« スーパー・ドクターと世界最速承認の抗癌剤! | トップページ | 世界初承認のC型肝炎治療薬! »

2014年7月 8日 (火)

読み手は誰?「伝わる・揺さぶる!文章を書く」

Img_0_1
昨日は七夕でしたが、あいにくの雨の一日となりました。短冊に笹とはいきませんでしたが、私もそっと願い事を書いて、壁に貼りました・・・(*^m^)。

昨日、朝早く起きて読んだ本は、山田ズーニーさんの「伝わる・揺さぶる!文章を書く」です。Twitterの病理医ヤンデル先生のつぶやきでこの本を知りました。



山田ズーニーさんは、糸井重里さんの「ほぼ日刊イトイ新聞」に「おとなの小論文教室」を連載中です。

読みやすく、評判どおりの良書でした!「意見」「望む結果」「論点」「読み手」「自分の立場」「論拠」「根本思想」の7つの視点から、良い文書を書くための戦略がアドバイスされています。

自分という存在が関わる意味」を持って、「自分の想いを伝える」文章を書くには、「自分を知る」ことと同時に「相手を知る」ことも必要なんですね。


「書く」ことも、コミュニケーション
impact



正直に、でも読み手の立場や気持ちも考えて効果的に文章を書かなければなりません。


なぜ、この本を読みたくなったかというと、今、このブログのあり方について悩んでいます。

英訳案件のお仕事が多く、無性に日本語を書きたくなって始めたブログ。
私生活や自分の感情を綴って、感動や共感を呼ぶ文章を書いているお友達のサイトが羨ましくて始めたブログ。


ありがたいことに、大阪や東京に行って初めてお目にかかった人と名刺交換する際には、「ブログ読んでいますよ」とお声掛けいただくことも多々あります。


私のブログの読み手は誰?

何のために書くの?


翻訳者としての自分の立場を考えると、セルフブランディングに役立てるか、翻訳者仲間、または卵さん達に情報を発信・共有することが目的と考えられます。


正直、あまり意識していませんでした。
そして、タイムリーにも書けていません。


ただ、医薬や医療関連の記事を書く時には、複数の関連記事を調べて、たとえセミナーで得た内容であっても裏を取るようには気をつけています。それでも、不注意で年号が逆になっていて「通りすがり」の読者さんに「そっと」教えていただいたこともありました。

そして、人を傷つけるような、不安に陥れるような書き方はしないこと。
そんな意識はあります。



アクセスを解析すると、実は医療関連の記事が一番アクセス数が多かったりします。見かけ上、たとえばランキングやFBでの「いいね!」の数の反応とはまったく逆ですね。

1年以上前の記事にも、まだ多くのアクセスがあったりします。玉石混淆のネットの海から検索で辿り着いた人の他、病院や研究所、大学からも毎日アクセスがあります。


私は、自分の能力を超えた記事は書かないので、医療と言っても、一般の人に対する健康情報や病気への予防啓発になればいいなという想いはあります。


発信することの責任。



誰に向かって、何を発信したいのか、「読み手とのコミュニケーション」を考えて戦略を練る。


それが、書き手としての私の責任でもあるなと思えた一冊でした。


Checkcat 名前変えて、センチメンタルな別サイト作ろうかにゃ~♡ ふふふ・・・


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

« スーパー・ドクターと世界最速承認の抗癌剤! | トップページ | 世界初承認のC型肝炎治療薬! »

翻訳生活」カテゴリの記事

コメント

Akoronさん、まいどです~。

ご紹介の本、面白そうですね。教えて下さってありがとうございました!

ワタクシの場合、ブログは「書きたいことを書きたい時に書く」というスタンスです。読者は、あえて言えば、「何らかの方法でブログに辿り着いてくれた、どこか似た部分を共有する不特定多数の人達」、かな。おおっ、戦略ゼロだし!
ブログを自分と仕事の中にどう位置づけるかは人それぞれなので、Akoronさんの仰る「人を傷つけるような、不安に陥れるような書き方はしない」(時々、「自分のブログなので、何をどんな風に書いてもいい」と仰る方がおられますが、それは違うのではないかと思います)が守れていれば、「こうしたい」「こう書きたい」を優先されてもいいのではないかな、と思います。
ただ、Akoronさんは、かなり身元(?)がばれてしまっているので(そういう情報も発信されていますものね)、題材選びとかかなり窮屈というか、気を使いますよね。ワタクシが、積極的に他のSNSとブログを結び付けないでいるのは、それが一つの理由でもあります。
いずれにせよ、翻訳や医療に係る記事も、そうでない記事も、私は楽しみにしておりますよ!

Sayoさん、コメをありがとうございます。
Sayoさんのブログは、情報も、中身も、楽しみにしている読者さんがたくさんいらっしゃると思いますよ。私も、その一人♡ 思えば、コメ等書く前から、ずっとファンでした(*´v゚*)ゞ。

本来、そうあれば良かったのでしょうね。ひょんなことから表に出ちゃったので、それならば、と顔まで出してしまい、また役割も翻訳者と講師となると違った役割があって、義務感やプレッシャーもあります。

とは言え、限られた時間の中、やはりマイペースで書きたいことだけ書けばいいのかな~。アドバイス、ありがとうございます。でも、裏サイトは作りたいかも・・・誰も、私と気づかない、思いっきりセンチメンタル、いやダークなサイト・・・ フフフ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581497/59944100

この記事へのトラックバック一覧です: 読み手は誰?「伝わる・揺さぶる!文章を書く」:

« スーパー・ドクターと世界最速承認の抗癌剤! | トップページ | 世界初承認のC型肝炎治療薬! »