康かもしれないが、5年後、10年後には健康でない可能性が高い」ことを示しているということでした。
(*75歳以上、糖尿病のある方/慢性腎臓病で蛋白尿陽性の方、脳血管障害になったことがある方/冠動脈疾患になったことがある方は数値が異なります。)

2)そして、血圧測定。
血圧には「家庭血圧」と「診察時の血圧」があるのですが、診断としては「家庭血圧」が優先されるようです。


この時高血圧の目安となる数値は135/85mmHG以上で、診察時の血圧の数値とは異なります。

家庭血圧測定時の注意点としては:
上腕で測定するタイプの血圧計を選ぶ (下参照)
朝と晩に測定
朝:起床後1時間以内(朝食前・服薬前)
番:就寝前
トイレは済ませて1~2分椅子に座った後測定
測定前の30分間は食事・飲酒・運動・入浴を避ける
★朝・晩、それぞれ2回測定して平均値をとる 等があります。



3)血圧を下げるための減塩

高血圧は、脳卒中・心筋梗塞・腎不全等の生命を脅かす病気を引き起こす危険があるので、
減塩 ⇒一日の摂取量を6g未満
減量
★毎日30分以上の有酸素運動(散歩等)
節酒
ストレス・マネジメント 等が大事になるということです。

日本人は、一日に約11gの塩分を摂取しているそうです。
食生活の見直しは必須なのですが、気をつけたいのは食品の表示です!

講座では、コンビニで購入した握り寿司の表示が例として示されました。

Na 2.9g

Naはナトリウムですね。なので食塩、すなわち塩化ナトリウム(NaCl)に換算しなければいけません。2.54を掛けます

すると、2.9gは約7.36gとなります。おお、既に一日の目標摂取量を超えています((・(ェ)・;))。気をつけなければ!


ただし、食塩で血圧が上がらない人もいるのですね。これは、食塩感受性(salt sensitivity)によるものだそうです。逆に、食塩感受性が高い高血圧患者の場合には、減塩療法が奏功することになりますね。

4)興味深かったのは、高血圧に関連して「血管内皮 (vascular endothelium)」への言及があったことです。血管内皮機能は高血圧や脂質異常等の生活習慣病によりその機能が低下すると、動脈硬化の進展を引き起こすそうです。そこで、血管内皮機能(FMD)の測定をする装置があるそうです。


FMD: Flow-Mediated Dilatation, 血流依存性血管拡張反応


血管年齢
を知ることも、これからは大事かもしれません。

私は、特別な減塩対策はしていないのですが、お醤油は「減塩醤油」を使用し、レモンを常備しています。レモンをサラダにそのまま絞ったり、マヨネーズや味噌とミックスして薄めたりしています。

「ヒトは塩分とともに老いる」

はい、もっと工夫して、この日聞いたこの言葉を肝に銘じます!

234     おいらのごはんは減塩しないでにゃ~(=^x^=)。


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

« 翻訳者の収入とワーク・ライフ・バランス | トップページ | リセットは猫カフェで! »

医薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581497/59727769

この記事へのトラックバック一覧です: 高血圧と血管のおはなし:

« 翻訳者の収入とワーク・ライフ・バランス | トップページ | リセットは猫カフェで! »