« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

分野を選ぶ理由

翻訳者がなぜその分野を選んだのか、とても興味があります。


Bgr61cnccaau019

大学や大学院での専門分野をバックグラウンドにしているとか、関連企業での経験を生かしてその分野の翻訳者になったというのは、
と言えるかもしれません。


実際の産業翻訳者は文系が結構な割合を占めています。

その意味で、「生活の糧を得る」ために有利な分野、将来性のある分野を選んでもおかしくはありません。

私が産業翻訳者としてスタートした時も、そんな感じかもしれません。某委員会に提出する英文報告書を完成し、前職の財団法人が清算業務を終えて解散となった時がフリーランス生活の始まりでした。

最初にITを選択したのは「需要があったから」に他なりません。十分な知識があったわけではないので、仕事をしながら東京にあるソフトウェア会社による翻訳講座を受講したり、放送大学で情報工学や電気・電子等を受講したりした記憶があります。

初めて買ったPCを無謀にも分解し、メモリの増設やCPUの交換をしたり、BIOSの設定を変えたり、何でも自分でやる楽しさを覚えました。他に勉強したC言語に、VisualBasic、SQL、HTML等々、今では何のことかサッパリです(笑)。でも、ブログを書いているとき不具合があれば、HTMLの画面から編集できたりするので、少しは覚えているのかな~(*^-^)。


工業の機械類も、新しい発見ばかりでした。新しい知識を得て、やり遂げたときの満足感
でも、「自分のため」「生活のため」と内向きでした。


Medications257301_640_2
今、主催・管理をしている「西日本医学英語勉強会」には、ご自身やご家族の闘病がきっかけとなって「医薬翻訳」を志された方が何人かいらっしゃいます。

私も、そんなうちの一人です。

また、このブログを登録しているブログ村にも、ご自身の闘病を経て、または今なお病気と共存しながら医薬翻訳に従事されている翻訳者さんのブログが掲載されています。

悪化してきたご自身の病状を冷静に綴りながら、ある日更新が止まってしまったブログもあります。とても胸が痛みます。そんな時は、ただただ、医学で解明できない奇跡を願うだけです(u_u。)


自分が悲しい思いをしたり、痛い思いをした、それらの経験を思い出す分野、場合によっては「あの時・・・」と後悔の種になる事実を見つけてしまうかもしれない分野。でも、皆さん、「少しでも役に立ちたい」と言われています。

そんな切実な動機がある点で、「医薬翻訳」は特異な分野なのかもしれません。

私のように、他分野から医薬に転向を希望する人が多いと聞いています。IJETで発表する機会をいただいた後、某翻訳会社様からも「正にタイムリーな、知りたいトピックでした」とコメントをいただきました。

受講者側で参加したセミナーでも、「お金になりそうだから」と将来性を考えて他分野の翻訳者さんが参加されていました。


もちろん、ビジネスの場でセンチメンタリズムは通用しません。


動機は何であれ、高品質の訳文を産み出すことが一番大事です。

でも、「医薬翻訳者は医療従事者である」ともいいます。他の医療従事者と同じく「医療倫理」も求められます。

医薬翻訳者は、自分だけが突出した能力を発揮することが重要ではなく、チームとなってみんなで高め合っていかなければなりません。

医薬翻訳業界も、ただビジネスの場と化さないように翻訳者自身の自覚も求められるべきだと思っています。
幸い、医薬翻訳者さんは、役に立つ本や勉強法等の情報交換を活発に行っています。
仲がいいね」「結束力があるね」と別分野の翻訳者さんから評されることもあります。


その意味で、「切実な動機」をもって医薬翻訳を目指されている方達を応援したいし、私自身もモデルケースになれるようにがんばらないといけませんね!


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━


今、読んでいるのは、来月「西日本医学英語勉強会」に登壇される辻谷真一郎先生の「翻訳の原点ープロとしての読み方、伝え方」!

情報量理論」が少し理解できてきました。和訳の時「冠詞を訳す」という視点が甘いな、と反省しているところ(@@;)・・・。

6l15feno_400x400
  今日は、スイートなものを食べてリラックスしたいにゃ~(=^x^=)!


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

2014年10月24日 (金)

自分を整理する

10月下旬ともなると、来年の手帳やカレンダー売り場が買い物客で賑わっていますね。

私は、まだ手帳を一冊購入しただけです!「日本能率協会2015年ダイアリーNolty A6キャレル1」です。この手帳は、働く女性向けに「日経WOMAN」誌と協同開発された手帳です。

何だかんだと言いながら、結構、日経系が好きなのです~(^_^)。バッグに入るコンパクトさIndexがあること、時間管理する欄があること(ただし、時間軸は朝9時からなので、早起きの自分は数字を書き換えます(^0^;))、Note欄に簡単なto doが書けそうなこと、関東と関西の路線図が付いていること、ぐらいがポイントです。


この手帳に、大きめの手帳かノートを組み合わせる予定。


でも、正直、あまり手帳に期待していないんです(^^ゞ。以前よく使っていた時間管理アプリにも、あまり興味がなくなりました。「時間に追われている」っていう感覚が嫌になったのかもしれません。

むしろ、体調を崩したり、セミナー参加等の予定外の事項が発生した場合も、既に受注しているお仕事の納期はもちろん最優先事項です。ただ、そんな時、その他の事項に優先事項をつけて予定を入れ換え、一定の期間までに一定の事項を着実に成し遂げること、それが重要な気がします。


最近は、フセンにto doを書いて優先事項でフセンの色を変えたり、PCの外枠に貼るときの位置を変えたりしていました。そしてミッション完了でフセンをはがし、次の優先事項のフセンの位置をずらす、というシンプルな管理。もちろん、カレンダーにも予定は書き入れていますよ!

最近、平本あきおさんの「フセンで考えるとうまくいく」を読みました。



平本さんは、株式会社チームフローの代表取締役でメンタルコーチ。北京五輪金メダリストやメジャーリーガーといったトップアスリート、有名俳優や著名人、ビジネスパーソン等へのコーチングや研修をされているそうです!

clubフセンがあるとできることとは:

整理→頭と心をスッキリできます
発見→本当の自分の想いがわかります
協力→周りの人に見方になってもらえます
計画→自分らしいやり方が見つかります
行動→心のブレーキをはずせます  


フセンに何を書いて、どのように貼って、どのように移動するのか、本の内容に沿うシートをダウンロードすることができます。

Photo


何と、「時間軸・空間軸」シート、「「好き/嫌い X  得意/苦手」シート、「3週間後の死」シート、「やりたいこと洗い出し」シート、「アクションプラン」シート、「問題パターン発見」シート、「モデリング」シート、「コントロールできること」シート、「コングルエント診断」シート、「3つの自分」シートの10種類があります!

そう!私は論理的な考え方が好きなものの、かなりアバウトだし、自分を直視することを避けているところがあります!

一度、悩みやモヤモヤ、ありたい姿等をじっくりと書き出し、自分のダークな部分も直視して、今やるべきことを整理し直す必要がありそうです。

自分会議」!

今の私には必要そう (゚ー゚;。まずは、シートをA3に拡大コピーして、粘着性の強いフセンを買ってこなくっちゃ!


「成功法則」は違っていても、成功している人が必ずやっていることは

自分自身を認め、ねぎらい、励ましてあげること
自分を認める言葉、自分を励ます言葉を自分にかけてあげること」だそうです!


やってませーん!!まずは、自分を励まさないといけないっ!

10592854_803298556388350_7468278116
  大丈夫!絶対できるにゃ♪ akoron~(=^x^=)


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

2014年10月16日 (木)

「第2回西日本医学英語勉強会」詳細決定!

朝晩と日中の寒暖差が激しい日が続いています。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。今年もあと2か月半、ラスト・スパートです!


Autumn

第2回西日本医学英語勉強会」の詳細が決定しましたので、ご紹介しますね。

日時1116日(日)14:0016:00
会場
Coworking Space Shake Hands
http://www.shakehands.jp/

アクセス
http://www.shakehands.jp/access.html

費用
参加費として、ひとり2,500円程度をご用意ください(会場費込み)
*確定額は、別途通知します。学生さん500円割引予定。

*領収書が必要な方は、事前にお知らせください。

題目
情報量で読み解く冠詞のナゾ

概要
冠詞というと、atheかに終始する皮相な議論が多いなか、まず冠詞の本質を問い、冠詞のある言語がなぜ冠詞を必要とし、冠詞のない言語がなぜ冠詞を必要としないかを明らかにします。次に世界全体を見渡し、冠詞本来の機能、役割を明らかにします。そうすると、英語冠詞の特殊性が浮かび上がってきます。英語の冠詞がなぜわかりにくいかが理解できるはずです。読み解く鍵は情報量。可算不可算の別はまったく無意味です。個々の単語の情報量と冠詞依存度とがみごとに逆相関をなします。最後に英語冠詞の特殊性ゆえに翻訳に応用できる利点を紹介します。

登壇者略歴
辻谷真一郎 

 神戸大学文学部修士課程修了、セビリア大学聴講生。スペイン語通訳案内士。
 EU公用語の医薬翻訳が専門ながら、出版翻訳もこなす
 主な著書に「学校英語よ、さようなら」(文芸社)、「翻訳入門」(NOVA)、「翻訳の原点」(NOVA)、「もしもアインシュタインが翻訳家だったら」(舵社)、「翻訳ほど残酷な仕事はない、第一部天の利」「同、第二部地の利」(いずれも舵社)、「人も歩けば若くなる」(舵社)、「日本人に日本語を」(舵社)、主な訳書に「インタビュー オサマ・ビンラディン」(ダイヤモンド社)、「社内研修トレーナーのためのインストラクショナルデザイン」(大学教育出版)、「ユマニチュード」(舵社)がある。

備考
予習等で必要な資料がある場合、別途お知らせします。
*勉強会に引き続き、17:0019:00で「ディナーオフ会」を開催予定です。別イベントからご招待しますのでお待ちください。「ディナーオフ会」だけの参加も、お待ちしています!

10533968_843213645719007_949612327_        第1回勉強会の様子です!

実は、勉強会のFBグループ・メンバー、または知人の医薬翻訳者さんの中には、辻谷先生の講座受講歴のある方が結構いらっしゃるようです。

残念ながら、私は参加したことがありません。上記の「概要」を読むと、複数言語を習得された辻谷先生だからこその独特な冠詞論を伺うことができそうです。

日本人が苦手とする「冠詞」を克服することができるでしょうか。

医学分野の単語が例示されるかもしれませんが、他分野の方もぜひ一緒に「英語冠詞の特殊性」を学んでみませんか。

参加ご希望の方は、コメントを残すかメールでご連絡くださいね!

☆現在、FB内「西日本医学英語勉強会」グループでは、第1回勉強会の画像を30日限定の「オンライン・アルバム」でメンバー限定公開中!

ランチ会・ディナー会では、猫ポーズの写真が凄い!です。
皆さまにお見せできないのが、残念(>o<)。
グループにも、ぜひご参加くださいd(^-^)ネ!。

1236113_506984312721012_629434883_n     興味があれば、集まりましょうにゃ(=^x^=)!


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

2014年10月13日 (月)

最近買った本・読んだ本

読書の秋ですbook


本を読む時間は後回しになりがちなので、最近は朝食後に少しずつ読み進めるようにしています。

一番のヒット作はこちら!


flag私は咳をこう診てきた」(亀井三博 著)




病理医ヤンデル先生
がTwitterで初期研修医にお勧めしていた何冊かの一冊です。
私はもちろん研修医ではないのですが(笑)、日経メディカルの「カンファで学ぶ臨床推論」のように、提示された症例について、病歴・身体所見等から鑑別診断を絞り込んでいくアルゴリズムにとても興味があります。


」という主訴を通しての診断推論には、もちろん患者さんの病歴等の背景が必要となってきます。ただ、「医師は「病歴」を鵜呑みにできない」、とあります。患者に分かりやすいように馴染みのある病名を告げていることがあるので、「気管支が弱くて気管支炎だ」の説明は「気管支喘息であった」、という場合もあるそうです。

Virus_seki_2
患者側は症状や既往歴、基礎疾患、家族環境等をできるだけ正確に医師に告げる姿勢が大事ですが、医師側にも十分な説明が求められます。医師の指導・説明が不十分であった例として、
ステロイド吸入の服薬指導をきちんとされていなかった患者が、吸入剤を口の上でトントンと動かして「粉薬を飲むように服用していた」例が書かれていました。

咳の定義」「咳診断を巡るロジック」他、亀井先生の症例別の取り組みも素晴らしいのですが、患者側の立場として、病院でどのように医師と向き合えばいいのか、一方、医師はどんな風に診断を下し、治療法を決定し、また場合に応じて修正を加えていっているのか、知っておきたい参考情報がいっぱいです。

ちなみに、私は喘息患者ではない(はず)と思っていましたが、エアコンの冷気、タバコの煙、電車の中等の密室や人混みがきっかけとなって咳が出ることがよくあります。これは間違いなく「気道過敏症」のようですね(..;)。気をつけないと。。

また、ピークフローメーターという、「フーッ」と目一杯に吐き出した息の速度(最大呼気流量)を計測する器具は市販されているのですね。数値を毎日測定して、「自分の気道の状態」を客観的に把握することにより、喘息の日常管理指針とすることができるようです。



私も、臨床推論できるレベルまで医学を理解することが夢です。とりあえず、翻訳者として、こういう本を読んだときには「咳」に関する日英の情報を「メルクマニュアル」等で確認しています!



flag翻訳ほど残酷な仕事はない<第1部 天の利>」(辻谷真一郎 著)


第2回西日本医学英語勉強会」に登壇される辻谷真一郎先生の著書です。前書きが水野麻子さんで、翻訳とは別の動機で約20年前に医薬の勉強会に同席されていた、という事実は驚きでした!

この第1部は、多言語習得のため欧州各国に滞在されたときのお話なので、「翻訳」に直接関係していません。「英語の顔など見たくもない」という章で終わっています。第2部へとどうつながっていくのでしょう


flag朝2時起きで、なんでもできる!」(枝廣淳子 著)


「朝2時に起きて何でもできる」なんて、思っていません。早寝早起きの翻訳者はいっぱいいますから(笑)。「帰宅・夕食準備」が30分なんて、非現実的すぎます。

ただ、深夜・早朝は寝落ちさえしなければ、静寂な空間の中で作業が進むのは間違いないです。

著者は東京大学修士課程修了の学力があること、協力してくれる母親がいること、配偶者の留学によって海外生活の機会を得たこと等、スタート地点でかなりの恵まれた環境にあったと言えます。

とはいえ、通訳・翻訳、同時通訳、出版翻訳、環境ジャーナリスト等、多方面に活躍の場を広げていったその手腕は、同様に目指す方には興味の持てる一冊かもしれません。

私は、もっと草の根レベルの活動に引かれます(*^m^)。なので、自分とは生き方が違うかな~(レベルが違うとも言う)という読後感です・・・。



flagニュートン400号記念大特集」(ニュートンプレス)

 人体大図鑑 ヒトのからだのしくみがわかる!病気がわかる!

解剖学の基礎固めとなる一冊です。ビジュアルが充実していて、専門書よりも、文章が面白い!


Brvyqxacmaecdugあー、疲れた!!痛いのは、首・肩・腰!マッサージお願い(=^x^=)


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04
 


にほんブログ村


2014年10月 7日 (火)

セデンタリー・ライフスタイルで死の恐怖

自慢にもなりませんが、(猫なので)猫背です゜゜(´□`。)°゜。。
猫背でデスクワークを一日に何時間もすると、首・肩・腰等、体のあちこちが痛くなります



Bs4rvqnccaavvxq
6月のIJETでは「スタンディング・デスク」を含む画期的な作業環境についてのプレゼンも拝聴したのですが、何しろ3月末の引っ越し時に、2台のPCを処分すると同時にデスクも2つ処分しちゃったのですねー。はい、つまり買い換えたばかりなのです。

今、またデスクを新調するというのも・・・・(@@;)。 Google、Hulu、Facebook、Twitter、AOLと、いずれもスタンディング・ディスクを使用する社員が増えているそうです。前回の記事でご紹介した「第1回西日本医学英語勉強会」でプレゼンをしてくださった福岡在住のBenさんも、何と3年も前からスタンディング・デスクを使用されているそうです!

こんな本を読みました。日本抗加齢医学会理事長で、慶應義塾大学医学部眼科教授の坪田一男さんが書かれた「1日6時間座っている人は早死にする!」です。



座りっぱなしで身体を動かさない生活を「セデンタリー・ライフスタイル(sedentary lifestyle)」といいますが、世界保健機構(WHO)によると、
セデンタリー・ライフスタイルは、タバコ、不健康な食事、アルコールの飲み過ぎと並んで、癌、糖尿病、心血管障害、慢性呼吸系疾患を引き起こす原因となり、年間およそ200万人の死亡原因になっているそうです

他にも、うつ病や認知症などを引き起こす原因となっています。
なぜなら、動かない生活をしていると、実際に脳が縮んでいくからです

防止するには、運動によって心臓から脳に十分に血液を送り込んで脳を活性化する必要があるんですね。

運動をすれば、「ドライアイ」も改善されるとか。


スタンディング・デスクについては、とりあえずカラーボックス等を机の上に積み上げて簡易スタンディング・デスクを作る手もあるかも・・・・。


Standingcomputerproductivityforwrit

でも、人間工学的に、テーブルとひじの高さの関係・目と画面の位置関係等が良くないと逆効果になりますね!


461__800x_standingdeskergonomicsv2



急いては事をし損じるということで、まずは運動することから生活改善するべきかな~。

上記の本の中で、「近年の研究で運動が生理学的変化を引き起こし、脳のニューロン=神経細胞を結びつけることが、わかってきた」とあります。

また、「年をとっても脳は鍛えられる」そうです。ジョギング等の有酸素運動は、海馬のなかでニューロンの親となる幹細胞を次々と誕生させ、運動しないと年とともに失われる「脳内由来神経栄養因子(BDNF)」が脳内で盛んに供給されるようになるのです。

また、過剰な仕事のノルマ等でストレスが溜まっていくと脳内にストレス・ホルモンのコルチゾールが多量に放出されますが、運動をして交感神経が優位になると、いったんストレスホルモンは急増するものの、運動をやめると一気に減って、その後、48時間くらいはストレス・ホルモンが抑制されるそうです

つまり、48時間に1回、2日に1回運動をすれば、記憶が破壊されにくくなり、学習効果が上がるということになります

確かに、ぼーっとした状態で長時間座っていても、仕事の効率も学習効果も悪いことは十分に経験済みです。

2012年に、WHOは「一日に10時間以上座っている人は、一日4時間以下の人よりも病気になるリスクが40%高くなる」と発表しています。


一日30分の運動が無理な場合、
「3分普通に歩く+3
分速歩き」 X 5セット = 30分 インターバル速歩が推奨されています。


速歩きでは、大股で息を吐きながら歩くことがポイントです!

これなら、できるかな~(^_^)。


笑っている場合ではありません。とっても、不調なのです。何とか、しなければ!!立つ!動く!歩く!


Bgqng_ecmaezdsl_2  猫だって、時々立ってるにゃ~(=^x^=)!! ついでに、ジャンプ!

sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »