« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月22日 (日)

JatPharmaセミナー参加~勉強時間の確保は?

大阪で開催されたJatPharma
11月13日開催だったので、もう10日余り経過してしまいましたが簡単にレポートしてみます。

この日の目玉は、何と言っても田辺三菱製薬株式会社への企業訪問と意見交換会!


会長様のご挨拶から参加者の自己紹介へと続きました。

1カ月前、プロジェクト京都2015でJatPharmaセミナーが開催されたばかりです。参加前からTwitterやFBで参加を確認し合っていた友人も結構いたので、お馴染みの顔ぶればかりかと思っていました。

が、初めてお目にかかったネイティブスピーカーの方、2年半前IJET広島開催時に設立された第1回JatPharmaでお目にかかった翻訳者さん、大阪開催のJTF医薬セミナーでお目にかかった翻訳者さん、
翻訳会社の関係者様等と、いつもと違った顔ぶれの方々も参加されていました。



田辺三菱史料館では、可愛い中学生による説明も一部受けながら下記の所蔵品等を見学しました。



12241265_495938020584427_5260879013

日の出鶴銅板額」 局方薬についても規定純度よりも特に優秀な品目には日の出鶴印の商標が付されていたとか。品質保証ということですね。

12246815_495938033917759_5787129073
一日一粒がセールスポイントだったという肝油「ハリバ」。レトロな絵で可愛い!




12208278_495938063917756_4084145538 この「バーチャル解体新書」では、
体のしくみや薬の効き方が3D映像で説明されます。薬に関するクイズを楽しめるコーナーもありました。


見学の後は「製薬会社のこれからの翻訳ニーズ」について、大型案件対応時を例にとって具体的な手順を伺うと同時に、質疑応答の時間もありました。

そして、場所を移動して


森口理恵さんとリー・シーマンさんによる「できる翻訳者の秘策・グルーバルイングリッシュとネット検索の合わせ技」


Ben Tompkinsさんによる「Felix翻訳支援ツールと素晴らしいワークショップが続きました。

12249994_495802183931344_60766319_2

夕食は夜の9時過ぎくらいからアメリカン・フード

実は休憩時間に差し入れのお握りを食べていたので、このビッグサイズのフィッシュ&チップスを食べると翌日は2食しか食べることができませんでした(..;)。。



12219557_495939543917608_62403301_2


問題は、食事ではなく、こうして先生方が教えてくださった色々な情報や裏技がどこまで自分の仕事に生かされているんだろうということです。


復習

しました!でも短時間です。
データベースの作成等、整備できていません。

自分に欠けているもの、特に大事なTips等をリスト化・視覚化して、いつも確認できる状態にしておくことが必要かもしれません。


勉強時間の確保は、本当に難しいですね。


医薬は、学んでも学んでも奥が深い。翻訳技術以外にも医学自体が日進月歩の世界なのだから、到達点がありません。(だからこそ、面白いとも言える!)


学習内容にも優先順位を付け、どこまでを成果としての目標とするか。


来年は、もっと仕事だけでなく勉強のログもしっかり取って計画を立てなければいけないな~。

次回も学習計画について書こうと思います。


Cjosqwzucaahkip
よく寝た方が学習効果も仕事の品質もUP!!ですにゃ~。



sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

2015年11月12日 (木)

第8回西日本医学英語勉強会のお知らせ

第8回西日本医学英語勉強会の詳細が決定しました!

2015年12月6日(日)13:30~17:00に、広島市のJMSアステールプラザにおいて公益財団法人放射線影響研
究所から出身・医学出身の研究員2名をお迎えし、論文を中心とした「疫学」のセミナーを開催します。



0494_2


Session 1:原爆被爆者における免疫/炎症への放射線被曝の影響と個人差

Session 2: 論文からのメッセージをとらえる




↓ 詳細は、「西日本医学英語勉強会」専用サイトのNEXT WORKSHOPをご覧下さい。

flag西日本医学英語勉強会



既にFBイベントから参加表明されている方には、医薬翻訳者だけではなく、看護師やライターの方等も含まれています。
「放射線
」「疫学論文という興味深いトピックの下、異業種のメンバーだからこその様々な質問や活発な意見交換の場となれば幸いです!


◎事前に予習資料としての論文データを配付する予定です。
その他、放射線の基礎知識・関連用語等のリンクもお知らせしています。


皆さまのご参加を心からお待ちしています!



さて、明日はいよいよJatPharmaイベントの開催日です!田辺三菱製薬(MTPC)を企業訪問します。
田辺三菱製薬史料館を見学後、本社にて懇話会があります。



あっ、見学前に会長様のご挨拶やメンバー自己紹介があるとか。。。

少々ビビっております(汗)。フリーランスだとビジネス仕様のお洋服もないな~と翻訳女子数名、深夜にかけてTwitterで相談していました。


Cs0nyhxveaawgs5
来年に向けて、お仕事にも福を呼ばないとニャ!!



sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

2015年11月 7日 (土)

JTFジャーナルに寄稿しました>勉強会補足事項


一般社団法人日本翻訳連盟(JTF)の機関誌「日本翻訳ジャーナル」No.280がリリースされています。


異業種による学びの場「西日本医学英語勉強会」』の記事を寄稿させていただきました。
ぜひ、ご一読ください。



201511031247_8300x0
201511031247_9300x0

↓Web版はこちらから
shine

異業種による学びの場「西日本医学英語勉強会」



また、日本翻訳者協会(JAT)副理事長であるBen Tompkinsさんプロジェクト京都2015JAT30周年記念祝賀パーティーに関する記事を寄稿されています。

JAT's PROJECT Kyoto 2015 and the JAT 30th Anniversary Extravaganza



トップページ表紙画像部分をクリックすると、記事全体をPDF版としてダウンロードできます。
編集も異なるので、PDF版は読みやすいですね。JTF翻訳セミナー報告「医薬翻訳の品質を支える一流の仕事術」など興味深い記事もあるので、ダウンロードしてゆっくりお読みになることをお勧めします!

↓下記ページを開いて画像部分をクリック!

日本翻訳ジャーナル


記事を提出したのは「十人十色」「プロジェクト京都2015」の直前でした。深夜0時が締め切りだったのですが、1分前くらいに滑り込みセーフ!!


文字数制限があり、肝心の「4) 今後の課題」が十分に書き切れませんでした。
来年度は、これまでのワークショップ形式と同様にメンバーレベルでの発表を導入する予定です。
たとえ専門性がなくても、自分が興味を持ったトピックについて調査・勉強し、内容をまとめて発表という形でアウトプットする。そしてそれを基に参加者で意見交換をしたり補足事項を加えたり、時にはペアワークや演習という形に展開する。

そんな参加者主体の回を織り交ぜていければと思っています。


「今の仕事に直接関係あるから勉強する、参加する」
そんな姿勢ではだめだね、と東京の勉強会のYokoさんと話したことがあります。


ニーズが生じてからでは遅い。学ぶチャンスがあった時に先取り学習をする」ことも必要であるし、「アウトプットがないと、なかなか新しい知識は定着しない」とも話しました。


そして、来年は無理か
と思いますが、いつかメンバーで医学や医療に関連した訳本を電子出版という形でも出せればいいなと思っています。
今年、情報を求めているご家族には大変心強いものとなるであろう医療関連本のトライアルを受けるチャンスがありましたが、収入上の問題を考えて辞退してしまいました。

でも、いつの日か、少しでも社会に貢献できるような本をメンバーと作れれば嬉しいな~(←得意の妄想に終わりませんように(..;))。





100%賛同とはいきませんが、来年の私に必要なのは最小の時間で成果を最大にするエッセンシャル思考」!付箋だらけになってしまいました。ポイントを書き出して、まとめてみるつもり。




予約中の anan人生が動き出す、ターニングポイントの作り方」。

決して羽生結弦さまの特大ポスター目当てに購入するわけではありません(キリッ)!
転機を迎えた有名人のインタビュー思考術にボディワーク法手帳やSNS活用メソッドなど550円で十分に楽しめそうです♪



sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

2015年11月 1日 (日)

勉強会サイト更新 & 最近買った本

西日本医学英語勉強会のサイトを更新しました

まずは第7回勉強会の報告書をUPしています。

Ht8ip0luozefrrtct2owcw31yo1hpa2q9fi

そしてメンバーによるリレーエッセイはNo.7を公開しています。

歯科衛生士K.Y.さんによる「転んで見えた世界」。海外旅行中に病院を受診したことがきっかけで「医学英語」を学ぶようになったというK.Y.さん。一市民として、一医療従事者として研鑽を積まれている姿勢が素晴らしいですね♪ ぜひご一読くださいませ。

Ussmall

さて、翻訳者の間では来年の手帳選びの話題で持ちきりですが、私はまだ決めていません。

今年メインで使用したのは日経Womanと日本能率協会マネジメントセンターが共同開発したNoltyキャレルでした。

私にしては工夫して使用したつもりですが、手帳そのものよりも「付箋」の持つ柔軟性に助けられました。

平本あきおさんの『フセンで考えるとうまくいく:頭と心が忙しい人のための自分整理術22』にある思考術を参考にしました。


が、来年はもっと時間管理をするとともに、仕事以外のライフログも取っておきたいところ。そして、思考だけでなく全ての整理整頓を日常から習慣化したい。


The 21
ストレスゼロの整理術』と日経WOMAN11月号を読んで、ほぼ頭の中で考えがまとまってきました。もう一度手帳売り場に行って確認したら決まるかな~(^_^)。



最近、他にぽちった本は



Newton 12月号

ノーベル物理学賞 梶田博士の「ニュートリノを徹底解説!」、ノーベル医学・生理学賞 大村博士の「数億の人々を救った薬とは?」とともに「酵素」の徹底解剖の記事があります!

エイズ治療薬を発見した男 満屋裕明
まだ読み始めですが、「長生きの薬」を見つけるという母と交わした約束を果たすため研究に没頭し、エイズ治療薬を世界で初めて発見した満屋博士。とても面白い!





単純な脳、複雑な「私」
脳科学の
市民講座に参加したり、うつ病の「認知療法(認知行動療法)」について訳したりした経験から、「」や「」にとても興味があります。

心はいかにして生み出されるのか」。『進化しすぎた脳』の著者である池谷祐二さん自ら「一番好きな本」と語っているこの本、結構なページ数があるのですが早く読破したいですね!

医学英単語(メディエイゴ編集部)
基本中の基本の英単語なのですが、仕事でも専門用語はコピペをするし、まして発音する機会等ありません。音とともに確実にものにすれば、翻訳スピードにも良い影響が出るかな~。




人生つれづれニャるままに 兼好法師

かつでプーさん本で孔子の教えを学んだように、「つれづれなるままに生きる可愛い猫」の写真とともに、名随筆の中にある人生を楽に生き抜く知恵を学びます。

この本は一気にではなく、仕事の合間に楽しみながら読みました。該当する「徒然草」の原文の段は本の最後にあるのですが、こちらはよく分かりません(..;)。。


そうそう、来年はポチった本、読んだ本のログもしっかり取って、積ん読本も減らしたいところ。お勉強ログも忘れず、「忙しい」を言い訳としないようにします!


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »