« 新年度の辞書環境 | トップページ | トライアルを受ける理由 »

2015年4月30日 (木)

第5回「白熱」勉強会!!

4月26日に開催された「第5回西日本医学英語勉強会」も無事に終了しました!

当日は医薬翻訳者、特許翻訳者、IT/機械翻訳者、研究者、組織内通訳・翻訳者、歯科衛生士、薬剤師、翻訳勉強中の方々等、計19名にご参加いただきました。

今回は、Session 1では医師、Session 2では特許翻訳者によるご登壇と、医学英語勉強会としては初めてづくしの回となりました。

Session 2にご登壇の松田浩一さんは、当日新幹線で正午過ぎに広島入り。

あまり時間はありませんでしたが、やはりお昼は「お好み焼き」!


Dinner2

午後2時から無事にSession 1が開始しました。
そして、いきなりの衝撃が!!!


打ち合わせ時には「日本語」でプレゼンを行うと話されていたJA広島総合病院副院長の徳毛宏則先生が初めから全て英語で話されたのです(゚∀゚)。

当日はSession 2があるため英語の演習には展開できないので、語学面を補うべく、日英の予習資料とSession 1のトピックであるNASH(nonalcoholic steatohepatitis: 非アルコール性脂肪性肝炎)に関する英語でのYouTube動画を参加者の皆さんに配付・提示していました。

なので、「あれ?」と思いつつ、臨床に関するお話を全て英語で拝聴できたのは大きな驚きであると同時に貴重な機会となりました!当会の趣旨と目的をご考慮のうえ、徳毛先生が英語でのプレゼンに変更してくださったのだと思います。

そしてQ&Aセッションで「質問は出るのか?」と実は心配もしていたのですが、「肝生検」等の臨床上の問題から観光都市広島における医療観光・医療通訳の未来像まで質問がありました。当会の「医学知識の構築」という語学以外の目的についても、今後のセミナーを計画する際の指針となる、良いスタートを切れたように思います。


そしてSession 2。

Workshop1


桃栗三年恥柿十年」と題したセミナーでは、Mattさんこと松田浩一さんの「これまでの歩み(自己紹介)」「日本語クイズ」「辞書の話」「ワークショップ」「誰もが犯しやすい誤訳のパターン」「ぜひ気をつけたい翻訳のテクニック」「かならず役立つ翻訳のテクニック」から構成されていました。1時間半では足りないほど盛り沢山でしたので、当日の配布資料とは別に、後日、セミナーのプレゼン用スライド資料も参加者の方々に配付できるようにご配慮くださいました。

Mattさんと勉強会メンバーの方が重複購入されたという「基礎日本語辞典」「知財担当者のための実務英文法入門」を争奪する「じゃんけん大会」も超ヒートアップ!!

勉強会後、「大変勉強になった」「資料を家宝にする」等、嬉しいコメントをたくさん頂戴しています。もちろん、色々なレベルや異なる分野の翻訳者や異業種の方も集まっていますので異なるご意見もあるかもしれません。届いた声をまとめて(もちろん、匿名で個人は特定できない形で)Mattさんに届ける予定です!

こういった受講者からの声を自分に都合の良い意見だけではなく、敢えて批判があればそういった意見も真摯に受け止めて今後のセミナー改善に役立てようとする姿勢は、Mattさんの素晴らしい点だと感じました。



Fullsizerender

夜は、居酒屋の掘りごたつ席でディナーオフ!!


当勉強会や他のセミナー等の話題も出ました。


正直、「楽しく運営」なんてできていません。全くのボランティア運営ですし、雑務の時間に追われ、色々と胸を痛める出来事もないわけではありません。

でも、今回初めて手を挙げて質問や回答をしてくださったメンバーや、セッション終了後に直接医師にお礼を述べてくださったメンバーを拝見し、とても嬉しく感じました。

またご登壇いただいたドクターからも当会を評価する嬉しいコメントも頂戴し、今後ともご縁を大切にしていきたいと考えています。

そして、「メンバーがメンバーを評価する」、つまりお互いを尊敬し合う環境が少しだけ醸成されてきたように思います。

同業種どおしでの新たな発見、異業種の方から学ぶ発見、これから学ぼうとされている新人さんから学ぶ発見、どれも大切です!

当会は勉強会です。商業運営では生み出せないもの、同業者だけでは生み出せないもの、そんな学習効果がメンバー個人、ひいては翻訳業界・医療業界にも波及すれば幸いです。

色々なことを考えているうち、生みの苦しみがあるからこそ「勉強会」なんだと気づいてきました。そう考えると、悩むのも悪くない!!!


さて、次回の勉強会は7月20日(月)、10:00~15:00に開催予定です。(詳細は後日リリース予定)

医学生、臨床医、研究者、医薬翻訳者にとって、目から鱗が落ちる講座となりそうです!


あ~、本当にありがたいことです。
ご協力くださる先生方のためにも、しっかり勉強しないとね!
普段はFBグループ内で情報交換も行っています。ご興味のある方、参加してみませんか。




70444d627eff520d72212d30075d00ab なぜか、猫ではありませんにゃ。癒やし系笑顔♡  twitterより


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

« 新年度の辞書環境 | トップページ | トライアルを受ける理由 »

医薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581497/61512206

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回「白熱」勉強会!!:

« 新年度の辞書環境 | トップページ | トライアルを受ける理由 »