« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

第9回西日本医学英語勉強会のお知らせ

2016年2月21日(日)13:30から、第9回西日本医学英語勉強会を開催します!



勉強会専用サイトのNEXT WORKSHOPを更新しました。詳細はこちらから ↓


sunnew西日本医学英語勉強会 NEXT WORKSHOP

2セッション制となっています。


Session 1:Workshop on Felix, a Free, Powerful, and Easy-to-learn Computer Assisted Translation Tool
登壇者はBen Tompkinsさん日本翻訳者協会(JAT)の副会長・副理事長でもあり、Tompkins Biomedical Communications K.K.代表として医薬翻訳を手掛けられています!


Ben_4

当日プレゼン予定のコンピュータ翻訳支援ツールFelixは、誰でも使えるユーザーフレンドリーなツールです。350ドルしたツールが現在オープンソース(無料)になっています。

私は、他人の訳文をメモリとして使う仕事は受けていません。

マッチング・ファジー率で減額があるとはいえ、そういうお仕事は基本的に大型案件が多く、レギュラー化等を提示されることもあって「おいしい」仕事になることもあります。

が、作業中のフラストレーションは個人的に耐えがたいものであることを経験済みなので、あくまでも個人の作業のスピードアップ、訳語統一、品質改善、グロサリ作成・管理等に役立てています。

人の目でのチェックには限界がありますね。そんな時、ツールが統一すべき用語や同一または近似した文章を提示してくれます。

もちろん、ツールとて万能ではありません。ツールと個人はあくまでもパートナー。相互に補い合う関係と考えています。

まだ検索だけに頼っているとしたら、時間だけでなく品質改善の機会を失っていることになるかもしれません。

まずは、Felixで自分の訳文・用語をメモリ化し、資産として役立ててみませんか。(もちろん分野は医学に限定しません。)


Session 2:
日本人の英文、三つの留意点


登壇者は、柳瀬大輔さん

柳瀬先生は、京都大学農学部卒で、化学企業で農業の研究開発や医薬品中間体の品質管理をご経験後、製薬会社に転身され、現在は翻訳会社サン・フレアで医薬関連の翻訳や文書作成の監督・品質保証や人材育成を担当されています


Dy_3


日本語と英語の決定的な違いは
「語順、主語、動詞」と指摘される柳瀬先生が、当日どのように「日本人が自然な英文を書くための留意点」をご説明くださるか、今から楽しみです!

先生にはJatPharma(JAT製薬翻訳分科会)でも大変お世話になっています。

今回も会の趣旨やターゲット層を考慮してくださり、勉強会仕様の誠実なご準備をしてくださっています

既に、今回の勉強会にはBenさんを含めネイティブスピーカーが3名参加予定です。

ネイティブの意見交換もあったりと、白熱セミナーになりそうな予感\(^^@)/。


また、当日は30分程度、セミナー内容以外にも自由に話し合える時間を設ける予定です。
英日専門の翻訳者さん、また翻訳者だけでなく他業種で英文を取り扱われる方からも、積極的なご質問やご意見をお待ちしています!



Dinner2
  ランチ会は、もちろんお好み焼き!食べにきんさい♡

sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

2016年1月29日 (金)

翻訳事典2017インタビュー掲載!

1月28日に、翻訳事典2017年度版(株式会社アルク)が発売になりました。


Img_3923_2

翻訳で活きる人 ヒト ひと」というコーナーに、私のインタビュー記事が掲載されています。



「制約があっても、貪欲に学び続けてきたからこそたどり着いた道がある」



これは、インタビュアーのライターさんがつけてくださったタイトルです。


Arc_2

自分で自分の翻訳生活を振り返る記事は2年半前にJTFの日本翻訳ジャーナルに寄稿させていただいたのですが、ライターさんが書かれた自分に関する記事を読むと、とても不思議な気持ちになります。





普段、あまり後ろを振り返らない私(←反省がないのか、自分?)。

なので、このように自分の翻訳生活を振り返る機会をいただくたびに、正直、少し苦しくなることもあります。



翻訳も人生も、色々なことがあったなーw(汗)



昨年の翻訳事典2016年版プロ翻訳者の仕事場レポート」にも少しレポートを掲載していただいたのですが、(株)アルクさんには四半世紀前(笑)、有名な「ヒアリングマラソン」の成績優秀(大笑)完走者として会報誌に記事を掲載していただいたことがあります。


その時の写真がこれ ↓



Christmas_4


もちろんフリーランスになる大分前なのですが、あれから自分、何やっとんねん!!


現時点にはたどり着いたかもしれませんが、まだ何も成していないし、何も満足していません。飢餓感が大きい (..;)。。




♪ あれから僕たちは
♪ 何かを信じてこれたかなぁ
♪ 夜空の向こうには
♪ 明日がもう待っている



夜空ノムコウ
作詞:スガシカオ



SMAPさんの「夜空ノムコ」の心境かも。

でも、どんな時にも、飢餓感が大きくても、やめようと思ったことは一度もありません。


翻訳は良きパートナー。

「何やっとんねん!」と自分に自分につっこみながら、そして時には初心に戻りながら、これからもがんばっていこうと思います。



ライターさんは、医薬関連の記事を多く手掛けていらっしゃる方で、時には私がインタビュアーとなってしまい、1時間半程度の予定だったインタビューが倍以上かかってしまいました。

長時間のおつき合い、そして素敵な文章を書いてくださり、本当にありがとうございました。


「翻訳事典」には、他にも、翻訳者を目指す方への「わたしの提言」、「辞書環境」のお話、「翻訳志望者&翻訳者のパソコン基本のツボ」、「アルク翻訳大賞審査結果」等、お役立ち情報が満載です!ぜひ、お読みください。




なお、「パソコン基本のツボ」の執筆者である小林晋也さんのPC講座を、「西日本医学英語勉強会」主催で5月22日(日)に開催予定です(於 広島)。中国地方の方、仕事に必要なPC環境を見直す絶好のチャンスです!お楽しみに\(^^@)/

sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

2016年1月18日 (月)

第8回勉強会報告書(Session 2のみ) & JTFジャーナル

2015年12月6日に開催した第8回西日本医学英語勉強会の報告書をUPしました。


今回はSession 2の「論文からのメッセージをとらえる-小児におけるCTによるがんのリスク-」の報告のみです。


福岡からご参加くださった中山さまから報告いただきました。
詳細な報告をありがとうございました!


勉強会専用サイトのReportsからお読みください↓


西日本医学英語勉強会 Reports



Session 1の方は、まだ報告予定者からレポート未提出の状態ですので、提出があり次第UPする予定です。(ご登壇者である林先生の素敵な笑顔の画像を1枚UPしています。癒やされながら、お待ちくださいね!)



また、一般社団法人日本翻訳連盟 機関誌である「日本翻訳ジャーナル」最新号(1/2月号)が発行されています!



Web版はこちらから↓


JTF JOURNAL 最新

201601130726_2


私はまだ読めていないのですが、

25周年記念JTF翻訳祭開催報告

製薬企業のメディカルドキュメント:翻訳の重み

グローバル申請で求められる医薬翻訳の品質

翻訳会社が語るISO 17100認証取得の体験談

JTFセミナー報告『辞書・コーパス・用語集』最新情報」等、興味深い記事がいくつもあります。


私は前号(2015年11/12月号)に「異業種による学びの場『西日本医学英語勉強会』」の記事を寄稿させていただいたのですが、昨日、紙版が郵送で届いたので驚きました。



201601140830_1

Img_3877_5


数年前、同機関誌に記事を掲載していただいた時には紙版を見ていません。

やはり、冊子となった記事を読むのはいいものですね!
JTF事務局の皆さま、ありがとうございました。

セミナーのDVDの購入予定もあるので、よろしくお願いいたします♪
今年は「翻訳祭」に行きたいな~♡





P504dscf1069_2
第9回勉強会は2月21日(日)13:30から!詳細は、近日公開予定ですにゃ。



sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

2016年1月13日 (水)

Excelで目標の細分化!

前回、目標の大枠を決めたので、目標の細分化と実現のために必要なアクションを書き出してみることとしました。


まずはかなえたい夢を100個書き出してみます!(今年のメイン手帳はEDiTかジブン手帳にするかで悩みました。
ジブン手帳には「人生でやりたい100のリスト」が設けられているようですね。)


私は、数年前にも拙ブログでご紹介した「日経WOMAN 夢をかなえる★テンプレート」(Excel)を使用しました。


Wm01_tut_img02_2

残念ながら、今年も40個しか書くことができませんでした。夢がない人間なのか、現実を踏まえているのか....( ̄。 ̄;).... 


そして、各夢を「知識」「愛」「豊かさ」「財産」「美」「健康」「仕事」と分類したのですが、「愛」「美」の項目数が極端に低い~(汗)。


「愛
」・・・・う~ん...(>.<)....十分にラブを感じる毎日なので、満足しているから求めていない(爆)...ということにしておこう(笑)!

「美」・・・・これは、反省です。引っ越しをして、鏡の位置が適切でないこともあって、あまり鏡を見ないし、お洋服もあまり買わない....。風邪を引きやすい体質だし、アレルギー性気管支喘息っぽいので、マスクをして外出することも多い(<芸能人か、自分)。それにフリーランスだと、人に見られているという緊張感も少ない...ですからね。




flag使い方、シートの概要はこちらから ↓





各項目ごとに最重要の夢をひとつに絞ったら、夢実現のために必要なアクションを3つ決めます。

毎月、可視化(明細)シートに入力したものが数値化されます!行動目標を見直して、時系列化していくといいですね。




とりあえず、現時点では目標と必要なアクションのページを印刷して各手帳に貼り付けてみました。



Techo

EDiT見開き。左側手帳カバー部分にはシールや付箋を収納。右側に目標を貼り付けています。画像は各項目にイメージ画像を入れているので、見るのも楽しい!



大きなブックマークはブログ「女は翻訳でよみがえる」の猫先生からいただいたアイスランドのおみやげ!大きいので重宝しています。猫先生、ありがとですにゃー(=^..^=)!

「ムーミン」のブックマークは、「南インドのこどもたち」の写真展を開催された青木先生からいただいたもの。マグネットタイプなので超便利!青木先生もありがとうございます♪



新年以来「記録をとる」は順調に実行している私ですが、「予定」と「結果」の誤差に驚いています。「予定を狂わしている」ボトルネックを分析する必要あり!



そんなこともあり、現在読んでいるのは ↓




日経ビジネスアソシエ2016年2月号
今年こそ"時間ビンボー”から卒業! "生産性10倍”の時間術



経営者から学ぶ「時間マネジメント」、「仕事時間攻略法」、「1日24時間有効活用術」等、興味深い内容がもりだくさんです。


Bdv5xwvcuaa_vaa_2
こんなことにならないようにゃ!お金も時間も「ご利用は計画的に」!(出典: Twitter)


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

2016年1月 7日 (木)

2016年はエッセンシャル思考で!!

新年あけましておめでとうございます!

既に1月7日なのですが、諸事情で更新できませんでした。

実は、今年の目標も細分化できていません(..;)..。

決まっているのは大枠のみ。

2016年は

1. エッセンシャル思考を実行する


「99%の無駄を捨て、1%に集中する」方法について書かれた『エッセンシャル
思考』という本があります。




Fullsizerender

昨年読んだ時、「新年の方針はこれだ!」と思いました。(付箋だらけです...)
私の本の帯では「8万部突破!」となっていますが、現在は「12万部突破」のようです。



著者は、シリコンバレーのコンサルティング会社THIS Inc.のCEOで、Apple、Google、Facebook、Twitter等の企業でアドバイザーを務めているグレッグ・マキューン氏

翻訳は「スタンフォード大学で一番人気の経済学入門」(池上彰監訳)、「ウォール街の物理学者」、「強いチームはオフィスを捨てる」等の訳書でも有名な高橋璃子さん

人間は欲張りなものですから、あれもやりたい、これもやりたいと考えがち。
また人間関係にも必要以上に縛られ、その結果、仕事を増やしてしまうことも多々あります。


          


本書から一部抜粋すると

「やらなくては」ではなく「やると決める」。
「どれも大事」ではなく「大事なのはめったにない」。
「全部できる」ではなく「何でもできるが、全部はやらない」。

出典「エッセンシャル思考」



私にとって、仕事で一番大事なことは「利益を上げる」前に「品質を高める」こと。
他にも自分が人生で大事にしたいことを明確にしたら、何がボトルネックになっているのか、それをリストアップしてようと思います。(ボトルネックは非公開予定 笑)

人と同化しないことで「嫌われる」勇気も大事かな~。
(思えば、昔からそういう人が好きでした。今度は自分がそういう人になる勇気を持ってみよう!)


「捨てる」「捨てる」といいながら、周りのお友達には「私を捨てないで!」と懇願している私に「矛盾」という言葉を指摘しないで(笑)!



2. 健康に気をつける。

Img_3825


一日一回、夕食くらいはきちんと食べようと、フェイスブックに画像をUPすることで調理を習慣づけている私。

Img_3844


最近、酢たまねぎを作って、朝食と夕食に食べ始めました。
お薬ではないので、病気の症状改善等を期待しているわけではありません。糖尿病、動脈硬化、高血圧等に効果があると言われているようですが、科学的根拠はありません。


ただ、玉ねぎもお酢も健康にはよさそう。あくまでも常備食としてキープしておくと色々と応用できるし、脂肪の多いメニューの時バランスを取ることができます。

あとは、運動。とりあえず歩く!(本当はジムに通いたいよ~)



3. 記録を取る。

2016

今年からメインの手帳をEDiTに変えました。
残業する時、あまり食べると眠くなります。

なので、きちんと調理をし、しっかりと食事を取った時には仕事はしません。
必要があれば、早寝早起き!
深夜の2時~4時くらいに起きます。(静まりかえった深夜の時間帯って、集中できて好きです♡)

EDiTは、そんな時間帯から時間軸が使える一日1ページのタイプの手帳です。

他に、UNITED BEESやKOKUYOのダイアリーノートを仕事、勉強、3行日記等のログに使用しています。

起床・就寝時刻、天気、To do、その日の食事内容、買った本、スケジュールと結果としての誤差等、簡単に記録を取っておくと、スケジュールの見直しにも役立ちます。今年も付箋は活用予定です。ログと結果を比較すると、随分と予定どおりにはいっていない...つまり、誤差を見込んだ予定作りが必要ということですね!



目標の詳細は、またいつか(*^o^*)。



2016年が皆さまにとっても幸せな年となりますように!
本年もよろしくお願いいたします。


Cxkeqhnuoaendkh


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »