« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月30日 (金)

第3回勉強会はすごかった!そして第4回も♡

1月25日、「第3回西日本医学英語勉強会」は無事に終了しました。


33名の参加者を迎えて勉強会としては大規模な学びの場となりました。医薬翻訳者に加え、翻訳を勉強中の方・他分野翻訳者、医学生、研究者、ドクターから、第1回の登壇者であるJAT副理事長であるBen Tompkinsさん、第2回の登壇者である「情報量理論」で有名な辻谷真一郎先生もご参加くださり、まさに個々さまざまなネルギーが集結した学びの場となりました。


Img_9864_3

30名の出席予定者の段階で、何と21名の方から課題の訳文提出がありました。

私は原文全体は読んでいたのですが、なかなか時間がとれず弱気になっていたところ、締め切り前日から勉強中の新人さんから分野外の方まで次々に訳文が上がってきて、背中を押されて何とか期限ぎりぎりに提出することができました

切磋琢磨する」とは言いますが、他の参加者の方からエネルギーやパワーをいただけるのも勉強会のいいところですね!


また、質疑応答では参加者の方からのご質問はもとより、Benさんがネイティブの立場から解説を加えてくださったり、辻谷先生からのご意見やご質問も飛び出したりと、実に贅沢な時間を共有することができました。


森口理恵先生のすばらしい解説で「目から鱗」状態であったことは、言うまでもありません。


森口先生、すばらしいセミナーを本当にありがとうございました!



当日のセミナーについては、後日勉強会専用サイトに参加者からのレポートを画像とともにUPする予定です!お楽しみに♪


Original

また、勉強会後には、「リストランテ・マリオ」というイタリアンのお店でディナーオフ会を開催しました。ユーミンも来店したことがあるという、可愛いお店です!

異業種の方との会話の中にも新しい発見がいっぱい!準備作業で疲労困憊状態でしたが、帰宅してから贅沢な時間を思い出しては「何て幸せ」と至福を感じていました。地方の勉強会にお集まりいただき、本当にありがたいことだと感謝していますo(_ _)o。


そしてビッグ・イベントは続きます!


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・


第4回西日本医学英語勉強会
にも、すばらしい先生をお迎えする予定です。


【日時】
2015228日(土)17:0018:30

【会場】アステールプラザ中会議室4F 中会議室
730-0812 広島市中区加古町4-17 TEL: 082-244-8000

【アクセス】http://www.cf.city.hiroshima.jp/naka-cs/access/access.html

【費用】参加費用として、ひとり2,500円をご用意ください。(会場費込み)
*学生さんは500円引きの2,000円とします。

【登壇者】
Raoul Breugelmans
R.ブルーヘルマンス 東京医科大学医学教育学講座 准教授)

*勉強会サイトにも、第4回について近日中にUP予定。ブルーヘルマンス先生の略歴はそちらをご参照ください。


【題目】 What Language Professionals Need to Know About Writing for Publication in Biomedical Journals

【概要】生物医学雑誌への投稿~アクセプトされる論文を執筆するには~
Manuscripts submitted for publication in peer-reviewed biomedical journals undergo a rigorous review before they are either accepted or rejected. Rejection rates of competitive journals can be as high as 90%. To be acceptable for publication, manuscripts must satisfy general as well as journal-specific requirements, while conforming to numerous stylistic conventions.

In this presentation I will describe how language professionals can develop an understanding of what editors and reviewers look for in a paper, and how they can add value to their service by not only delivering a manuscript that meets all requirements for publication, but also providing the client with appropriate advice on various aspects of the submission and peer-review process, thus increasing the chances of acceptance.

【連絡先】e-mail: akoron557@gmail.com


ブルーヘルマンス先生は、流暢に日本語を話され、家庭用ミシンでジーンズも作製される多才なお方です。

EUREKA JEANS(個人用ブログです)



昨年6月に東京で開催された日本翻訳者協会(JAT)主催による第25回英日・日英翻訳国際会議(IJET-25)に引き続き、日本メディカルライター協会主催によるセミナーでも、先生のワークショップに参加させていただきました。

ぜひ、地方の医薬翻訳者、医学生、その他医学に関わる方達と素晴らしい講義を共有したく、ご無理をお願いしたところご快諾いただきました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

皆さまのご参加をお待ちしています!投稿した医学論文がアクセプトされるためには、執筆者・校閲者側で戦略を立てる必要がありますね。翻訳者またはチェッカーとしては、どんな付加価値をサービスに加えることができるでしょうか


今からとても楽しみです。ブルーヘルマンス先生、どうぞよろしくお願いいたします!



B7h1axtcmaecy92 「起きろ!」と言われても、猫は寝るのが大好物なのだにゃ!眠い~(-_-)zzz


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

2015年1月24日 (土)

翻訳事典にちょこっと掲載 (*^o^*)

(株)アルク発行の翻訳事典2016年度版が1月26日に発売されます!


勉強会・コミュニティガイド」一覧に「西日本医学英語勉強会」も掲載していただきました。
私は、このページに掲載の8つの勉強会のうち、何と4つの勉強会に所属していることになります(..;)(あまり、勉強会ってないものですね)

また、「プロ翻訳者の仕事場レポート」では、32名の各分野翻訳者の使用ツール、辞書などの作業環境が報告されています。この中に、私のレポートもちょこっと報告されています(笑)!私の作業環境を覗いてみたい方は、ぜひご一読ください。

他にも、知り合いの翻訳者さん達が色々な記事に登場されているのですが、「こんな努力をされているんだ」とか「こういう環境で作業をされているんだ」とあらためて驚くこともあります(*^o^*)。
その他、越前敏弥先生のインタビュー記事日英翻訳に注目した特集記事など興味深い記事が満載です。

新田順也先生の「翻訳者のための「パソコン選びのコツ」と「ソフトのプチカスタマイズ」3つの技」は、とても参考になります。永久保存版ですね!




明日は、いよいよ「第3回西日本医学英語勉強会」が開催されます!
まだ準備作業も、そして仕事も山積みの状態ですが、ご登壇いただく森口理恵さんはもちろん、遠方からもご参加くださる参加者の皆さまとお目にかかれるのがとても楽しみです。

もちろん、しっかり学んできますよ~!!



Bph0byrciaaknwf iPhone忘れないようにしないとにゃ!



sun今日もぽちっとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

2015年1月21日 (水)

セミナー参加の心得(私の場合)

いよいよ、次の日曜日に第3回西日本医学英語勉強会が開催されます!

今回は、第1回、第2回にご登壇いただいたスピーカーの方を始めとするベテラン陣に混じって、初めてご参加くださるメンバーも複数いらっしゃいます。

「地方で勉強していて仲間がいなかった」、「勉強中で打開のきっかけをつかみたい」といった地方で翻訳の勉強をされていらっしゃる方々。また、将来論文を執筆・発表する機会があるであろう医学生の方々もご参加されます。
どうか、参加者全員にとって有意義な会となることを願っています!(もちろん、私にとってもね(^_-)-☆)



Bqkquauigaalooc


「勉強会」と「セミナー」は正確には少し違うのですが、まとめて「セミナー」として考えた場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。どんな心構えで参加すれば良いのでしょうか。



セミナーが終わると、よく「当たり」とか「はずれ」という声を聞きます。



が、基本的には「当たり」にするのも「はずれ」にするのも、参加者の心構えひとつで決まるような気がします。これまでの経験から、効果的なセミナー参加方法について考えてみました。


1. 予習をしよう。課題はできるだけ取り組もう!自分の課題や目的を明確にして「意識して聴く」態度を持とう!

仕事をしていると、当日までに課題に取り組むことが難しいこともあります。でも、ベストを尽くし、たとえ提出できなくてもできる限りの予習をしておくと、当日の理解度がグンと違います!

では、課題がない場合は?

セミナーの概要は分かっていますね。私は、関連した分野の本やWebサイト記事を読んだり、登壇者の先生が書かれた本を読んで基本的な考え方の理解に努めたり、または関連事項で疑問に感じている点・困っている点などを整理してみます。

まったくの初心者で参加される場合と、かなりの経験年数と技量を持って参加される場合とでは、当然同じセミナーに参加した場合でも、得る内容は違いますね。


では、今現在の自分にとっての課題は何でしょうか。


自分なりの課題や目的をあらかじめ整理して参加
すると、「意識して聴く」ことができるはずです。


2. 名刺を用意しよう!

セミナーの場は、同業者または同じ分野に関心を持つ異業種の方々との出会いの場でもあります。
まだ勉強中の方も、ぜひ名刺を用意して参加したいですね!

10250000240


私が拙ブログで名刺について書いてある記事はこちら↓

「名刺と顔写真」



原稿加工・用語置換および翻訳文チェックの支援ツールWildLightの開発者で、翻訳者として、またエージェントとしての両方の立場から翻訳業界に情報を発信し続けていらっしゃるTerry Saitoさんが、ご自身のブログ「翻訳横丁の裏路地」の中で「名刺」について書かれている記事はこちら↓

「翻訳横丁の裏路地」 Search Results for "名刺"



3. 現場では、セミナーの前後または休憩時間に、周囲の参加者と簡単な挨拶・名刺交換などで交流しよう!


club注意点:セミナー前後、ご登壇される先生はPCやPPTのセッティングまたは取り外しなどご準備・撤去作業があります。作業が落ち着くまでのご挨拶は控えましょう。


4. 質疑応答の時間には、積極的に質問しよう!
せっかくのチャンスです。疑問に思っていることは積極的に質問しましょう。ただし、揚足取りにならないよう、登壇者には敬意を払った質問をしましょう

5. 時間が許せば、セミナー後のオフ会・食事会に参加して交流しよう!
業界のオフレコな話が聞けるかも(*^o^*)。ちょっとした情報が、後々役に立つことがあります。また、徐々に顔見知りが増えて横のつながりが強くなればいいですね。


6. 他の参加者とSNSでつながろう!
セミナー後、名刺交換した方とFB等でフレンドリクエストする場合、あまりお話できていない場合は「メッセージ」をつけて挨拶や自己紹介をしましょう。


club注意点: SNSでつながった場合も、エチケットは守りましょう。特に翻訳業などのフリーランス業は、能力とともに時間も売っています。FBメッセージ機能はプライベートなメッセのやり取りをするものです。FBフレンド=長年の親友ではありません。特にご登壇者に対して個人的質問や私信の場として多用し、ご迷惑をかけることのないようにしましょう。

西日本医学英語勉強会については、ご質問がある場合、ご自分で十分な調査のうえグループサイト内でご投稿のうえ情報を共有願います。また、書き難いことについて私にFBメッセくださるのは(そういう立場ですので)構いません(^_^)。

7. 資料は保存しておこう!復習をしよう!
私はセミナーの資料や学習したことが、仕事やトライアル受験時にすごく役立っています!すぐに使えなくても、いつか必要になる時がきます。大事に保存しておきましょう。


8. アウトプットしよう!
復習と関連しますが、当日学習したことなどインプットしたことは、アウトプットすることによって形になってきます。
たとえば、ブログを書くのはとても有効的な方法です。自分の気づきや学習ポイントを何らかの方法でまとめてみましょう。(公開がNGな場合は、日記・学習記録としてもいいですね。)


セミナーに慣れていらっしゃる方は、ご登壇者のプレゼンの仕方、PPTなどの資料の作り方、ご本人の話し方などにも注目して、将来のご自身のプレゼンの参考にもなるかと思います。

当然、課題や事前参考資料のコピーは当日持参しましょう。(飲料を持参される場合はペットボトルが便利ですね。)


当面の自分の課題・目的は何でしょうか。


もう一度頭の中を整理してみて、自分なりの突破口を見つけられるセミナーとなりますように。

B6hknghciaabzzf
みんな、がんばっている!今年もがんばるにゃ(=^x^=)!


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

2015年1月12日 (月)

年初に読んだ本

今年最初に読んだ本。

それは「東日本大震災 警察官救援記録 あなたへ。」(講談社ビーシー/講談社)です。


震災直後から全国の延べ114万人の警察官が被災地に派遣され、人命救助、遺体捜索、遺品管理、交通整理、被災者支援、検視等に尽力されてきましたが、その時の活動内容や思いを綴った手記70編が収められています。


積ん読が多く、ほぼ仕事関係の本しか読めない状態の自分が、年初になぜこの本を読んだのか。自己管理でも自己啓発でもなく、しかも暗い気持ちになるようなこの本をなぜ選んだのか。


それは、「読みたかったから」以外に理由はありません。

ずっと、ずっと、東日本大震災のことが心に引っかかっていました。

被災した親類がいるわけではありませんが、「もし、つないでいた手が引きはがされ、愛する人が津波に飲み込まれたら」と自分の身に置き換えて考えては胸が引き裂かれそうでした。

が、被災した人々と同様、ひとりでも多くの人を助けるために命を落とされた警官、不安な家族を残して任務にあたった方々のことも忘れてはいけません。

警察官としての使命感、そして警察官を家族に持つ妻・子供の覚悟、自分の心と向き合い葛藤するひとりの人間としての姿に、涙が出ました。


Cat


現代人は、心の力が弱くなっている」に関連して、ある警部は「亡くなった人への心配り、遺族への心配り、仲間への心配り。心配りをするには、心の力が必要です。この現場で、まだまだ私も心力が足りないと痛感し、心の力を鍛えていこうと思いました」と語っていらっしゃいます。

私も、そんな強い心がほしくなったのかなぁ。


花は咲く
 
 
作詞 岩井俊二


真っ白な 雪道に 春風香る
わたしは なつかしい
あの街を 思い出す

叶えたい 夢もあった
変わりたい 自分もいた
今はただ なつかしい
あの人を 思い出す

誰かの歌が聞こえる
誰かを励ましてる
誰かの笑顔が見える
悲しみの向こう側に

花は 花は 花は咲く
いつか生まれる君に
花は 花は 花は咲く
わたしは何を残しただろう

夜空の 向こうの 朝の気配に
わたしは なつかしい
あの日々を 思い出す

傷ついて 傷つけて
報われず 泣いたりして
今はただ 愛おしい
あの人を 思い出す

誰かの想いが見える
誰かと結ばれてる
誰かの未来が見える
悲しみの向こう側に

花は 花は 花は咲く
いつか生まれる君に
花は 花は 花は咲く
わたしは何を残しただろう

花は 花は 花は咲く
いつか生まれる君に
花は 花は 花は咲く
わたしは何を残しただろう

花は 花は 花は咲く
いつか生まれる君に
花は 花は 花は咲く
いつか恋する君のために




壁を乗り越えたら、また壁がある。でも、それを乗り越えていきたい。

羽生選手は、紛れもなく強い「心の力」があるのでしょう
とはいえ、まだ二十歳の青年。どうか背負った壁の多さに押しつぶされませんように
( ̄人 ̄)。(オバチャンはひそかに心配しております(..;))


私は何を残しただろう」というより、「私に何ができるだろう」。

これは、今年の目標ではなく、これからずっと模索していく課題なのかもしれません。
東日本大震災の記憶も風化しないように、そして災害から学んだことも今後の仕事や生き方に反映させていきたいものです。


ヒントがあるかなー。次に読み始めたのはこれ!↓

日野原先生からプロフェッショナル人生を学びます!



sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村,

2015年1月 1日 (木)

2015年の目標

みなさま、あけましておめでとうございます。


Watermark
旧年中は色々とお世話になり、本当にありがとうございました。本年もよろしくお願いいたします。


年頭にあたり、今年の目標を掲げてみたいと思います。

昨年は、日経WOMANの夢をかなえるシート等を使って夢を書き出していました。何と、夢のほとんどがかなっております(^_^)!(実は、ショボい目標ばかりだったわけですが(^-^;)

猫を飼える場所に引っ越す」は夢かなっておりませんが、これは物件を探した結果と自分の予算の関係上で納得済みで選択したことです。なので、「夢破れた」わけではありません。
「猫」よりもまずは「自分の生活」を優先しました。猫の飼える場所は、なぜか「水回り」が良くありませんでした。もちろんお家賃をぐっと上げると違ったのでしょうが、地方に住んでいると、セミナー参加のための交通費・宿泊費等の経費を確保しておく必要があります(;.;)。


昨年度は自身が主宰する「勉強会」や登壇させていただいたセミナーも含めると、10回くらいセミナーに参加したことになります。


長期休業もあったので、毎月のようにイベントがあったということになります。
これに、先月までは「産業翻訳講座」も開講していましたので、このように数値化してみると「意外とがんばったのかな」とも思えてきます。が、自分自身としては「消化不良」の感がぬぐえません。


そこで、2015年度の目標を掲げてみます!

1) 可視化・数値化する
昨年度は引っ越しや長期休業、取り扱い分野の大幅なシフト等もあったので、トライアルの合格数等は数値化していましたが、作業量、効率(時給計算等)、売り上げ等については目標を数値化していませんでした

また、医薬は「医学」「薬学」「医療機器」と取り扱い分野や文書の種類も多くあり、まだ未経験の文書もあります。

参入にはピンポイントで絞る必要もありますが、広く医学や医療について語れるところまで到達したい自分としては、経験値を積むためにも幅広い文書の種類に対応できるようになりたいと考えています。

会社によって強みの分野や対応・単価も異なるので、今年も積極的にトライアルにも挑戦する予定です。目標と結果の可視化・数値化を試みます。

2) 迷いを捨てた訳文作りをする
昨年度、すばらしいセミナーを拝聴して感じたのは「真の品質とは何か」です。これまで、十分にフィードバックがなかったり、チェッカーさんに改悪されたり、一対一の直訳・逐次訳を要求されたり、といった経験もありました。なので、訳文作りに少し迷いがあったり、「どうせ」といった思いや「クライアントや翻訳会社に迎合する」態度があったように思います。でも、先生方の講義を拝聴すると、「良い訳文」は英文であっても和文であっても目指すべき方向性は一つであると感じてきました。

なので、正しいと信じる方向に、少し強気で攻めようかなと思います。もちろん、正しいと信じる方向が本当に正であるためには、十分な勉強であったり、専門知識の構築や訳文の根拠となる調査が必要となってきます。また、信頼関係の保てる会社との取り引きも大事となってきます。

3) 勉強会をメンバー・レベルで展開する
「西日本医学英語勉強会」を発足して、著名な先生方のワークショップを継続する幸運に恵まれました。(いえ、私の半ば強引か(?)とも思える必死のお願いもあったかもしれません。本当にありがとうございます。)

第4回も実は登壇者は決定しており、近日発表の予定です。

発表にはPPTや配付資料等で長時間の準備が必要となり、また「人前で話すのは苦手」と躊躇する参加者の方も多いかと思いますが、あるテーマや自分の意見等をまとめることで自身にも多くのフィードバックや得るものがあります!春からは、メンバー・レベルでのプレゼン演習を取り入れていきたいと考えています。

とはいえ、ご登壇いただける外部スピーカーや経験値の高いメンバー(学会発表経験者、翻訳会議・講座登壇経験者も多く参加)のスケジュールが取れれば、その機会を優先したいと思います。何事もタイミングを逸してはいけないですよね。
また、辞書の利用方法や翻訳・校正ツール等、周辺情報も翻訳者のみならず文書を作成する異業種のみなさまにも有益であると考えるので、医薬専門セッションとコラボでセミナー時間を長くすることも考慮したいと考えています。

地方の医薬翻訳者をはじめとする医療関係者に、新たな学びの場を提供できれば嬉しいです。まずは、異業種で集まって、お互いの業務・勉強方法・訳文の処理方法・チェック体制(校正方法)、よく使っている書籍、専門知識の構築方法、悩み等、短いプレゼンを参加者で発表し合ってはどうかなと考えているところです。

4) オンとオフを切り替える
今年も色々とチャレンジ段階であるため厳しい一年となりそうですが、もう少しオンとオフを切り替えたいと考えています。映画を見に行ったり、できればセミナー参加目的だけでなく「旅行」としてリフレッシュする時間を持ちたいですね♪


みなさまも、素敵な一年となりますように\(^^@)/。楽しい新年をお過ごしくださいね。


Img57000286


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »