« 自分を整理する | トップページ | メディカルアロマでセルフケア »

2014年10月31日 (金)

分野を選ぶ理由

翻訳者がなぜその分野を選んだのか、とても興味があります。


Bgr61cnccaau019

大学や大学院での専門分野をバックグラウンドにしているとか、関連企業での経験を生かしてその分野の翻訳者になったというのは、
と言えるかもしれません。


実際の産業翻訳者は文系が結構な割合を占めています。

その意味で、「生活の糧を得る」ために有利な分野、将来性のある分野を選んでもおかしくはありません。

私が産業翻訳者としてスタートした時も、そんな感じかもしれません。某委員会に提出する英文報告書を完成し、前職の財団法人が清算業務を終えて解散となった時がフリーランス生活の始まりでした。

最初にITを選択したのは「需要があったから」に他なりません。十分な知識があったわけではないので、仕事をしながら東京にあるソフトウェア会社による翻訳講座を受講したり、放送大学で情報工学や電気・電子等を受講したりした記憶があります。

初めて買ったPCを無謀にも分解し、メモリの増設やCPUの交換をしたり、BIOSの設定を変えたり、何でも自分でやる楽しさを覚えました。他に勉強したC言語に、VisualBasic、SQL、HTML等々、今では何のことかサッパリです(笑)。でも、ブログを書いているとき不具合があれば、HTMLの画面から編集できたりするので、少しは覚えているのかな~(*^-^)。


工業の機械類も、新しい発見ばかりでした。新しい知識を得て、やり遂げたときの満足感
でも、「自分のため」「生活のため」と内向きでした。


Medications257301_640_2
今、主催・管理をしている「西日本医学英語勉強会」には、ご自身やご家族の闘病がきっかけとなって「医薬翻訳」を志された方が何人かいらっしゃいます。

私も、そんなうちの一人です。

また、このブログを登録しているブログ村にも、ご自身の闘病を経て、または今なお病気と共存しながら医薬翻訳に従事されている翻訳者さんのブログが掲載されています。

悪化してきたご自身の病状を冷静に綴りながら、ある日更新が止まってしまったブログもあります。とても胸が痛みます。そんな時は、ただただ、医学で解明できない奇跡を願うだけです(u_u。)


自分が悲しい思いをしたり、痛い思いをした、それらの経験を思い出す分野、場合によっては「あの時・・・」と後悔の種になる事実を見つけてしまうかもしれない分野。でも、皆さん、「少しでも役に立ちたい」と言われています。

そんな切実な動機がある点で、「医薬翻訳」は特異な分野なのかもしれません。

私のように、他分野から医薬に転向を希望する人が多いと聞いています。IJETで発表する機会をいただいた後、某翻訳会社様からも「正にタイムリーな、知りたいトピックでした」とコメントをいただきました。

受講者側で参加したセミナーでも、「お金になりそうだから」と将来性を考えて他分野の翻訳者さんが参加されていました。


もちろん、ビジネスの場でセンチメンタリズムは通用しません。


動機は何であれ、高品質の訳文を産み出すことが一番大事です。

でも、「医薬翻訳者は医療従事者である」ともいいます。他の医療従事者と同じく「医療倫理」も求められます。

医薬翻訳者は、自分だけが突出した能力を発揮することが重要ではなく、チームとなってみんなで高め合っていかなければなりません。

医薬翻訳業界も、ただビジネスの場と化さないように翻訳者自身の自覚も求められるべきだと思っています。
幸い、医薬翻訳者さんは、役に立つ本や勉強法等の情報交換を活発に行っています。
仲がいいね」「結束力があるね」と別分野の翻訳者さんから評されることもあります。


その意味で、「切実な動機」をもって医薬翻訳を目指されている方達を応援したいし、私自身もモデルケースになれるようにがんばらないといけませんね!


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━


今、読んでいるのは、来月「西日本医学英語勉強会」に登壇される辻谷真一郎先生の「翻訳の原点ープロとしての読み方、伝え方」!

情報量理論」が少し理解できてきました。和訳の時「冠詞を訳す」という視点が甘いな、と反省しているところ(@@;)・・・。

6l15feno_400x400
  今日は、スイートなものを食べてリラックスしたいにゃ~(=^x^=)!


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

« 自分を整理する | トップページ | メディカルアロマでセルフケア »

医薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581497/60550560

この記事へのトラックバック一覧です: 分野を選ぶ理由:

« 自分を整理する | トップページ | メディカルアロマでセルフケア »