« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月28日 (火)

動画配信サイトで学ぶ!~1.8か月の延命~

★まずは、「西日本医学英語勉強会」サイト更新のお知らせです!

Essays No.6として、医薬翻訳者である森井宏子さんによる「振り返れば」をリリースしました!

医学生さんによるエッセイが続いていましたが、翻訳の仕事を始めて20年余(休業を含む)という宏子さんが、若者にも回り道の人生を歩んでいるかもしれない人達へもエールを込めたエッセイをご寄稿いただきました。ぜひ、ご一読くださいね!



new  西日本医学英語勉強会 Essays No.6「振り返れば」


3
      画像は、宏子さんの大好きな野ウサギです♪



さて、先日、調べ物をしている途中、(株)医学書院の「この先生に会いたい!!」で勝俣範之先生によるセミナー「ミッションを信じて-『がんの総合内科医』への道」がUstreamで生放送されることを知り、拝聴しました。

http://www.ustream.tv/channel/igakukaishinbun


勝俣先生はブログやTwitterでも積極的に情報を発信されている、大好きな先生です。近藤誠医師の「がんもどき」理論や「がん放置療法」に対して理論的・科学的に反論されています。

「医療否定本の嘘」




「『抗がん剤は効かない』の罪」




また、腫瘍内科分野の確立にも尽力されてきた先生は、市民公開講座等での色々なプレゼンもスライドをslideshare.netで公開し、情報を共有してくださっています。




この日のセミナーでは、大腸がんステージ4(多発肝転移)の54歳患者さん(QOL維持)に対する、1.8か月の延命効果のエビデンスがあるものの副作用発現の恐れがあるTAS-102という薬剤の投与について

1) もし、自分ががんだったら
2) もし、自分の家族だったら、    TAS-102 を勧めますか?

この問いを医学生・研修医の参加者に投げかけられました。


回答は、「状態が悪くないのに、新規抗悪性腫瘍剤で副作用の危険を冒すのは」から「1.8か月で死の準備期間ができる」といった趣旨の意見までさまざまでした。


だらだらしていると、あっという間に過ぎてしまう1.8か月。

でも、こういう大きな決断を迫られると、1.8か月間の命は急に大きな意味を持ってくるものですね。


プロの腫瘍内科医(オンコロジスト)になるには
1) Research evidence(エビデンスの理解・実践)
2) Clinical expertise(自分の限界の把握とチーム医療)
3) Patient value(患者が大切にしたいこと・楽しみにしていることの尊重)

が必要だそうです。

勝俣先生は、「抗がん剤は使うメリットがある場合に使う」「治療方針による経過観察は放置療法と異なる」とブログでも書かれています。


どのような治療を受けるのか、どのような終末期を過ごすのか。


私も病気の家族がいた時、自分にその判断を迫られて随分と悩みました。
医師間、そして医師と看護師間にも見解の相違がありました。

腫瘍内科医は、日本に1,000人程度しかいないそうです。


74歳までにがんに罹患する確率は47%!


自分または家族ががんになった時、きちんと向き合って対話してくれる。価値観、生活や人生の質について耳を傾けてくれる。治療のプラス面とマイナス面について納得いくまで話してくれる。こんなお医者さまが側にいてくれると嬉しいですね。


患者の生活の質や人生の質について話し合い、人生を全うできるようにNarrative Based Medicineを実践する腫瘍内科医。日本でも、今後もっと増えてくることを切に願います。

他にも無料で配信されている動画セミナーは、とても勉強になります。
YouTubeでもセミナーのアーカイブを探せますが、英語版だとiTunes Uの各大学の講義が好きです。何だか、学生になったようでワクワクしますね!

Bp0oud9cqaazo63

                       Help me!  (出典: Twitter画像)



sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04

2015年7月22日 (水)

女だらけのXXXと第6回医学英語勉強会

7月20日、無事に第6回西日本医学英語勉強会を終了することができました。

今回はお昼休みをはさんで合計4時間という長丁場のセミナーでランチボックスの注文もあったため、初めて(主催者側という立場で)Peatixというチケット販売サイトを利用しました。

業務を簡略化するつもりが、入力ミス、支払い期限切れ、注文ミス等、かえって余分な仕事が増えてしまったかな。学生さんもいらっしゃるので、銀行振り込み料等の負担が参加者側に発生しないように配慮したつもりが、少し裏目に出てしまいました。初めて利用する方は、色々と戸惑われたようですね。



Seminar2
今回は3連休の最終日であり、またご家族・ご本人が体調を崩されて当日キャンセルまで出たのですが、医学英語のエキスパート押味貴之先生のご登壇とあって、関東、関西、九州と日本各地からご参加いただきました。医薬翻訳者の他、通訳者、医師、歯科衛生士、医学生、医療従事者と25名での会となりました。


台風通過直後に前日泊でご遠方から駆けつけてくださった女性陣と「女だらけの前夜祭」と銘打ってお食事会を開催!

個室で和食に舌鼓を打ちながら、ワイワイと大いにオフレコな情報交換で盛り上がりました!(フリーランス翻訳者は普段SNSで交流しているとはいえ、やはり対面での情報交換は貴重です!



11742820_455202151324681_53638100_3

そして、「医学英語論文抄読会を魅力的にする10のステップ:初心者からもできる医学英語論文の効果的な読み方」セミナーの日を迎えました。(もちろん、前夜はアルコール控えめ、二次会なしで勉強会に備えましたよ!)


P1010011


11722203_448834991961397_1556103111    セッティング前のコピー(@@;)



通常、セミナーの配付資料は枚数制限があったりするのですが、今回はセミナーの内容からしても制限を加えるべきではなかったので、合計70枚以上の資料となりました。なので、コピー・セッティングも数回に分けて行いました。参加人数が当日まで確定しない状態でコピーのセット数を決める時には経費の無駄を最小限にとどめるためにも頭を悩ませます

ただ、枚数は多くても資料に何かの解答が書いてあるわけではなく、「論文とは?」に始まった先生の質問に対して2人1組のペアになって回答を言い合いました。セミナーは、先生のご講義、「Go!」サインでペアでのアクティビティとテンポ良く進み、何と医学生が8週間で学ぶという内容をこの1回のセミナーで学ぶことができました


普段ぼんやりとした概念を言語化しようとすると、いかに自分が正しい理解を得ていなかったかがよく分かります。


Fullsizerender_2

お昼休みには、机を並べ替えて先生といっしょにランチタイム!アンデルセンのサンドボックスやピラフボックスをいただいた後は、残念ながら6月に急逝された元勉強会メンバーへの寄せ書きを作成しました。これまでの勉強会のお写真といっしょに初盆前後にお届けできればと思っています。


Dango_2

先生からは、前々日・前日と参加されていた学会の
開催地岡山の「きびだんご」の差し入れをいただきました!


Sweet
勉強会からは予算内でのご用意なので十分ではありませんが、毎回少しだけですがお菓子もご用意しています。今回は(ミニ)もみじ饅頭、クッキー、マシュマロ、(溶けにくい)チョコレートの詰め合わせでした。



後半のセミナーも終え、セミナー前にも配付された「Journal Club Course-Journal Club Skills: Can-Do Statement」。セミナー前には「できない」にチェックを入れていた多くの項目が、セミナー後には「できる」に変わっていたのは驚きでした!

当日習った関連事項は、以前書籍でも読んだ事項がいくつかありました。実に見事に脳内スルーしていたわけですが、たった1回のセミナーで体系的に頭に叩き込んでくださったのは、先生の優れた指導力のおかげです。論文、医学統計といった頭が痛くなるような内容にも関わらず、1分の無駄もない「楽しい」笑いにあふれたセミナーでした!

original article」、「special article」、「review article」、「editorial」、「correspondence」、「perspective」の区別も、論文の同定/推測、評価も今ならできそう!(←「そう」はいけませんね。「復習」を通して、実際の論文を効果的に読むことを「習慣づける」ことから始めます)


「刺激的」「楽しい」「ぼんやり積み上げていた豆腐が煉瓦に置き換わった感じ」「秘密の扉を開けた」「やり方のヒントも考え方のヒントもたくさんいただいた」「大ヒット」「私より若いのに何であんなに分かるの(笑)」
とたくさんのコメントが参加者から即時に返ってきたのは初めてかもしれません。


臨床の現場から医学英語のプロフェッショナルとしてご活躍の押味先生、個人的には「NHKプロフェッショナル 仕事の流儀」にぜひ出演していただきたいな~。


押味貴之先生、素晴らしいセミナーを本当にありがとうございました。


当日の内容については、参加者による報告書が完成次第、勉強会専用サイトに掲載する予定です。お楽しみに!


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村


2015年7月10日 (金)

最近買った本・読んだ本

いよいよ第6回西日本医学英語勉強会も近づいてきました!
(お申し込みはこちらから→ Peatix「第6回西日本医学英語勉強会」申し込み用サイト)


そして10月3日に開催予定の「プロジェクト京都2015」の準備もしているので、本を読んだり勉強する時間がなかなか取れません。隙間時間を見つけて、ボチボチと・・・(@@;)


今日は、最近買った本・読んだ本をご紹介します。


まず、「できるポケットEvernote基本&活用ワザ完全ガイド」。 最近、別の勉強会でEvernoteについて発表された方はいらっしゃり、はたと気づいたのでした。
そういえば、最近活用していないなと。

2年前に「時間管理」関連の発表をさせていただいた時には多少Evernoteにも言及していたというのに、身内の不幸をきっかけにすっかりと生活環境が変わってしまい、時間も仕事も新たに体系化していませんでした(反省!)。まずは、さっそく仕事関連での活用方法を見直していますよ!



そして詩人茨木のり子さんの「おんなのことば」。読んだのは数回目です。

自分の感受性ぐらい 自分で守れ ばかものよ

だんだんと見えない壁に押しつぶされそうになり、不運や人のせいにしそうになったとき、自らの身を正して凛とした生き方をしたいものだと気づかせてくれます。





また、手塚治虫先生の大人向けの漫画を続けて読んでいます。「奇子」。数奇な運命に翻弄された奇子と戦後社会の暗部、そして地方の閉鎖性。作家の小池真理子さんが、この作品を小説として発表していたら「泉鏡花賞」あたりを受賞していたに違いないと言われたとか。

読後感はずっしりと重いです。今の社会にも、そして周囲の人間模様にも通じる強烈なメッセージ性を感じました。





おなじみ「病気がみえる」シリーズの「循環器」編。基本的な内容が分かりやすくまとめられています。絵も多いので、手元に置いておいて随時不明点を確認するのにいいですね。





Newton 8月号
。特集は「毒とくすり、くすりの基礎、新薬開発の最前線」です。「アスピリンが痛みを止めるしくみ」「身近な病気の原因と薬が効くメカニズム」から「次世代創薬」「現在、全世界で開発中の新薬」まで分かりやすく書かれています。




そして同じくNewtonの「時間論」。kindle版です。まだ読めていません。
アインシュタインの「相対性理論」によると、時間は「伸び縮み」するそうです。
「自分にとっての10年が別の誰かにとっては1年にしかならない」という理論、興味津々です。




最近「認知行動療法」に関連した翻訳の機会がありました。あまり楽しいお仕事ではありませんでしたが(笑)、これはうつ病でなくても自己改善に使えるのではないかと思って買ってみました。

(注意:この療法はすべてのうつ病に有効な治療ではないので、患者さんは自己判断をせず、病院で個人にあった適切な治療の指示を受ける必要があります。)


自分の考え方(自動思考)が自分の感情や行動にどのように影響しているのか。


自動思考と現実とのずれに注目すると、精神的な開放だけでなく、私的時間や仕事時間の使い方・管理、効率的な睡眠の取り方、ひいては仕事の効率化等につながるかもしれません。

マイナス思考と上手につきあう 認知療法トレーニング・ブック」。

自分の「考え方の癖」って何でしょうね。




最後に「薬事法令ハンドブック承認許可基準」。
医薬品医療機器等法に関して発せられた承認許可関係の省令をまとめたハンドブック。

安価だし、紙媒体で手元に置いておこうと思って買いました。



Cilcwfgwgaav6h6  ああ、蒸し暑い... 助けて。。。(出典:Twitter)



sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

2015年7月 3日 (金)

前半期を振り返る

時の流れは早いもので、2015年も後半期に入りました

前半期を振り返ると、随分とめまぐるしい動きのあった半年でした。


45885599_480x270


米国から一時帰国した昔のお友達と20年以上ぶりに再会したり、また10月に開催される翻訳イベントの広報担当委員としての活動が始まったりと、慌ただしい半年でした。


本業以外の雑用も多く、正直とまどっています。
昨年勉強会を立ち上げたのも、SNSでのセルフブランディングなどによるプロモーションではなく、「真摯に勉強する」という翻訳者の本来あるべき姿に立ち帰りたいという気持ちもあったからです。

5月28日のブログ記事「失ったものと得たもの」で過去を振り返ったりもしましたが、やはり自分の人生は思うようには進んでいません


でも、「思わぬ」出会いや事態が今の自分を作ってきたと考えると、新たな動きを柔軟に受け入れて違った未来を期待することも楽しみですね。今の新しい出会いや活動の機会に感謝し、今後に活かしていきたいと思っています!



そして、今年の前半期は悲しい出来事で終わってしまいました。医薬翻訳者で、勉強会の仲間でもあったK子ちゃんの突然の訃報を受け、葬儀に参列するために岡山に行ってきました。


20140228_4d11a0


ご家族の深い悲しみを考えると、本当に胸が痛みます。

ただ、ご実家を出て他県で一人暮しをしていた彼女が、一月前には故郷に帰ってご家族の誕生日を祝い、同窓会にも出席されていたのは、結果として親しき人達に対面での挨拶をする機会となりました。また、FBで最後の書き込みとなった日、転んで出血した男の子を救急車が来るまで宥めていたという投稿記事を拝読すると、何だか善行をもって一生を終えたようで、とても素晴らしい人生を駆け抜けたようにも感じます。


人は誰しも何らかの役割があって生まれてくる


私がこの言葉の意味を考えるきっかけとなったのは、神戸市で起きた連続児童殺傷事件でした。

なぜ、罪のない子供達が、このような悲しい最期を迎えなければならないのか。世の無常を感じずにはいられませんでした。

それから、ある本で、この事件をきっかけに少年法が50年ぶりに改正されたことに触れ、犠牲となった子供達は大きな役割を社会で果たしたので無駄死にではない旨の文章を読みました。


そして現在、この事件の加害者による手記「絶歌」の出版是非をめぐって議論が起こっています。「表現の自由」「人権侵害」「更正」「営利優先」等、社会が抱えるさまざまな問題点が浮き彫りになっています。

この「元少年A」の役割は?


そして、私は今までどんな役割を果たしてきたんだろう。



Images_2


仕事中の深夜、カーテンを開いて窓を大きく開けると、真正面上空には大きなお月さま

お月さまの明かりは温かく、優しくセンチメンタルな心をそっと包んでくれます。夜明け後に、西の空にそっと沈んでいきました。朝まで一緒にいてくれてありがとう、お月さま(^_^)。


私の大事な人達、社会で大した役割を果たさなくてもいいから、いつまでも元気でいてね
凡人の密かな願いでした♡ さあ、後半期、しっかりとガンバロウ!!



sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »