« フクロウカフェ探訪記 | トップページ | 時間管理と整理術 »

2016年5月18日 (水)

「ナースときどき女子」に拙ブログが登場!

さて、私akoronは翻訳者であってナースではないのですが(笑)

ナースときどき女子」のサイトで拙ブログをご紹介いただきました!


20160518_1_4
ナースときどき女子」は看護師さんのための情報サイト。お仕事の話からプライベートまで看護師さんを応援するサイトのようです。


癒やされる!可愛い猫に出会えるサイトまとめ」の特集で、拙ブログ記事「リセットは猫カフェで」が掲載されました!ありがとうございます。


Itigo3_2

記事はこちらから ↓

ナースときどき女子 by 看護のお仕事



この記事を書いたのは、8年半介護してきた母親が亡くなり、納骨・引っ越しをして2カ月後のことです。

まだまだ人前に出たり、楽しく会話をする気分になれない頃。環境も変わって、体調も大きく崩していました。


それが半月の間に、広島では「好きな英語で夢に近づく~プロから学ぶ学習法10~」セミナー、東京では「第25回英日・日英翻訳国際会議」の「医薬翻訳者のキャリア形成」セッションと2つのプレゼンを控え、ありがたいながらも大勢の人前に立つプレッシャーに襲われていました。だから、猫カフェに立ち寄ったのかなぁ~。


昔は、こんな看護学生さん向けの雑誌を読んで勉強していたこともありましたっけ。

        ↓
 

    



8年半の間、ICU、個室・一般病棟入院、療養型医院入院中に加え通院、訪問看護、在宅医療と看護師さんには大変お世話になりました。


ミスの許されない緊迫したICUの現場で、専門知識を駆使してテキパキと動いていた看護師さん。

容体が急変して処置室に運ばれたとき、ひとりぼっちで待つ私の隣りにずっと座っていてくれた婦長さん。


通院中も、多忙な医師に家庭での様子を知らせて間を取り持ってくれた看護師さん。


命を第一義と考えるお医者さまとQOLを重んじる看護師さんの間で、ちょっとした対立を感じたこともありましたっけ。悩んでくれて、がんばってくれて、本当にありがとう。


最後の1年半は完全な在宅医療となり、お医者さま、看護師さん、そして私とで交換日記のような記録をつけていました。


潔癖でゴキブリも殺せなかった私が見よう見まねで下の世話をし、嘔吐物や出血も冷静に処理し、車椅子への移乗等もできるようになって、「あれ、私って看護師さんになれたかも」と一瞬思ったことがありましたが。。



Naasu_excerpt_1_2 無理です。なれっこありません。

看護師さんに必要なのは、

接遇能力、看護技術、
体や精神面の変化を察知する観察力、そして
信頼関係を築くコミュニケーション能力に


何よりも
(家族でもないのに)寄り添ってくれる「白衣の天使」のこころ
heart02


玄関のドアが開いて、看護師さんの顔を見ただけで安心し、母親の顔もぱっと明るくなりました。



私は、そんな天使の存在にはなれないんだなぁ。


現在お世話をしている「西日本医学英語勉強会」では異業種メンバーと勉強しているので、看護師さんが参加されることもあります。


また、SNSを通じて医学・薬学・看護の情報を入手する一方で、医療従事者の方々と不思議なご縁で結ばれることもありました。
私は、せめて医薬翻訳でがんばらないとね。

そして、当時お医者さまの字が読めなくて苦労したように、現在は入退院サマリーや症例記録でお医者さまの手書き文字解読に苦労することもあります。


自分のことで手一杯で、当時お世話になった看護師さんたちへの感謝の気持ち、少し忘れていたかも。



「ナースときどき女子」のスタッフのみなさん

気づかせてくださり、ありがとうございました。

また看護師さん達にメールでもして「ありがとう」を伝えてみます!


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

« フクロウカフェ探訪記 | トップページ | 時間管理と整理術 »

翻訳生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581497/63647893

この記事へのトラックバック一覧です: 「ナースときどき女子」に拙ブログが登場!:

« フクロウカフェ探訪記 | トップページ | 時間管理と整理術 »