« 2017年5月 | トップページ

2017年7月

2017年7月14日 (金)

近況2(初句会 in 東京 & 北鎌倉散策!!)

6月下旬から3日間、関東に行ってきました。

19554355_847250472119845_1088465380
まずは新宿で同業者との食事会。
業界では自称(?)ドタキャン王子のバイク・海・犬猫をこよなく愛するMさま、長年の海外赴任生活を生かして社会人向け英語教室を運営していらっしゃるNさま、製薬会社勤務のロシア語もできる医薬翻訳者のU子さま、ドイツ語翻訳者で十人十色でも大活躍のIさま、畑仕事を楽しまれながらも業界リーダー的存在のOさまが、お忙しい中お上りさんの私にお付き合いくださいました。


美味しい和風テイストのフレンチをいただきながら、楽しい話や情報交換♪♪人生を楽しまれ、高品質の翻訳物を仕上げながらも業界のためにご尽力されている皆さんのご姿勢に、弱気になりがちな私はいつも勇気をいただいています!(本当にありがとうございました。(*'-'))


そして2日目。今回の旅のメインイベントです!
俳句大学の東京句会に初参加してきました。

俳句大学は超結社なので、全国各地の色々な結社に所属されている方々が集う俳句界のフロンティア的存在。

それだけに、参加者には憧れの先生方、結社で長年研鑽を積まれており受賞歴のある方々も多く、私のように無所属、句歴ちょうど一年、仕事も忙しく作句もままならないという者が参加するには申し訳ないと思いつつ、「楽しんできて」と先輩方に背中を押されて参加してきました!

結果、超結社だからこそ、私のような初学者も分け隔てなく受け入れてくださり、ドキドキわくわく、楽しい時間を過ごすことができました(^^)。

何と3句投句して3句とも選をいただき、2句は1点ずつ、1句は6点。最高得点が7点でしたので商品までいただきました。(こんな意外性が起こるのも超結社の句会の面白みかもしれません。もちろん、私の句が2番目に秀句ということではありません。むしろ逆です(汗)。)


19554047_847843648727194_6113391139

懇親会では申し訳ないと思いつつも、憧れの五島高資先生辻村麻乃先生、そして詩人の葛原りょうさんからサインをいただきました。五島先生の筆文字でのサインはプロ級の達筆さ(O_O)!先生は医学のプロでもあるので、天は二物ではなく何物も与えられたようです。

(当日は医科大の名誉教授、医師、保健師さん、看護師さん、そして医薬翻訳者の私と医学関連の生業を持つメンバーも揃っていました。)

いつも時間がなくて選句・鑑賞をさぼっていたのですが、自分の選んだ5句全てに鑑賞を求められ、発言する機会もいただきました。短時間で考えをまとめて発表するのは、私達翻訳者にも良い訓練になるように感じました\(^o^)/


Omiyage

何と、先輩方からお土産もいただきました。ありがたき幸せ(涙)。ぴーなっつ最中、十万石まんじゅう、エアフレッシュナー、ご自身が描かれた絵のポストカード、結社「篠」の句集、ご自身の句集、俳句だけでなく川柳、短歌等も掲載されている文芸誌「ムジカ」(りょうさんが編集長です)!!

帰ってから毎日最中やおまんじゅうをいただきながら、先輩方の句を少しずつ読み進めています。忙しくて句会までずっと作句も休んでいたのですが、少しずつでもマイペースで続けていこうと思っています。


19642515_848987165279509_29145868_2

そして3日目はIT翻訳者のミッチーとともに北鎌倉を回って帰途につきました。(ここでも大変お世話になりました。ありがとう♪)


summer bush warbler preaching haiku –
Enkaku Temple
老鶯の詠めよ詠めよと円覚寺 

chasing a summer butterfly
to find a Buddha carved in wood!
夏蝶を追へば木彫りの仏かな

19601425_848987248612834_54857976_2


19657454_848987418612817_16652511_2

sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村




2017年7月 9日 (日)

近況1(セミナー関連)

暑中お見舞い申し上げます。

随分と長い間ブログを放置してしまいました。


とはいえ、FBではタイムリーに報告記事を書いているので、ブログとの両立が難しくもあります(^_^;)。


今日はセミナー関連のニュースを簡単にまとめてみますね!

1) Benjamin Tompkinsさんによる「よくみる和文英訳の落とし穴~より読みやすい英訳のために~」 JTF関西セミナー

報告書をJTF機関誌に寄稿しました。(5月中旬からUPされています。文字数で可能な限り再現方式で報告していますので、未読の方はぜひご一読くださいませ)  
    ↓


日本翻訳ジャーナル


2) 「第12回西日本医学英語勉強会
Smith Henryさんによる「
International Medical Writing Associations - What are the Benefits of Participation for Translators and Editors Based in Japan?
無事に終了しました!

19149418_840524939459065_5111491888


19366072_840524952792397_3637228810

いつものようにお昼の「お好み焼きランチ会」でスタート!今回のセミナーは少々マニアックな部分もあるかな?と思っていましたが、予想以上に素晴らしいセミナーとなりました。

翻訳には色々な技術が要求されますが、医薬翻訳ではまず「正しい情報を伝えること」の重要性を再認識しました。

当グループでは初めてとなるグループワークで経験したAMWAとEMWAの模擬ワークショップ!

疫学」「アブストラクト」「統計的生データ(表リスト、グラフ等)を使用した治験総括報告書(CSR)のライティング」と医薬翻訳で必要なエッセンスが詰まっていました。


上っ面の翻訳・検索テクニックである程度の成果物を作ることが可能な場合もありますが、やはり種々なアプローチで医薬の知識を根本的に構築していくことが大事ですね。

当日のディナーオフでは音声入力のデモをiPhoneで見せてもらったり、単価や入金のお話、ISO関連の某制度導入、翻訳生活の満足度、俳句等、オフレコな話で盛り上がりました\(^o^)/。

また、FBグループ外からご参加くださった方から、早速EMWAに入会して勉強を開始するという嬉しいお便りもいただきました。ヘンリーさんからは当日の資料にコメント・考察を加えたお宝資料データを後日いただき、早速、参加者の皆さまには配付させていただきました。

参加されなかった皆さまには、報告書を作成次第、勉強会専用サイトに掲載予定です。

さて、先日翻訳者の方々との会食、初句会参加を終えて関東から帰ってきたばかりですが、8月5日には関西のセミナーに参加いたします!(ドタキャンしませんように 笑)

  ↓

新薬開発と翻訳のニーズ

特別講演があること、ブロックバスター薬開発への興味、新薬の開発から製造販売後まで各フェーズの流れを復習できること、等が参加の決め手でしょうか。

当日お目にかかる皆さま、どうぞよろしくお願いいたします\(^o^)/




sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

« 2017年5月 | トップページ