« 最近読んだ本・買った本 | トップページ | 元NHK WORLDニュースキャスター青谷優子さんから学ぶセミナー! »

2016年6月25日 (土)

初めての俳句と英語訳

先週俳句の入門書を一冊読んでいると書いたばかりなのですが、習うよりは慣れろで下記の5句(3種)を作ってみました。

そしてそれらの句をいきなりFBで公開するという…(汗)


厚顔無恥と言われようと、恥は早めにかいておいた方がいい。清水の舞台から飛び降りるようなスリルが結構好きです。



1)
梅雨空にけふも差し掛け天の蓋 



Yun_3905



2)
残り香の想ひ封ずる洗い髪


3)
紫陽花や移ろふものと思はねば   

紫陽花や手鞠咲きて薄日差す  
紫陽花の君色染まる月夜かな  





FBでお世話になっている五島先生からは 2) の句にお褒めの言葉を賜りました。ビギナーズラックですね。でも、とても幸せな気持ちになりました。感謝!!

不思議なことに推敲を重ねていくうちに思わぬ言葉が出てきたり、自分の心と向き合うことがあります。

それは調和であったり、対峙であったり、解放であったり・・・。



皆さんが書いてくださったコメントを読んでいても、おもしろい。
読み手はそれぞれに自分の「物語」を持っているので、その物語をもとに自由に解釈できるんですね。でも、伝えたかった「こころ」が読み手に伝わってコミュニケーションが成立したとき、何だか嬉しい\(^^@)/。


それに、大和言葉の美しさ、日本の自然、文化、歴史、そして地域学(少し先生が解説をしてくださったのですが、「ナラティブな視点」等、医学にも通ずる部分があります)とたくさんの学びがあり、心が浄化されていくような気がします。

色々と「地域」についても思うことはあるのですが、それはまたいつか。


そして、五島先生が時々併記されている俳句の英訳

作句者でなければできない言葉の選択があります。日本と欧米の言語・文化の違いがきちんと英訳の中に織り込まれている……私のような超初心者は、時々理解できない言葉(日本語)に遭遇すると英訳の方に助けられて感動することもあります。


そこで、私の2つ目のテーマ。

アメリカでもブームになっているという英語俳句、そして日本での俳句の英訳。この2つの英文を比較してみたいのです。


そして、自分でも俳句の英訳を書けるようになりたい。


何だか、この欲求は止まりません!


まず、「続・日本人の英語」と「21世紀俳句の時空-日英対訳」を買ってみました。
一番読みたかった五島先生の日英併記句集「雷光」は、注文は成立したものの品切れ状態とか…(涙)。







注) 対訳本の方は、密林さんではなくオークションの方から入手しました。


「何してんねん!」と思われている同業者の方。

はい、目的がないと勉強も中途半端になりがちですね。
いつの日か、俳句翻訳の観点から勉強会「十人十色」で発表することを目指します!(キリッ)



そして「俳句療法」としては、医学英語勉強会でも発表できるかも(野望は続く…)。



sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

« 最近読んだ本・買った本 | トップページ | 元NHK WORLDニュースキャスター青谷優子さんから学ぶセミナー! »

翻訳生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581497/63819434

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての俳句と英語訳:

« 最近読んだ本・買った本 | トップページ | 元NHK WORLDニュースキャスター青谷優子さんから学ぶセミナー! »