« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月18日 (金)

プロジェクト京都の聴きどころ(2)-JATの強みは医薬翻訳!

2015年10月3日に開催されるプロジェクト京都2015

登録締め切りは9月25日(金)午後11:59(日本時間)です!!


さて、JATといえば医薬翻訳のセミナーに定評があります。

私は15年以上JATの会員なのですが、高い交通費や宿泊費を払ってまでセミナーに参加するようになったのはJatPharmaに入会後でしょうか。


JatPharma(JAT製薬翻訳分科会)が正式発足したのは、2012年地元広島で開催された第23回英日・日英翻訳国際会議(IJET-23)の時でした。

その時、分科会開催のお世話をされていたのがBen Tompkinsさん
初めて拝聴したTony AtkinsonsさんLee Seamanさんの講義の素晴らしさは忘れられません!

その時にお会いしたメンバーとは以降、関東や関西のセミナーや「西日本医学英語勉強会」ワークショップでお会いしたり、情報交換をしたりとご縁を育ててきました。



flag今回一番の目玉は、何といってもBenさん・森口さんによる「審査報告書を訳そう」のセッションです!
JATは英語のネイティブスピーカーが多いので、英日翻訳をメインとする日本人翻訳者には敷居が高いと感じる方もいらっしゃるようです。


Klm4qv5i_400x400
                                      Ben Tompkins さん


Img_9843small
                                   森口 理恵さん



が、そんな心配を解決してくれるのが、英語話者、日本語話者のそれぞれの立場から文章を読み解くというこの画期的なコラボ企画!セミナーが2倍有意義になることは、すでに昨年開催されたJatPharmaで実証済みです。


また、医薬翻訳は医学・薬学・医療機器の分野が大きく細分されるので、医薬品医療機器総合機構(PMDA)関連資料を訳したことのない翻訳者さんも多いかと思います。

こういうセミナーの機会に未知の文書を学んでおくことも、後から自分の守備範囲を広げることに大いに役立ちます。


私も、仕事をする時に過去のJatPhamaの資料を取り出して再読することがありますよ!


そして、私の個人的な一押しは


flag原爆被爆者における加齢に関連した生体指標の上昇と放射線被曝の影響
by 林 奉権 さん

Images_12

広島は今年被爆70周年を迎えました
福島第一原発事故による放射性物質拡散の問題もあり、「放射線」は大きな関心事です。また、広島に住んでいながら放射線の長期的後影響について何も知りません。


林先生は翻訳者ではなく、(公財)放射線影響研究所の研究者です。「西日本医学英語勉強会」設立時からご参加いただいていますが、温厚でとても素敵なジェントルマンです。実はまだ先生のお話を拝聴したことがありません。コホート研究による先生のご講義を他のメンバーと共に楽しみにしています!


flag医療専門翻訳者にとって新しい可能性を拓く医療通訳
by 竹迫 和美 さん

医療通訳」に興味のある医薬翻訳者さんはたくさんいらっしゃるようです。「聴く」「話す」の強化により、口語表現の医薬文書の翻訳スピードアップにも繋がります。また、専門性も学んでいる医薬翻訳者こそ、もっと「医療通訳」の分野にも進出していくべきではないでしょうか。



flagCompare and Contrast: Written Poster and Oral Presentations
by Dr. Anthony Foong


医薬分野の原稿は、論文作成、ポスター発表、口頭発表と原稿の発表方法で手法が異なります効果的な翻訳法をぜひ勉強しておきたいですね!

さて、ご登壇者のアンソニー・フォン先生は京都薬科大学の教授でいらっしゃいます。翻訳の先生や製薬企業からのご登壇者から教えていただくことは多いのですが、大学の先生から学べる機会は貴重ですね。


また、先生の書かれた「Anthony先生の耳で覚える薬学英語」。

積ん読をもう少し解消したら、ぜひチャレンジしたいと思っています!



Challenge
京都に行くまでに仕事は仕上がるのか、と修羅場のどん底で書いているのですが、「チャレンジや!」と毅然と立ち向かいますにゃ!

sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

2015年9月 7日 (月)

プロジェクト京都の聴きどころ (1) 落語やで~!!

プロジェクト京都2015」の開催まで、あと1カ月を切ったんどすえ。


日本翻訳者協会(JAT)設立30周年に当たる今年の10月3日(土)、4年ぶりの国際翻訳セミナーPROJECTが京都テルサで開催されるんや。みなはん、ご登録はもうお済みどす?

僭越ながら、広報担当実行委員として「プロジェクト京都2015
の聴きどころ」をご紹介しますさかい、まだ迷っている方、チェックしてみてや。



Webサイトはこちらから  →    プロジェクト京都2015



11926468_811270845657076_2513757011


まず、うちがおもろそうやな~思うのはダイアン吉日はんの落語どす!


日本語での「笑い」、これを英語でどう伝えるんやろ。ダイアンはんのセッション「Not Getting Lost in Translation」 では、その細かい翻訳プロセスを披露してくだはるんやて。



まずは、ダイアンはんのオフィシャルプロモーション動画があるから見てみてや。




ダイアンはんの公式Webサイトはこちらから →   
ダイアン吉日



おもろそうやなー(^_^)。ほやけど、大きな声で言えんけど、うちは参加できへんのや
。医薬翻訳者やさかい、ずっとPharmaのセッションで勉強する予定やし... ( ̄。 ̄;)。。


そんな人にも朗報やで!


午後6時30分から「
新・都ホテル」で開催される「JAT30周年記念祝賀パーティー」は、何とダイアン吉日はんの落語(30分)でスタートするんや!楽しみやな~。


笑いに、美味しい料理に、全国そして海外からの翻訳者さんとの交流!


最高や!

フリーランスで家にひきこもりがちな翻訳者。仲間を作って情報交換するのは、仕事に役立つだけでなく、人としても大事かなー、思いますえ。


あんまり壁の中ばかりにいると、社会での常識なくしそうや。
うちも仲間がいるから、反省したり、励まされたり、時々偉そうに意見したり、バランス保ててるんやー思います♡

それに翻訳会社さんも来てはりますから、新たなビジネスチャンスが生まれることもありますえ。お名刺は持って行っておくれやす。


ほな、次は医薬翻訳関連をご紹介する予定どす。


Rumor
京都、京都って当分うざそうだにゃーにゃーにゃー。 言わせておけにゃ。



sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村


« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »