« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月24日 (火)

震災の日に救急法

ずっとブログの更新ができず、すでに1か月以上も経ってしましました。備忘録も兼ねて、救急法の基礎講習について書いておきます。

1月17日。20年前に阪神・淡路大地震が発生した日です。

この日、日本赤十字社による「救急法基礎講習」を受講してきました。

今更感もありつつでしたが、参加して本当によかったです!

「医学英語勉強会」を発足したのも、「意味が分かったうえで訳す」ことの重要性を再認識したからに他ありません。

特に文系出身の翻訳者としては、「机上の学」だけでなく「実践の学」が欠如しています。やはり、体験しないと把握しきれないことってありますね。


Nisseki2

こんなテキストとマウスピース(人工呼吸の実践で使用)を配付されました。


当日は、阪神・淡路大地震でご家族が被災されたという方が講師を務められました。また、自動車の事故現場に遭遇し、自動体外式除細動器(
AED)を使用された経験がある参加者もいらっしゃり、「救急法」を学ぶにあたって背筋に緊張が走りました。

まず、日本赤十字社についての説明。
苦しんでいる人を救いたいという思いを結集し、いかなる状況下でも、人間の命と健康、尊厳を守る」という指命を掲げているそうです。


苦しんでいる人を救いたいという優しさを行動に移す自信と勇気を持てるように」「正しい手当の知識と技術を伝え、「けがや病気、災害から自分自身を守るという姿勢を身につけるように」救急法の普及活動があります。

手当の基本」では、「観察の基本」、「体位の基本」、「傷病者への接し方」、「現場での留意点」、「一次救命処置(BLS)」では心肺蘇生、AEDを用いた除細動の実技を、呼吸の確認、胸骨圧迫、気道確保、人工呼吸、気道異物除去なども含めて何度も、何度も実技がありました。

この時、自分の名前を大きく書いたシールを腕に貼っていたのは、実技の間ずっと採点されていたわけです(..;)。


傷病者が倒れている現場に遭遇したとしたら、ただでさえパニックになりますね!



そんなとき、二次災害が発生しないように自分の安全も含めて周りを確認する冷静さが必要となります。
そして胸骨圧迫の際にも、胸骨の下側の剣状突起を押すと、折れて内臓を損傷する危険があるので注意が必要です。

また、気道確保、正しい圧迫部位、電極パッドを貼る位置、心電図の解析中は傷病者から離れておくこと、そして各手順のタイミングや順番等々、実際にダミー人形を使用した実技の中でもアドバイスをいただいたからこそ、正確に覚えられたような気がします。


4時間の講習会の最後はペーパーテスト!

そして、めでたく後日届いたのが認定証です。


Img_2203_2


有効期限は3年なので、また更新時には講習を受けなければなりません。

次には「救急員養成講座」もあるのですが、こちらは丸二日かかります。「骨折の手当て」なども含まれますが、時間的にも参加は難しいかな・・・。

広島でも、昨年度は豪雨による土砂災害で70名超の死者が出ました。

いつ起こるかわからない災害。防災意識を高める必要があるのはもちろんですが、不慮の事故に遭った人や急病の人に接したとき、「知っている」ことが「救命」にもつながります。


また、「西日本医学英語勉強会」でも、春からは新しい展開を模索中ですが、救急に限定せず、機器やダミーを使用したワークショップがあればいいなと思っています。

いよいよ、第4回勉強会は今週末(土曜日)に開催です!

まだ、何も予習できていません(>_<)。一日10分でも、少しずつ資料を読もうと思っています。





防災意識だけでなく、挨拶も大事!猫だって「おはよう」が言えるにゃ(=^x^=)!




sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

2015年2月 5日 (木)

勉強会サイト更新(2)とエクセルで用語集!

西日本医学英語勉強会」サイトを更新しました!

森口理恵先生をお招きした1月25日開催の「第3回勉強会」のレポートを掲載しています。
集合写真は2バージョン(笑)!会場が変わって撮影もメンバー自ら行っていますので、撮影者を代わって2枚となりました。


また、Essaysでは、早くもお二人目の登場です!


Maehira

Essaysはadvisorsのお一人である加珠さんでスタートしましたが、No.2では関西から第3回勉強会にもご参加くださった前平さんに寄稿していただきました。

英語との関わり、翻訳者としてのスタート、翻訳への思い等、まだ翻訳を勉強中の方にもぜひお読みいただきたいと思います。

tulip勉強会専用サイトは ⇒ 西日本医学英語勉強会




さて、私も仕事場レポートで記事を掲載していただいた「翻訳事典2016年版」(アルク)は、発売直後に在庫切れとなったほど大人気のようです!それだけ、お役立ち情報が満載ということでしょうか。

そのレポートの「オンライン辞書」の項目で、私は「Web辞書」、「オンライン用語集」、Google Scholar等の「Web検索オプションを可能な限りwww関連としてDicregateで一括管理・検索していると書きました。もちろん適応外のものもあり、「ライフサイエンス辞書」はエラーが時々出ていましたが、そのうち検索不可となり、いつの間にかDicregateから消えていましたので、ここにご報告します。(通常は、登録する段階で適用外だと警告が出ます)

また、www関連外の辞書はLogophileで一括検索と使い分けています。


そんな中、「翻訳事典」でも「実務翻訳者を目指すあなたへのメッセージ」という記事を寄稿されている齊藤貴昭(Terry Saito)さんが「Web上の用語集をExcelに取り込む」という記事をご自身のブログでリリースされました。


Microsoft Excel の「Webクエリ」というデータ取り込み機能を使ってWeb上の用語集をExcelに取り込む方法です!もちろん、この場合も適用外の用語集もあるかと思いますが、Excel用語集として少しでも積み上げていければ本当に便利ですね!


tulipこの記事は⇒ 翻訳横丁の裏路地「Web上の用語集をExcelに取り込む」


毎日ぐったりしていましたが、昨日は久しぶりにヒレ肉で「とんかつ」を作ってパワーが出ました!やはり、食事は大事ですね。


B6hknq5cqaazhmq
戦争や紛争のない平和な世界となりますように!


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

2015年2月 2日 (月)

勉強会サイト更新(1)と論文

第3回勉強会を終了したところで、「西日本医学英語勉強会」サイトを更新しました!


前記事でもお知らせしたとおり、第4回勉強会を2月28日(土)に開催します

Speakers & Topics同様、「Next Workshop」に次回ご登壇者のブルーヘルマンス先生がご登場です!先生のご紹介とセミナー概要を読まれて、参加希望の方は「Contact」にあるメールアドレス宛にお申し込みくださいね。


このブログ経由でのご質問・お申し込みも大歓迎です!


また、勉強会サイトでは、「Essays」の項目を増やしました。今回からリレー連載でFBグループ・メンバーのエッセイを掲載します。自己紹介、医学英語との関わり、将来の夢、勉強会への思いなど、自由に綴ってもらう予定です。トップ・バッターは本会発足時からご協力いただいている加珠さんです!


第3回勉強会の報告書も近日公開予定です。



new 勉強会専用サイト



昨日はISIS人質事件で悲しいニュースが流れてきて、何だか一日どんよりとした気分で過ごしました。

後藤さんのご冥福を心からお祈りいたします。


さて、論文続きの西日本医学英語勉強会ですが、私が最近読み返しているのは次の2冊!






英語医薬論文の読み方・訳しかた」(薬事日報社)は、具体例とともに日本語の特殊性と関連付けた訳語の選び方の解説があったり、補足解説が必要となる専門表現の例などがあったりしてとても勉強になりました!というか、時々迷路にはまってしまいましたが・・・(@@;)。

また、「一流紙にアクセプトされる医学論文執筆のポイント」(ライフサイエンス出版)は、メディカルライター協会で林健一先生によるセミナーを受講する前に予習資料として買った一冊です。医薬翻訳者だけをターゲットとした書ではなく、医師・看護師・製薬企業や開発業務受託機関での医学研究に関与する方、メディカルライターを対象としています。

とにかく、林先生のセミナーは「統一規定」、「統計」、「ライティング」どれをとっても、非の打ち所がなく、すべてを熟知されているというパフォーマンスでした。たまたま再会した翻訳者さんとも「すごかったね」と口を揃えて興奮していました。特に、日本語をリライトするという作業はもう一度復習してみたいと思っています。論文執筆全体のポイントを知ることができます。


さて、いつの間にかもう2月。


一日一日を大切に過ごさなければいけないと思う今日この頃です。


Bnqd8amiuaa2ya
そろそろ、バレンタインデーですね。猫くれないかにゃ!あっ、日本ではあげる方でした(..;)


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »