« 予習・復習と本気度 | トップページ | セデンタリー・ライフスタイルで死の恐怖 »

2014年9月28日 (日)

勉強会の長い一日!

9月21日、無事に「第1回西日本医学英語勉強会」を終了することができました。

体調や仕事の都合で前日近くになってからキャンセルが数名出ましたが、当日参加の問い合わせもあり、別の予約をキャンセルしてまで飛び込みで参加くださった方もいらっしゃいました。

九州、中国地方の他都市・他県、関西、北陸から合計26名通訳者・医薬翻訳者・他分野翻訳者・医学生・研究者・コンサルタントの方等、熱心にスピーカーお二人の講義に耳を傾けてくださいました。

勉強会の前にはランチ会、そして修了後にはディナーオフ会と参加者の皆さまと交流の場も持ちました!

1
ランチ会では、今年初めての牡蠣フライ!スピーカーのお一人Benさんはランチ会から参加くださり、初めてお目にかかった方とも話は尽きず・・・話足りませんでした (^-^; ディナーに参加できなかった皆さん、またお目にかかりましょうね♡

Pic4
Pic13

ディナーは、瀬戸内ブタのせいろ蒸しで有名な月寅でコース料理。お酒もはずみ、まさにオフ会!オフレコな話も交えながらの情報交換。こんな場でしかできない話もあるものです。

2
会場はコワーキングスペースのShake Handsさん。「森の中にいるよう」と評された方もいらっしゃいましたが、木の香りがするような素敵な場所です!代表の市川育夢さんは、当日夜開催の医療関連の別イベントでお忙しかったのですが、色々なご配慮を本当にありがとうございました。

さて、肝心の勉強会なのですが、初回とあってお二人のスピーカーの登壇となりました。

まず、私も所属する日本翻訳者協会(JAT)副理事長で、Tompkins Biomedical Communications代表のBen Tompkinsさん。

Removing Japanese artifacts from your J>E translations and English writing
グローバル・イングリッシュのための英文ライティング~日本人が陥りやすいミスを克服しよう!~


10633365_327335577444673_1200891822

そして、お二人目は東京での医学英語勉強会にも参加されているYokoさんによる「自己免疫疾患の英語を学びましょう

10515352_843213215719050_60567063_3
専門知識・語学力ともレベルが異なる異業種の参加者が集った勉強会ではありますが、事前に予習資料を準備しましたので、どの参加者も講義の流れを追いやすかったのではないかと思います。

当日は演習を交えたり、また免疫疾患の病名等をみんなで音読練習しました。当日のスライドや配布資料等は、スピーカーのお二人とも直前まで内容の精査等のご準備をいただきました。本当に費やしてくださった時間と労力には感謝の気持ちでいっぱいです!

いずれは、プレゼン後の演習やディスカッションの時間を長くして、参加者主体の回を多くしていく予定です。

また、現在FBのグループ内で意見交換やスケジュール調整等を行っていますが(メンバー外には非公開)、毎回の勉強会の報告は本回も含めてグループ専用のブログかFBサイトを作成して公開していく予定です。

さて、早くも第2回勉強会の日程が確定しました!


11月16日(日) 14:00~16:00
場所:Shake Hands


翻訳ほど残酷な仕事はない」「もしもアインシュタインが翻訳家だったら」等の著者で、今月「ユマニチュード」を出されたばかりの辻谷真一郎先生が「冠詞にまつわる」講義で登壇くださいます。何と、このブログがご縁となってお声掛けいただきました!


正確な講義のタイトルと内容については、また後日リリースとなります。

勉強会についての思いは色々あるのですが、また日を改めてscissors

X2q2wmgvkz3hyxy_b94rq_262
翌日は納期で、帰ってからは仕事と長~い一日でしたにゃ(=^x^=)


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

« 予習・復習と本気度 | トップページ | セデンタリー・ライフスタイルで死の恐怖 »

医薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581497/60378398

この記事へのトラックバック一覧です: 勉強会の長い一日!:

« 予習・復習と本気度 | トップページ | セデンタリー・ライフスタイルで死の恐怖 »