« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月26日 (水)

日帰り大阪の収穫は(2)

さて、本題に入ります。

22日に開催されたJatPharma医薬翻訳・メディカルライティング研究会について書きます。

私的には、これまでのセミナーの中でも特に優れたセミナーであったように思います!


1) 翻訳者を助ける一次翻訳五つの心得
柳瀬 大輔さん

2) 医薬翻訳者とメディカルライターのためのグローバル・イングリッシュ
森口理恵さん、リー・シーマンさん

3) 照会事項英訳に関するワークショップ
Ben Tompkinsさん


10816034_348277382017159_1522765057 写真は、リー・シーマンさんと組んだセッションでの森口理恵さん




今回のセミナーでは、日本人およびネイティブ・スピーカー双方の観点から英訳を解説いただけたところが素晴らしかったと思います。

正直、英訳についてはすごく迷いがありました。

翻訳会社が求めているスキル、目指すべき英文がよく分からなかったからです。


フィードバックがないことも多く、また新規案件で過去に自分の手がけた類似案件の完成品(ソース・クライアントへの納品物)を目にする機会があると、文章が逐語調の意味的には誤訳に書き直されていたり、スタイル・ガイドに準拠して統一していた表記が日本語表記で使用するスタイルに変わっていたり・・・という経験もありました。

が、一方、医薬関連の日英併記の書籍を買うと、関係者が翻訳し、関係者プルーフ・リーダーが校閲した英文は、まさに意味を考えた訳文・内容を正確に伝える仕上がりとなっており、原文の日本語の曖昧さが消えた英文となっています!ただし、逐語訳ではないので、一見、訳抜けがあるように思える箇所もあります。


ともかくも、日英のトライアルに落ちた経験はありません。なので、ある程度の基準は満たしているものと思われます。


が、どこまで英文を逐語訳から離れた文章に組み直していいのだろう・・・・・

そんな迷いの気持ちがセミナー内で徐々に薄らいでいったものの、セミナー後にまだ解決に至っていなかった気持ちをFBでコメントしたところ、登壇者の方からアドバイスをいただきました。


参考文献の読み込み」と「文例検索」が「重要な信頼獲得ポイント」になって、この訳者は頼りになると思ってもらったらOKかも!という内容でした。

9deng
デング熱のウイルスを媒介するヒトスジシマカ=国立感染症研究所昆虫医科学部提供・共同




もう一度、当日の資料を読み直してみました。2)のセッションで使用したデング熱に関する資料です。原文の日本語で、曖昧な情報、不明な情報、大事な点、主語は? そんな点について、日本人翻訳者がどんな参考文献を使って調べ、探し当てた情報がネイティブの手の入った最終英文の中にどんな風に組み込れられているかを再度確認してみました。


納得です!

書き手が伝えたい情報を読み取る力である「読解力」、伝えたい内容を他人に分かるように書く力をつける「発信力」。

そこで、参考文献から「借りてくる力」も必要となるというわけですね!


1) のセッションにもあった「専門用語の落とし穴」「文章に命を吹き込む動詞」も、参考資料・テキスト等を検索・調査することである程度解決できそうです。



分野を超えた、3Cに基づくグローバル・イングリッシュ



私の場合、医薬の分野では特に時間をかけ、単語単位と同様、フレーズ・文章単位でもデータベース・参考資料を使って検索を繰り返しています。



また、「動詞」については、「日本語をそのまま訳さない」という注意は払っています。
疑って、疑って、複数の用例を比較したり、参考書籍の中で類義語の違いを調べたりしています。




薬事・申請における英文メディカル・ライティング入門IV」は、4冊組のシリーズの4番目の本なのですが、リー・シーマンさんの過去セミナーの内容です。p.149に「文章・段落のチェックリスト」があります。

こんなチェックリストを使用して、自分の訳文をチェックしてみるのもいいかもしれませんね。


あ、私も結構調べて英文を書いているんだな、と再認識!でも、用語レベルでの調査・検索は十分でも、曖昧でない英文を書くために参考資料の中から必要な情報を取り出す技術が不十分かもしれません。



動詞や助動詞の使い分けに参考にしているのは↑の本!



また、データの関係性が明らかになる英文を書くこと。
この点も、文章構造の組直しをレビューしてみようと思います。


そして、最後のセッションの「照会事項」。

予習資料がとにかく充実していました!「照会事項」やPMDAの定義から、医薬品承認プロセスのどこで照会事項が発生するのか等、内容理解を助ける資料からWorkshop資料に移行したので、「内容や意味を理解した上で訳す」ことにスムーズに移行できました。惜しみなく、資料を提供してくださったBenさんに感謝です!



が、お恥ずかしいことに、予習資料を読むのに時間がかかって、宿題を完成せずに参加しました(..;)。

新幹線の中で全体を読んで単語レベルはチェックし、文章は私の頭の中で組み立てておりました(^_^;)。



宿題をやってきた人!



私は見逃しませんでした。Benさんの呼びかけに登壇者のお一人、森口理恵さんが手を挙げられたのを・・・・。



PPTの作成、予習資料や配付資料の作成等
、登壇者がどれだけの時間と労力を使われたのかは、私にも想像できます。


セミナー内容以外にも素晴らしいなと思ったのは、森口さん自ら受付業務をし、また質問者の発言にも自らマイクを持っていかれていた姿勢です。(お声掛けいただければお手伝いできたのですが、きっと参加者が学習に集中できるよう配慮されたのですね)


そして、他の登壇者からの宿題もきちんとこなして参加されている・・・・。



翻訳者としても、講師としても、勉強会の登壇者・参加者としても、素晴らしいと思えることばかりでした!


来年1月25日、広島での「第3回西日本医学英語勉強会」に森口理恵さんにご登壇いただく予定です。


先生」を付けるのを禁止されていますので(笑)あえて「さん」で呼ばせていただいていますが、やはり、すごいなー・・・・(*゚ー゚*)。


未だに「さん」でお呼びすると「初恋の人」」の名前を呼ぶようで恥ずかしいのですが、なぜ「先生」でなく「森口理恵さん」なのか、その姿勢を学べたように感じました

JatPharmaのメンバーで良かった!と思えた一日でした。が、日帰りのために午後9時前に退席したのが残念~。



Bzrz52pcaaigiwh 早く、いい文章が書けるようになりたいですにゃー(=^..^=)!!


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

2014年11月24日 (月)

日帰り大阪の収穫は(1)

11月22日、大阪で開催されたJatPharma医薬翻訳・メディカルライティング研究会に参加してきました。

参加が不確定であった早い時期に、とにかく宿を確保しておこうとしたのですが、この紅葉のシーズン、京都・大阪・神戸、どこもカプセルホテルですら空き部屋がない状況でした。セミナーは夜8時に終了予定だというのに(実際は長引き、9時前に退席)、日帰りとなったわけです(..;)。

でも、行ってよかった~!!!

まず、セミナーの前に他の翻訳者の皆さんとランチ会
オフラインでないと話せないことって、ありますねー♡ 情報交換やら愚痴やら、そして、何といっても外せない話題はこれ!!

Images_3

翻訳者はフィギュアスケート好きが多いのです♪
その中でも、羽生結弦くんは「彼氏や息子のようだと思ってはいかん!」「甥っ子だと思って」という声が出るほど、翻訳者の間でも話題の的!

が、今回は先日のGPシリーズ中国杯の負傷に関して、「スポーツ大会やスケート連盟の医療態勢」、「医師の帯同」、「脳震盪ガイドラインの必要性」等、問題点も浮き彫りになった後だったので、心配の声が多かったです!

お料理の画像を撮る暇もないほど「食べる!」「話す!」だったので、とても時間が足りませんでした。

初めてお目にかかる方、翻訳会社のチェッカーの方も複数参加され、もっとお仕事や勉強のことも先輩翻訳者から(私では役立たずですが・・・他に素敵な先輩方もいらっしゃり)聞きたかったのではなかったかなと思ったり・・・時間切れでした・・・(ごめんなさい)

いえ、私の方からも、お若い方や勉強を始められた方の意見を聞きたかったりします♪

皆さんに与えられるものは少ないかもしれませんが、インプットしたものは、もっともっとアウトプットしていきたいです。長く翻訳をしている翻訳者の方々も、新しい翻訳者の方から学ぶべきインプットも多いと思います!

オンラインでは、非公開のグループでもある程度の規制や遠慮があります。


また、時間をとって、みんなで集まって勉強や仕事のことを話せる機会があればいいな思っています。



勉強会でも、せっかく異業種の集まりなので、自分と英語・医学との関わり、勉強方法、困っていること等をお互いに短いプレゼンで発表し合う機会を作りたいとも考えています。



互いを補い合うアイデアやアドバイスなど、あるのではないかな?



みんなで力をつけ、みんなで向上していく!



特に、医薬や医学関連の場では、そうありたいものです♪

(と、まじめな話題に戻ったところで、肝心のセミナー感想は次の記事とします!気づきが多くて、続きでは書けません>.<。)


Bgrianucuaa1bbs 羽生くん、早く元気になってd(^-^)ネ! でもNHK杯はでちゃダメ!!体を大事に(*'-')ノ♡



sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

2014年11月20日 (木)

「勉強会」をする理由

11月16日、「第2回西日本医学英語勉強会」を無事に終了することができました。

大阪からお越しいただいた辻谷真一郎先生の「情報論で読み解く冠詞のナゾ」のご講義には、皆さん大変興味を持たれたようです。
他言語と比較した場合の英語の冠詞の特殊性情報量と冠詞の関連性等の視点で冠詞を考える貴重な機会となり、ディナーオフ会でも、活発に質問や意見が飛び交っておりました(^_^)。


Pb160642com

Pb160651com

勉強会については、また専用のブログサイトから報告させていただきます!(確認事項の回答収集に手間取ってしまい、作成が遅れております<m(__)m>)



さて、最近よく聞かれるのは「なぜ、勉強会を作ろうと思ったのか」というご質問です(^-^;。


そして私のイメージ・・・・・(大汗)。



外から見ていても、どうやら会の運営は大変らしいということが分かっていただけるのか、「なぜ」とか「もっとクールに切り捨てても」とか言っていただくこともあります。

勉強会を発足したのは、機が熟したのか、タイミングが合ったのか、とにかく色々な要素がかみ合ったのでしょう。6月のJatPharmaで東京での医学英語勉強会のプレゼンを拝聴して刺激を受けたこともあります。詳しくは、いずれオープンする勉強会のサイトで述べたいと思います。

ただ、ひとつ言えるのは、私は人のお世話が苦手です(..;)。。
前にもどこかで書いたかもしれませんが、私は尊敬できる上司とか先生の下で、ひたすらがんばるタイプ。。伸びるタイプ。。。

が、「人の前に立ってリードする」とか時々「人が憧れを抱く」「海外に長くいた」といった評価(推測)を受けることがあります。

とんでもない!みなさん、私のようになってはいけません(笑)。むしろ、新しいことに皆さんが手を出しにくいことだからこそ、黒子となった作業はできると思ったのかもしれません。忍耐力だけには定評がありますから (^_^)。


2011102601471201d

   「本当の自分と人の目に映る自分」の大きなギャップ。


私の友人の間でも、おそらく私のイメージは二分しているような気がします。

ただ、語学(英語・日本語)や翻訳を教えた経験や、プレスの前で
失敗したら首が飛びそうな通訳の場に立った経験は、人の前に立つことや責任を取ること・喪失への恐怖は少ないかもしれない・・・です。


自分の感情の不安定さ、判断の甘さは十分に自覚しているので、勉強会ではAdvisorsを設けています。国際会議の運営・スピーカー両方の立場でご経験豊富なBenさんの他、3名の方にお願いしています。


どんな事にも、何人に対してもフェアである!


これだけは大事にしたいことです。独断やバイアスのかかった見方で会の重要事項を決定しないように、問題が生じた時にはAdvisorsの皆さんと協議して判断することとしています。


今現在、FBグループは全国から70名程度で構成されています。会の発足以来、メンバーになって盛り上げて下さった方、ご意見を下さった方、遠方から講師役を引き受けて下さった方々
は、セミナーで知り合った方、ブログやTwitter・FB等を通して親交のあった方々で、実は何度もお目にかかったことがあるわけではありません。


ボランティア運営の勉強会に、本当にありがたいことです(涙)。


メンバーの皆さまの夢や目的も異なりますが、「医学・医療」という大きな枠組みの中でつながっています。


ピンポイントで学習するのであれば、専門に照準を合わせたスクールがあります。

勉強会では、そういったスクールでは得られないものを見つける場所異業種のメンバーの集まりだからこそ生み出せる可能性のある場所、また互いを補完し合う空間になればよいなと願っています。




さて、次回は2105年1月25日(日)の14:00~16:00、アステールプラザ大会議室で、森口理恵さんによる「医学論文」に関するセミナーを開催いたします。

森口理恵さんの「まずはこれから!医薬翻訳者のための英語」は、医薬翻訳者・そして卵さんたちにとっては「バイブル」のような書です。もちろん、私も持っています!

当日は、間違えやすい部分の翻訳の仕方の他、検索等による資料の探し方もご講義くださることになっています。


本当にありがたい♥
、のただ一言です。地方で森口さんの講義を受けられるなんて、またとないチャンスです!


論文について学びたい方がいらっしゃいましたら、ここにコメントを残すか、メールで連絡くださいねー!ご参加を心よりお待ちしています!


Bgqq5a8caaegwtj 勉強会の後にはディナーオフ会もあって、酔っ払いましたにゃ(=^..^=)。


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

2014年11月11日 (火)

メディカルアロマでセルフケア

先週末、メディカルアロマの講座を受講してきました。

場所はコワーキング・スペースのMOVIN'ON


10670139_810900745597372_1119084740

西日本医学英語勉強会」の会場としてお世話になっているShake Handsさんとは別のコワーキング・スペースです。三越デパート近くのとても便利な場所にあります!

代表の末永和恵さんとは少しご縁があったのですが、きちんとご挨拶できてなく、いつもフェイス・ブックで精力的な活動を展開されているのを拝見していたので、ぜひまたお目にかかりたいと思っていました。


この日の講師は、看護師日本メディカルアロマテラピー協会スペシャリスト小手川マリア先生

末永さん同様、とても素敵な女性です♪

10001457638_s

アロマオイルは室内の芳香浴として使用したことはあるのですが、「メディカルアロマ」の知識は全くありません(@@;)。が、東京での「医学英語勉強会」が最近アロマテラピーをトピックとして取り上げていたこともあり、関連するビデオや資料を読む機会がありました。

医療関係者の間でも、自然治癒力にアロマを作用させる治療方法は注目が集まっていると聞きます。


香りによる癒やしやリラクゼーションが目的の一般的なアロマセラピーである「イギリス式」に対して、メディカルアロマテラピーは、植物から抽出された精油成分の薬理効果で痛みの軽減や症状の緩和、早期改善につなげる治療を目的とする「フランス式」だそうです!


使用する精油は有機化合物で、厚生労働省指定機関による成分分析表の付いた
プラナロム精油。殺菌作用、抗菌作用、抗ウイルス作用、鎮痛・鎮静作用、ホルモン作用等があるそうです。


1507995_342763119235252_54712513114

処方作りには、1) 症状・疾患に対してどのような作用を使うのか、2) その作用のある成分は何か、3) その成分を多く含む精油は何か、という知識が必要になるそうですし、実に奥深いなと感じました。

この日は、スキンケアとして基本化粧水クリームを先生に教えていただきながら作りました(^_^)!


美容の他、自律神経系・内分泌系・感染症・疵痕形成・免疫系に幅広く対応し、西洋医学と東洋医学の隙間を埋める位置にあるというメディカルアロマ。メディカルの分野としても、もっと勉強したくなりました。勉強会でも、いつか取り上げたい!

まだ数日だけど、お肌もいい感じ♡


マリア先生、楽しい時間をありがとうございました!



こんな本もポチってみました!

<香り>はなぜ脳に効くのか―アロマセラピーと先端医療 (NHK出版新書 385)





Bzkkknlcuai3ykx  リラックスすると、食欲も出てきましたにゃ(=^x^=)!秋ですから♪


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »