« トライアルを受ける理由 | トップページ | 医療漫画を読む »

2015年5月14日 (木)

「第6回勉強会」詳細決定!と「医療通訳」

西日本医学英語勉強会」専用サイトを更新しました!


new 「西日本医学英語勉強会」

1) 「第5回勉強会」報告書をUPしました。→ 「Reports」へGO!

2) 「第6回勉強会」の詳細をリリースしました。→「Next Workshop」へGO!


何と、第6回勉強会(7月20日開催予定)では医学英語教育のエキスパートである日本大学医学部助教授の押味貴之先生にご登壇いただきます。

Oshimi_profilesmall_2


トピックは「医学英語論文抄読会を魅力的にする10のステップ:初心者からもできる医学英語論文の効果的な読み方」です。具体的なステップについては、勉強会サイトの方をご覧下さいね!

これまで医学論文については「和訳」「生物医学雑誌への投稿」と2回セミナーを実施しています。今回は、「最小の労力で最大の理解を得る医学英語論文の読み方」という画期的な視点からのセミナーとなります!

医薬翻訳者だけでなく、医学生、臨床医、研究者、その他医療従事者にとって「目から鱗」の情報が満載のセミナーとなりそうです。

押味先生は3年前、第23回英日・日英翻訳国際会議(IJET-23) が広島の国際会議場で開催された際に「医療通訳」のセッションにご登壇されました。

その時の素晴らしいご講義がとても印象的で、その時の配付資料は今でも大事に取ってあります。


また、日系メディカル系のサイトで「医療通訳は患者さんの生命に関わる医療行為である」という押味先生の文章を拝読し、とても共感を覚えました。


私の住む市町村に限ったことではないと思いますが、「医療通訳」をボランティアで養成しようとする動きがあります。


もちろん、ボランティア活動自体に異を唱えるわけではありません。財源の問題もあるかと思います。が、不十分な知識やスキルで通訳をした場合に「誤診」や「不適切な治療」に繋がりかねない、ひいては「」にも関わる医療分野での通訳をボランティアでまかなう考えには反対です。


さて、私は訳あって隠遁生活を続けているうちに全く英語を話す機会を失っていました。
通訳はやめて「翻訳者」なので「必要ない」とも思っていたのですが、最近よく思うのは「書く内容は話せて当然ではないのか」ということです。

もちろん、医学は文語表現と口語表現を使い分ける文書がありますが、少なくとも口語表現の文書は自分の訳した内容を口頭で概要くらいは話せないとくやしい(@@;)!

私が翻訳の仕事を始めたころ(紙の辞書が主流だった頃)には翻訳ツールを使ったり、電子辞書を串刺し検索したり、ネットで複数サイトを検索したりしていませんでした。かつては「同時通訳課」にも籍を置いていましたが、翻訳とて会議前の急を要する時には隣で別の職員さんが書類を見ながら読み上げた文章を聞きながら即時に英文を入力していました(同時翻訳状態??)。もちろん、後から読み直して辞書やThe Chicago Manual of Styleで確認し、校正はしていましたけどね。


今の技術翻訳では、どんな簡単な用語も検索して確認します。意味を検索する時があれば、用法や語と語のつながり、いわゆるコロケーションも検索します。

そして、英文まで「英借文」できるような文章を検索して「安心」を手に入れようとします。


瞬時に適語が分からなければ、リフレーズ(言い換え)してでも自分の言葉で表現する。


そんな、自分の脳をフル活用する時間が減ってきたように思います。


検索は大事であり、必須な作業であることには間違いありません。が、検索の回数や時間が増え、確認が多くなる「検索依存」は、やはり自分の専門知識や翻訳スキルが不十分なことの証拠なのかもしれません。


その意味で、「医療通訳」の勉強は翻訳者にとっても疾患・症状等の表現を学ぶことにより、口語体で書く文書や症例報告等の基礎固めになると思います!

なので、これまでと違った視点からも勉強してみたいなと思っています。(どうするかは、今は秘密!!始めてみて「手応え」を感じたら書きますね!そもそも、する時間があるか不安。(..;))

将来的に私の住む市町村で医療通訳のニーズが生じたとき、ボランティアさんではなく自分がやりたい、という下心は満載ですけど、何か(笑)?

日常的に医学の専門分野を勉強している医薬翻訳者さんこそ、医療通訳の分野にもっと進出してもいいのかもしれません。

さて、これから読みたい本は、最近読んだ「医学英語論文わかりません」に引き続き「医学統計英語わかりません」。「統計の使われている医学英語論文の読み方」の本として読んでみようと思います。
また、山岡洋一先生の「翻訳とは何か 職業としての翻訳」。先生の文章はネットで拝読しているだけなので、職業としての「翻訳」にきちんと向き合える機会となりそうです!






B1aomeccqae6vc5  寝てばかりじゃ、ダメだにゃ!眠いのよ。。。




sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

« トライアルを受ける理由 | トップページ | 医療漫画を読む »

医薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581497/61581853

この記事へのトラックバック一覧です: 「第6回勉強会」詳細決定!と「医療通訳」:

« トライアルを受ける理由 | トップページ | 医療漫画を読む »