« 前半期を振り返る | トップページ | 女だらけのXXXと第6回医学英語勉強会 »

2015年7月10日 (金)

最近買った本・読んだ本

いよいよ第6回西日本医学英語勉強会も近づいてきました!
(お申し込みはこちらから→ Peatix「第6回西日本医学英語勉強会」申し込み用サイト)


そして10月3日に開催予定の「プロジェクト京都2015」の準備もしているので、本を読んだり勉強する時間がなかなか取れません。隙間時間を見つけて、ボチボチと・・・(@@;)


今日は、最近買った本・読んだ本をご紹介します。


まず、「できるポケットEvernote基本&活用ワザ完全ガイド」。 最近、別の勉強会でEvernoteについて発表された方はいらっしゃり、はたと気づいたのでした。
そういえば、最近活用していないなと。

2年前に「時間管理」関連の発表をさせていただいた時には多少Evernoteにも言及していたというのに、身内の不幸をきっかけにすっかりと生活環境が変わってしまい、時間も仕事も新たに体系化していませんでした(反省!)。まずは、さっそく仕事関連での活用方法を見直していますよ!



そして詩人茨木のり子さんの「おんなのことば」。読んだのは数回目です。

自分の感受性ぐらい 自分で守れ ばかものよ

だんだんと見えない壁に押しつぶされそうになり、不運や人のせいにしそうになったとき、自らの身を正して凛とした生き方をしたいものだと気づかせてくれます。





また、手塚治虫先生の大人向けの漫画を続けて読んでいます。「奇子」。数奇な運命に翻弄された奇子と戦後社会の暗部、そして地方の閉鎖性。作家の小池真理子さんが、この作品を小説として発表していたら「泉鏡花賞」あたりを受賞していたに違いないと言われたとか。

読後感はずっしりと重いです。今の社会にも、そして周囲の人間模様にも通じる強烈なメッセージ性を感じました。





おなじみ「病気がみえる」シリーズの「循環器」編。基本的な内容が分かりやすくまとめられています。絵も多いので、手元に置いておいて随時不明点を確認するのにいいですね。





Newton 8月号
。特集は「毒とくすり、くすりの基礎、新薬開発の最前線」です。「アスピリンが痛みを止めるしくみ」「身近な病気の原因と薬が効くメカニズム」から「次世代創薬」「現在、全世界で開発中の新薬」まで分かりやすく書かれています。




そして同じくNewtonの「時間論」。kindle版です。まだ読めていません。
アインシュタインの「相対性理論」によると、時間は「伸び縮み」するそうです。
「自分にとっての10年が別の誰かにとっては1年にしかならない」という理論、興味津々です。




最近「認知行動療法」に関連した翻訳の機会がありました。あまり楽しいお仕事ではありませんでしたが(笑)、これはうつ病でなくても自己改善に使えるのではないかと思って買ってみました。

(注意:この療法はすべてのうつ病に有効な治療ではないので、患者さんは自己判断をせず、病院で個人にあった適切な治療の指示を受ける必要があります。)


自分の考え方(自動思考)が自分の感情や行動にどのように影響しているのか。


自動思考と現実とのずれに注目すると、精神的な開放だけでなく、私的時間や仕事時間の使い方・管理、効率的な睡眠の取り方、ひいては仕事の効率化等につながるかもしれません。

マイナス思考と上手につきあう 認知療法トレーニング・ブック」。

自分の「考え方の癖」って何でしょうね。




最後に「薬事法令ハンドブック承認許可基準」。
医薬品医療機器等法に関して発せられた承認許可関係の省令をまとめたハンドブック。

安価だし、紙媒体で手元に置いておこうと思って買いました。



Cilcwfgwgaav6h6  ああ、蒸し暑い... 助けて。。。(出典:Twitter)



sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

« 前半期を振り返る | トップページ | 女だらけのXXXと第6回医学英語勉強会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

手塚先生の『奇子』、はじめて読んだとき、たぶん20歳前後だったと思うけど、よくわからなかったです。その後、たぶん10年くらいたってから、そうか、そういうことが描きたかったんだって、少し理解できたような。

手塚先生の人生の後半において、もしかしたらお忙し過ぎて、作品を十分に描き切れていなかったのかもと勝手に思います。『火の鳥』もそう。

そんななかで、大好きなのは『空気の底』と『鳥人体系』です。今、調べてみたら1970年前後の作品なんですよね。つくづく、手塚治虫という人の凄さを感じます。もし、まだ未読でしたらお勧めです。

って、ごめんなさい、『奇子』に過激に反応してしまいました@大昔(10代後半から20歳ちょいまで)、手塚ファンクラブの会員でした。

baba-nekoさん、コメントをありがとうございます!
手塚ファンクラブの会員でしたか!すごいですねw(゚o゚)w。

私は「ブラックジャック」等は知っていたとはいえ、大人向けの漫画はほとんど読んだことがありませんでした。なので「リボンの騎士」とか「ジャングル大帝」等のイメージが強かったですね。

大人向けの漫画を読むようになって、現代の社会、地方の閉鎖性、医学会・医療業界も、まるで当時から見透かされていたように感じました。

『空気の底』と『鳥人体系』、まったく読んだことがありません。何だか、楽しみが増えました。ありがとうございます!
また、色々教えてくださいね~♡。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581497/61861918

この記事へのトラックバック一覧です: 最近買った本・読んだ本:

« 前半期を振り返る | トップページ | 女だらけのXXXと第6回医学英語勉強会 »