« 第10回勉強会プレゼン反省記 | トップページ | 「ナースときどき女子」に拙ブログが登場! »

2016年5月 9日 (月)

フクロウカフェ探訪記

Dscn0237

今年も、ゴールデンウィークは自宅で過ごしました。とはいえ、気が緩むのか疲れが出たのか、体調も仕事進捗も低空飛行(汗)。そんな時、勉強会でもアドバイザーとしてお世話になっているYokoさまが東京から帰省されたので、いっしょに食事を楽しんだあと、フクロウに会いに市中心部にあるオウルドベースに行ってきました。


フクロウ・鷹・ハヤブサ」に会えるお店です!

Dscn0274_2

レトロなビルを4Fまで歩いてドアを開けると、何だか怪しげな通路が(~_~;)。。


Dscn0252_4
でも、いました、いました\(^^@)/。ちっちゃなフクロウから大きな鷹まで!
この小っちゃなフクロウは「ココちゃん」。インディアンスコップオウルで、なぜか隅っこに。


Dscn0254_2
そして、アファルコン x セーカーハヤブサのハイブリッドである「白夜ちゃん」。
オウルドベースの守護神とか。


Dscn0256

種類は「ワシミミズク」ですね。名前、忘れちゃった( ̄。 ̄;)。。


Dscn0259
置物のように小さなフクロウちゃんがいれば。。



Dscn0244_2
こんなに大っきなフクロウも!全部で20羽くらいかな。


愛称ムックくんハリーポッターのヘドウィッグと同じフクロウで、名前は六九蔵(むくぞう)
愛嬌たっぷりのお顔なのですが、真ん前に1匹の生肉が(~_~;)。。。ちょっと引きました。



フクロウの餌は、丸ごとマウス、ウズラのひな、ひよこをさばいてあげます。
店内での餌やり体験は、小さく切ってあるお肉をピンセットで

私はこれもダメ>.<。。

なので、いくら可愛くても飼えません。


私のように苦手な人も多いということで、処理済みの餌も売っているとお店の方は説明してくださったのですが、どうでしょう?この場合の処理済みというのは、通常は飼い主がする内臓を取り出す処理が済んでいるということ?

調べてみると、レップミールというマウスをソーセージ状にしたものも売られているようです。

でも、フクロウちゃんのことを考えると、やはり新鮮なお肉をあげたいですよねーw
レップミールは最後の手段>>>>だから、飼うのは無理、無理(;.;)。。




Dscn0245
私が一目ぼれしたのは「うららちゃん」。



種類は「チャコモリフクロウ(アカアシモリフクロウ)」で性別不明。お育ちは「イギリスインプリント」と書いてありました。

インプリント」とは卵からの「人工飼育」を意味します。


そういうのは、何だかちょっぴり切ないのよね(T-T)。売られるために生まれてきたの?


お目々が真ん丸でお顔はハート型♥。


最初はうららちゃんもじっーと私の顔を見て目を離さなかったので、思わず胸が「キュン」となりました。が、が、「売約済み」の貼り紙が目に入り。。(45万円くらいとか。。。汗)


もうお嫁に行っちゃうのね(泣)。

私はフクロウさえも幸せにしてあげられない(泣)。。


多くのフクロウが性別不明となっているのは、DNA鑑定をしないと性別が分からないみたいです。もしかして「うららくん?



Dscn0271

私の顔と比べると、これくらいの大きさ。うららちゃんは2015年生まれですが、フクロウは20~30年くらい生きるそうです。


大きなミトン状の手袋をして手乗り体験をさせてもらいました。そして、なでなで(^_^)。


今度訪れた時には、うららちゃんはもういないのね。
私の分まで幸せになってね、うららちゃん!<(違っ)

sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村



« 第10回勉強会プレゼン反省記 | トップページ | 「ナースときどき女子」に拙ブログが登場! »

翻訳生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581497/63564468

この記事へのトラックバック一覧です: フクロウカフェ探訪記:

« 第10回勉強会プレゼン反省記 | トップページ | 「ナースときどき女子」に拙ブログが登場! »