« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月26日 (木)

IJET-25報告記と素敵な仲間達!

第25回英日・日英翻訳国際会議(IJET-25)に参加するため、6月19日から23日まで東京に行ってきました。

Tokyo 東京のビルは高い~!! 宿泊ホテル(有明)近辺


まずは、20日には分科会JATPHAMAに終日参加しました!実に7つのセッションがあり、どれも素晴らしいセッションばかりでした。特に委員長のトニー・アトキンソンさんによる「動詞の時制」に関するセッションは、とても勉強になりました。日本語での理詰めの説明よりも、英語で講義を受け、実際に文章の中で考え、自分でも文章を作成する英語でのフローの中で、頭の中の霧が晴れたような気がしました。

Jatpharma
それにしても、22日の「複雑な日本語の文章を明確で正確な英文に翻訳する」セッションも合わせ、私はiPhone内に辞書を搭載しているだけの状態でした。なので、ワークショップでは、基本的に辞書も開かず、訳文入力も直にペーパー上に手書きしました

キーとなる単語は記載されていたのですが、普段は用語について複数辞書の串刺し検索、コピペにデータベースやネット検索といったマシン依存の状態なので、訳出結果に「モデルの文に近い!お、いけてるかも(o^-^o)」と思いながら、やはり「パフォーマンス落ちている」が結論のような気がします。マシン依存症では、まだまだだな~という感じです。

分科会でもうひとつ印象的だったのが、私がMCを担当させていただいたKyokoさんとYokoさんによる「医学英語勉強会」に関するセッションです。いつもは、FBのMedical interpretersのグループで勉強会の様子を拝見したり、連日のように新しい医学情報をご紹介いただいていたので、お二人の並々ならぬ力量と努力は感じていました。


2014年7月度医学英語勉強会のご案内


私が「医学検定」という語学を離れた試験を受験したのも、Kyokoさんが先に受験されて情報をいただいたからです。

参加者主体」であり、「机上の学習にとどまらないアクティブな学びの実践」という勉強会への参加者は、通訳者や翻訳者のみならず、米軍基地病院関係者、医療機器・製薬メーカー、臨床技師、医学生等、さまざまなバックグランドを持っているそうです。実際に勉強会での演習風景を拝見し、これだけの会を立ち上げられたKyokoさん、そして設立当初から参加して会の発展に貢献されているYokoさん、本当に頭が下がる思いでした。

一見、翻訳者としての勉強法とは異なって感じる人もいらっしゃるかもしれませんが、同会の講師も務められ、21日に「毎日続ける医学英語学習法」のセッションに登壇された石井浩子さんの言われる「意味が分かった上で翻訳や通訳をする」ための効果的な学習法だと感じました。

いずれにしても、「実力のある人」はそれだけで凄いのですが、そういう人こそ謙虚でもあり、情報のアウトプット・共有によって他者への貢献もされているという訳ですね!

Zenyasai
渋谷JEEKAHN'Sでの前夜祭。上部複数モニターに画像入り名刺広告がUP!


そして、21日と22日の本会議では、JATPHARMAのセッションを全て受講しました。

なので、興味深いセッションや素敵な先生方の講義も今回はパスとなりました。

それでも、医薬翻訳のカリスマ的存在である森口理恵さん「快適な仕事環境を作るコツ」、日向清人さん「コミュニケーションとしての英文ライティングを再考する」、前述の石井浩子さんの「毎日続ける医学英語学習法」、そして豐田憲子さん・井口耕二さん・高橋裕美子さん「21世紀に求められる翻訳者の資質とは?をさまざまな現場から語る」のセッションに参加することができました。

そして、何よりも、最終日には「医薬翻訳者としてのキャリア形成」に登壇させていただき、貴重な経験をすることができました。

東京に着いてから冷房で風邪を引いてしまい、時々咳き込んだり、声が出なくなったりしていたので心配でしたが、無事にプレゼンを終えることができました。

無謀にも、プレゼン途中で私が医薬に飛び込む勇気をいただいた森口理恵先生のあるお言葉(紙上ですが)を思い出してしまい、アドリブで話してしまいました。理恵さま(陰で、そう呼ばせていただいています)はびっくりされていましたが、にっこり笑ってくださいました!
(いつも、サインをいただこうと思いながら、今回も荷物が多くて持参できませんでした。次回こそ!!)

今回、私達のセッションのMCを担当してくれたのは、2年前のIJETのJATPHARMA設立時に知り合ったタミーさん!細くて、とても可愛らしい彼女がこの2年の間に前髪を上げ、大人の女性として素敵になっていく様はネット上で拝見していたのですが、堂々としたMCぶりにも、普段社内でもプレゼンされたり、昨年のハワイでの登壇等、経験を積まれて成長されているんだな~と、何だか嬉しくて登壇前に余裕をかましてしまいました
happy01。(力をいただきました。ありがとう!)

一緒に登壇したSakoさん、Henryさんも素晴らしくプロフェッショナルでありながら、個人的にもお優しく、真摯に業務に取り組まれている方達で、ご一緒できて本当に幸せでした。そして、私達の資料を取りまとめてくれた香織さん、お忙しい中、本当にありがとうございましたm(__)m。

私は「他分野からの参入」という観点からお話したので、当日参加者の皆さまにお役に立てたのか心配でしたが、後から「勉強になった」とコメントをいただいたり、「勉強会」のお申し出をいただいたり、翻訳学校さまからも「今、ちょうど知りたいことでした!」というお話を伺い、少しだけホッとしました。

最終日には、IJET不参加の翻訳者も加わって、食事会が開催されました。ネット上のお付き合いだけだった素敵な翻訳者さん達にも、数多くお会いすることができました。

この日、一番嬉しかったのは、心理学を専門とする素敵な女性「まみさん♡」とお話できたこと!薄暗い中の立ち話だというのに、「なぜ翻訳するの」なんていう翻訳談義になりました。

少しでも人のお役に立ちたいの

さらっと言う彼女は、神がかっていました。実は、私はこういう言い方、恥ずかしかったりします。でも、私が医薬に転向したのは、あえて「貢献したい」という言葉を使ったりしていますが、まみさんの言われる言葉がピッタリなんです。

それにしても、翻訳業界には天から二物を与えられた女性が多い!


与えられていない者は、地道にがんばるしかありません
coldsweats01 ウウ・・・


今、漠然とですが、翻訳者、通訳者、医療従事者、メーカー側と、中国地方で「勉強会」を起こせないか考えています。

思えば、私が患者だった頃、研究室で教えないかとドクターから話をいただいたこともあります。

医療従事者側にも、医学英語を学ぶ需要があるわけですね。

参加者がそれぞれ自分の得意分野で貢献できるWIN-WINな勉強会があればいいなと思います。

色んな気づきをいただいたり、これから自分がどうありたいのかを再認識できたIJETとなりました!この場を企画・運営してくださった関係者の皆さま、本当にありがとうございました!そして、出会った素敵な翻訳者の皆さま、これからもよろしくお願いいたします♪。


Imagination means nothing without doing. (by Charlie Chaplin)



10177244_268539969990901_6811889831 暑くて、ぐったりしている場合じゃないにゃ。行動しなくっちゃ!


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村


2014年6月18日 (水)

変革の時~大阪、東京へ!

6月15日、無事に広島でセミナーを終え、翌日の16日は高速バス大阪に行ってきました。

朝、参加者の皆さんにお礼と補足情報のブログを書いていたら、バスの時間に間に合うかどうか、というぎりぎりの状態に追い込まれました。電車を降りて、さらに集合場所を間違え、15分間猛ダッシュで走り、発車30秒前(?)くらいに無事乗車という荒技に成功
scissors
(学生の頃は必ずリレーの選手になっていましたが、いい年にもなると、走っているのか、スキップしているのか、よたよた歩いているのか、分かりません・゚゚・(≧д≦)・゚゚)・。

Bus_f   可愛いピンクのバス♪休憩が3回くらいあって、行きは旅行気分。


ちょっとした所用の後、食事を済ませて深夜の高速バスで帰ってきました。

Bus こんな風に、カノピー(フード)で寝顔を隠せます!でも、お隣さんが夜中ずっとゲームをしていて、ライトと騒音で寝られなかった~(..;)


そして、19日から東京に行ってきます!
☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

20日は、終日JATPHARMAの分科会があり、少しMCのお手伝いもさせていただきます。同日、夜はネットワーキング・パーティー
wine!いつもTwitterやFBでしか交流のない方々と直にお目にかかれるのはとても楽しみ!

そして21日から東京ビッグサイトにおいて第25回英日・日英翻訳国際会議が開催されます!

22日は、「医薬翻訳者のキャリア形成」というパネル・ディスカッションに登壇させていただきます。他分野からの参入について、色々な観点からお話させていただく予定です。

長く医療機器や関連した論文を翻訳する機会がありましたが、家族の病気もあり、思うように仕事の展開は図れませんでした。

今は、医療機器や論文だけでなく、抄録、副作用情報、バリデーション、CMC、同意文書、代替医療、学会スピーチ等取り扱う文書の種類も増えてきました。

経験値も能力もまだまだですが、素晴らしい翻訳者の方々と出会え、発表の場まで与えていただき、本当に幸せだなあと思います。

医薬に分野比重をシフトしても、やはり受注は英訳メインです。

なので、今はまだ迷いのあるライティングを、自信を持ってネイティブ・チェックのいらない成果品を仕上げることが目標です!


    I am changing, tryin' every way I can.

    I am changing, I'll be better than I am.

Jennifer HudsonのI'm changing (DreamGirls)という歌に、こんな歌詞があります。


そう、明日の私が今日の私よりも素敵になれるように、

    今月は、思いっきり変革しよう!

でも、今からのんきに勉強したり考えたりする時間は残されていないのです(..;)。


なので、論理的に最短の効率的な勉強法と仕事法を考えますよ!

長~く続けてきたんだもの。私ならできるはず!!

できる。できる。できる。。。。。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆(と、自己暗示をかけておく!( ̄◆ ̄;)) できる!!


Bgwvro9caaafbrq   未知との遭遇は、好奇心と向学心で何とかなる!


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04

2014年6月16日 (月)

セミナー御礼&補足情報

6月15日、第76回つなぎすとサロン主催「好きな英語で夢に近づく~プロから学ぶ学習法10~」を無事に終了することができました。

日曜日、しかもワールドカップ日本初戦の時間帯にも関わらず、たくさんの方にお越しいただき、本当にありがとうございました。
色々な夢やモチベーションをお持ちの皆さまに、何か少しでも学習のヒントになる発見があったとすれば、幸いです!

ぜひ、自分の目標に向かって、時間を有効活用しながら一日も早い夢への到達をお祈りしています。

そして、私も皆さんと一緒に夢に向かってがんばります♪

当日の配布資料には、Preliminary steps以降はスライドがそのままプリントアウトされています。

動画については、ご家庭のPCで再生して確認され、またOnlineのサービス業者を利用する時には、必ず複数の会社を無料体験した上で選定されることをお勧めします。

また、翻訳学習者の皆さまについては、問われる翻訳の品質が何かを理解する必要があるように感じました。

最後のQ&A時にご紹介した「トライアル現場主義」。トライアル採点現場からのトライアル合格のコツ、何が減点対象になるかを知ることができます。




また、和訳翻訳の場合には、表記にゆれがあってはなりません。統一すべき日本語の標準スタイル・ガイドについては、参考本を買う前に、まず日本翻訳者連盟(JTF)のスタイル・ガイドをダウンロードして目を通しましょう。

ダウンロード先リンク


英語(日英翻訳)の統一すべきスタイル・ガイドについては、一般的には「Chicago Manual of Style」が有名です。



ただし、医薬関連の日英は、医薬特有の表記法がありますので、医薬翻訳者(日英)必携の一冊は「AMA Manual of Style」です。





英語の分厚いスタイル・ガイドは苦手という人には、次の1冊が超お勧めです!「英語ライティングルールブック」(
デイヴィッド・セイン著)!



デイヴィッド・セインさんの本は、ネイティブの立場でありながら、とても分かりやすく解説してあります。句読法等の他にも文法編が含まれていますから、文法本としても使えます。

プロの方にも絶対お勧めです!

この本は確か医薬のセミナーでもお勧め本でした。
ただし、医薬特有のライティングは書かれていないので、医薬翻訳者はその点に注意要です。

TOEIC受験者の皆さんは、各教本やアプリもたくさん出ているので勉強の機会はたくさんありますね。

次のサイトも参考になります。

スキマ時間にTOEICの勉強ができる無料Webサービス10選

取り急ぎの補足情報でした。ご質問があればコメント、メール等でお願いします。

それでは、また皆さまにお目にかかれる日を楽しみにしています!ありがとうございました。

Bnryufeceaary6j        大きくジャンプ!

sun今日もクリックしてね!いつもありがとうございます!



にほんブログ村


2014年6月 7日 (土)

セミナーが近づいてきました!~夢と成功のイメージ~

いよいよ、約1週間後に迫ってきました!

関西を中心に幅広くセミナーを展開中のつなぎすとサロン(代表:米田りり子さん)!

広島で初めてのセミナー開催となります。その一環として、セミナー「好きな英語で夢に近づく~プロから学ぶ学習法10~」が6月15日(日)の10:30から開催されます。


★ 詳細とお申し込み


1555512_563556157060757_1207545036_

私(A. S.)ともう1名男性講師(H. T.)が1時間ずつ担当します。

場所は、コワーキングスペース「シェイクハンズ」(広島市中区紙屋町1-4-6 アウルスタイル紙屋町 3F)!

異業種の人達が集い、新しい価値を創造する場所」って、何だか興味深い新しいコンセプトを持った会場です。まだお邪魔したことがないのですが、ノマド目的でも行ってみたいし、セミナーも受講してみたいです!

さて、当日は、プロの翻訳者・翻訳者の卵さんの他、英会話に興味がある方、資格を取りたい方など、多種多様な夢を持った方が参加されるのではないかと思っています。


学習法10は、実際は2人の講師で10以上のヒントがあるはず!いえ、細分すれば、私だけでもその数は超えます(笑)。


昨日は、担当している翻訳の講座で、「資格試験」とか「最近役にたった講座の内容」について少し受講生の方と話をする機会がありました。

受講生の方は「実用英語検定1級」とか「工業英語検定1級」とか取得されていますが、受験前とか受験後にも「あ~、また次受けるんだろうな」という感触を持たれたそうです。

少しビックリ!私は英語の試験はン十年受験していませんが、最近医学検定試験を受験しました。

いずれにしても、翻訳のトライアルを含め、自分が何かをする時に「失敗する」というイメージを持ちません。むしろ、「無我の境地」です。(←後がない、という噂も(@@;))

実際、私は一夜漬けで試験を受けることも多く、傾向とかポイントとかを前日に押えるタイプです。準備万端ではないのですが、開始と同時に、前に通訳をしていた時に感じたような静寂を破る瞬間を経験します。(真剣勝負です!)


思えば、体調が悪く、貧血を起こして早退を申し出ても受け入れられず、そのまま通訳として会議にひっぱり出された時には、パフォーマンスとして失敗しましたね。

体調や実力の問題よりも、体調から起因する「逃げのイメージ」や「失敗のイメージ」が頭に入ったまま臨んだのが一番の敗因だと思っています。

英語学習には、英語の学習内容だけではなく、夢に近づくために学習を効率化するための前準備、そして自分の意志決定(目標の明確化)も大事になってきます。

そんなポイントもお話したいと思っています。(もちろん、書籍やアプリ等もご紹介します。)


失敗してもいいんです!リセットしてやり直せばいい!

でも、失敗の数は最小限に。そして夢はできるだけ早く手に入れた方がいいですね!


なぜなら、夢を手に入れれば、すぐに次の夢ができてしまいますから(*≧m≦*)!それに、ぼやぼやしていると、人生あっという間に終わってしまいます。


参加者の皆さまが、2人の講師の話から自分に役立つヒントを見つけ、そして毎日応用してくだされば嬉しいです!

私も、まだまだ夢を追っている一人です。
私も皆さまからヒントをいただき、一緒にがんばりたいと思っています。


当日は、懇親会もあります!

それでは、参加者の皆さまにお目にかかれる日を楽しみにしています。

10289911_628774617205577_2944965960

  会いに来てね~!待ってるにゃ~(≧∇≦)!


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04

2014年6月 5日 (木)

リセットは猫カフェで!

5月病、とはよく言いますが、先月くらいから時々体調不良に陥るようになりました。

思えば、この半年で生活環境が随分と変わりました。

家族を亡くし、引っ越しをし、休業をし、そして新しい分野でのチャレンジと新規取引先とのお仕事・・・

6月はプレゼンが2件もあります。

ほっとした隙間に襲ってくる疲労感と新しい緊張感

食欲がなくて食事をとばすことも・・・(でも、痩せない
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・)。

遊んでいる場合ではないのですが、リセットを兼ねて新しくできた猫カフェBaronにお邪魔してきました~(o^-^o)!

Photo_1

Baronは、市の中央部袋町にあります!
なので、お買物がてら気楽に行けちゃうのです。


キャット・タワー、何だか自由な空間でいいですね~。
猫ちゃんも、ブランド猫だけでなく、オーナーが保護した猫とか里子に出された猫が半数を占めるようです



Photo_3
このニャンコは、自分から私のお膝に乗ってきてくれました!

うわっ、至福の時heart03!と思っていると、

Photo_f

こ、このニャンコめがお膝の上の猫に猫パンチimpact

2歳のやんちゃ盛りだそうです。

ちなみに、お膝にゃんこは16歳とか!お年寄りは大事にしようよ!


Photo_b

まるで、犬ではありませんか(笑)。まあ、可愛いから許しちゃう(゚m゚*)。

Photo_2
このポッチャリさんは、この定位置に入ったら出てこないそうなのですが、

Photo_e
作戦成功!おもちゃにつられて、飛び出してきました!

Photo_4

こんな白猫ちゃんもいます(* ̄ー ̄*)。

Photo_a
この猫カフェはビルの3Fにあるので、窓際からこんな風に外を眺めているニャンコも!何を想っているのかなぁ。

この猫ちゃんはアレルギーがあるそうです。なので、身体を保護してお洋服を着せてもらっています。

店員さんもとてもフレンドリーで、猫ちゃんたちも猫じゃらしやおもちゃで、元気よく遊んでくれました!

それに、何よりもオーナーの猫への愛情が感じられる猫カフェでした。元気いただき!



翻訳者は猫好きが多いですね!



広島にお越しの皆さま、オフ会には猫カフェもペアでセッティングしますよ♪ いらっしゃーい!


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »