« メディカルライティング講座を受講しました~東京(2) | トップページ | 食前のお祈り »

2014年9月 3日 (水)

最近買った本・読んだ本

急に秋の気配が漂い始め、何だかもの悲しい気もする今日この頃。

Bua1la0ccaa3fsf ぼっーとしておきたい気分だにゃ


ブクログ本棚を整理していないので、備忘録を兼ねて最近買った本・読んだ本をご紹介しておきます。

調べる技術・書く技術」 野村 進(講談社現代新書)

ノンフィクションラーター野村進さんが「テーマの選び方、資料収集法、取材の実際から原稿完成まで丁寧に教える、プロの「知的生産術」。翻訳とはもちろん手法が違いますが、どのような準備、調査、過程を経て最終原稿を仕上げるのかを知ることができます!この仕事に携わる喜びには大いに共感!!






理工系学生が会社に入る前に読む英語の本」 徳田皇毅 (日本能率協会マネジメントセンター)

所属する会が、この本の著者によるセミナーを開催予定なので購入。タイトルどおり「理工系学生」向けなので現役翻訳者には物足りないかも。英文ドキュメントを書く一番の上達法は、「inputとoutputのどちらかに偏らず、両方の力を同時に高めていくこと」には納得しました。結局、スケジュールの都合でセミナーには参加できません(;д;)。





日本語表記ルールブック」(日本エディタースクール」

非常に薄い(笑)!なので、いつも手元に置いておくことができます。「現代仮名遣いの注意点」「送り仮名の付け方」「外来語の表記」等の項目がありますが、「Wordを用いた表記の点検・整理」を読んでいて「校正支援機能」の設定を見直しました。「表記の揺れ」で、チェックを入れている表記揺れ項目を変更しました





学会・論文発表のための統計学 統計パッケージを誤用しないために」 浜田知久馬 著(真興交易(株)医書出版部)

先日受講した「医学論文を理解するために必要な生物統計学の基礎知識」セミナーの予習用として購入しました。ただし、半分しか読めていません(恥)・・・。先生が事前に推薦してくださっていた教科書の一冊です。医薬研究、生物実験、論文・学会発表それぞれの場合の統計学の役割や、データの要約、統計学的検定、オッズ比、ハザード比、回帰分析等、確かに講座内容に役立つ構成となっています。以前読んだ統計本より分かりやすい気がします。






一流誌にアクセプトされる医学論文執筆のポイント
林 健一(ライフサイエンス出版)

同じく、セミナー受講の予習用として購入しました。「医学論文の書き方:一流紙に投稿する際の留意点 統一規定とCONSORT」「分かりやすい文章の書き方」を担当された林先生が、雑誌「薬理と治療」に連載された論文を基にして加筆した上で完成した本だそうです。「ランダム化比較試験に特有の留意点」にも触れられており、講義内容と重なる内容なので復習用としても読めば、さらに理解度が増すはず(←自分)!






通訳翻訳ジャーナル 2014年10月号」(イカロス出版)

おなじみの本。個人的に興味深かったのは、「翻訳業界&個人翻訳者の現状を知る」と「翻訳者のこだわり作業環境」の記事です!後者はIJET-25で森口理恵先生のセッションに参加していましたが、メモしきれていなかった部分もあったので助かりました。製品の型番も分かったので、今後の作業環境改善時の参考となりました。




10534131_664240310329621_1617667808何だか仕事onlyのような本ばかりで、色気がない!秋は小説も読めるように時間を作らなきゃにゃ~(=^x^=)


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

« メディカルライティング講座を受講しました~東京(2) | トップページ | 食前のお祈り »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581497/60249696

この記事へのトラックバック一覧です: 最近買った本・読んだ本:

« メディカルライティング講座を受講しました~東京(2) | トップページ | 食前のお祈り »