翻訳ツール

2014年4月 9日 (水)

ワイルドカード・セミナーと異業種交流!

4月5日(土)、新田順也先生の「ワイルドカード・セミナー」に参加してきました。

思えば、ちょうど1年前の春、広島で勉強会を開催するという動きがあって中四国通翻ネットワークのメンバーで希望を出し合っていました。

その時、私が受講希望で出したのが新田先生の「Wordマクロ」でした。
結局、同時期にFBの勉強会「十人十色」が広島で開催されることになり、その話は立ち消えになってしまいました。

なので、今回先生のセミナーが広島で受講できるというのは正に夢のようなお話でした!

10177509_264888077022757_6013628066
引っ越し直後で、風邪に頭痛・腰痛、行く前は「休みたい・・・」と少々悪魔が心の中でつぶやいていましたが、コンビニでドリンク剤を飲んで「ファイト!一発♡」と参加!



そして、参加して良かった~!!



ワイルドカードが読めるようになりました~shine!(←習った範囲内ではね。ホント!)


ワイルドカード置換とは、文字並びのパターンを指定して検索し、その検索結果を置換に用いることを言います。
表記のゆれや誤記の発見に役立つツールとなります。


今回のセミナーで良かったなと思うのは、セミナー後も資料を参加者宛に送信くださり、フォローアップが万全だったことです。

セミナーに参加すると、ついつい配布資料を読んだり、メモ取りに注意が向いてしまって実習に集中できないことがあります。

セミナー中は先生の講義や実習に集中し、詳細は後日先生から送られてきたまとめ資料でゆっくりと確認できました。

正直なところ、今現在私が取り扱っている文書には、あまりワイルドカードの活躍の場はありません。

が、これから違う種類の文書を取り扱う可能性も大です。
それに、当分は人が作った検索式、置換式をコピペで使うにしても、少し改造して使用できるようになれば、自分仕様の使い方もできそうです。

少しずつ使ってみようと思っています。

また、当日は、福岡や兵庫からの翻訳者さんに加えて、特許事務所の弁理士さんや企業の海外事業部の方も参加されていました

10177509_264888080356090_1915195064
セミナー後の懇親会では、翻訳者さんだけの飲み会と違って異業種交流会となりました。
広島産の牡蠣に舌鼓を打ちながらゆずビールなど飲み、色んなお話が聞けて楽しかった~ヽ(*≧ε≦*)φ!


新しい勉強に、新しい人との出会い
。新田先生、すばらしいセミナーの機会をありがとうございました!


Boj8nekcaaasfug
     新しい町にも慣れなくっちゃね。セミナーで目が覚めて、健康運もアップだにゃ♪


sun今日もポチッとしてね。いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

2014年3月16日 (日)

地方でのセミナー~新田先生のワイルドカード~

先日、3月14日の深夜、伊予灘を震源とする最大震度5強の地震が発生しました。

広島も震度4。中四国地方にお住まいの皆さんは大丈夫だったでしょうか。

13年前の芸予地震では震度6弱だったのですが、揺れの時間が長く、体感的的には今回の方がずっと恐怖感が走りました。物は落ちてくるし、高層階に住んでいるせいか半端ない揺れで、テーブルの下に潜り込んだものの不覚にも泣いてしまいました(ノд・。)。隣りの部屋はびくともしていなかったのですが、高層の角部屋は危険なのでしょうか・・・・。


近い将来の南海トラフ巨大地震発生も噂される中、家庭でも日頃から防災対策をしておく必要性を痛感しました。

で、話は変わり、中四国の翻訳者の方にとって明るいニュースです!

Bhanufkccaayffr
3月は東京ではセミナー、シンポジウム、オフ会等色々なイベント目白押しで、地方在住者としては羨ましい限り・・・( ̄○ ̄;)!

そんな時、突如飛び込んできたニュース!何と「みんなでワードマクロ」の新田順也先生が広島でセミナーを開催されることが決定しました!


日時:4月5日(土) 13:30~16:30 (13:15開場)

場所:
アステールプラザ 中会議室

内容:

第1部 Wordワイルドカードの解説
第2部 翻訳チェックソフト「
色deチェック 」でのワイルドカードの活用

人数:12名

*Windows系のパソコンが必要です。


詳細、お申し込みフォームは、新田先生のサイトをご覧くださいね。


ご存知のように、新田先生は翻訳者であると同時に
Microsoft MVP for Word の受賞者でもあります。マクロやワイルドカードのセミナーを精力的に開催されていますが、まさか広島で受講できるとは思ってもいませんでした。

ワイルドカード」は、特定の文字列のパターンを指定して、表記揺れを探したりして編集や修正作業の効率化に役立つのですが、私も含め十分に活用できていない翻訳者の方は多いのではないのでしょうか。

私は「正規表現ハンドブック」を買っているので、勉強しなければと思いつつ挫折したまま@@;)・・・
他の翻訳者さんがブログで紹介されている易しい正規表現を含め、試したパターンは少ないです>.<。

正直、 4月頭は何かと忙しい時期ですね。でも、タイミングを逃すと勉強はいつまでたってもできません。


いつやるの? → 「今でしょ!」ですね(笑)


翻訳者として知っておくべきルールだけを厳選して紹介いただけるのも、ありがたいですね!


なお、17:00~19:00ごろ、懇親会(オフ会)を予定しています。(先生は、同日新幹線で帰途につかれるので、少し早い時間帯です。)

残念ながらセミナーの都合はつかないけど、懇親会の時間なら大丈夫!という翻訳者の皆さん、マクロやワイルドカードに興味がある翻訳者の方の参加をお待ちしています。


懇親会詳細は、近日中にtweetviteで告知予定です。


TwitterもFBもアカウントを持っていない方で参加希望の方は、私までメールでお問い合わせください。


地方でも、勉強会やセミナー開催の重要性をずっと考えていました。

実は新年会でそんな話も提案したい気持ちがありました。でも、年末に身内の不幸があり立ち消えになったままでした。

そんな折、受けたかったセミナーを地元で受講できるのは嬉しい限りです!


新田先生、本当にありがとうございますm(__)m。

Bg2bfgociamjzru

       猫だって、調査も校正もするよ!効率化しないとね♡ 


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


にほんブログ村

2014年3月11日 (火)

検索は奥深い~「翻訳シンポジウム2014~辞書とコーパス」

3月8日に翻訳フォーラム主催の「翻訳シンポジウム2014」が開催されました。

外出中だった私はUSTREAMのライブ放送も聞き逃したのですが、ありがたいことにアーカイブを閲覧することができました。

Video streaming by Ustream

このUSTREAMは、シンポジウムPart 2で高橋さきのさん深井裕美子さんがトークショー形式で 「辞書とコーパス」について発表された部分です。

深井裕美子さんは、拙ブログの10月25日付け記事にあるように、「調べ物100分勝負~JATセミナー~」でも色々な検索術を紹介されています。

シンポジウムについては、「翻訳フォーラム・シンポジウム2014」とまとめサイトも作成されているので、詳細はビデオと共にこちらのサイトをご覧下さい。


Google検索がファジー
になり不要なものまで拾ってくるということで、今後翻訳者にとってコーパスの有効利用がますます重要になってくると思われます。


ビデオを拝聴して、まだまだ正しい使い方を習得できていないと反省しきりでした。
そしてGoogleをコーパス的使い方で検索することはあっても、Googleの方に依存している状態です。


その割には、コーパスの一種で、書籍の全文検索サービスである
Google Books(Google書籍検索)をあまり利用していませんでした。

私が利用した時は、著作権保護期間中の書籍だったため、ごく一部がプレビューされただけで販売サイトにリンクされていました。その印象が強かったのですが、著作権切れだと、読みたかった専門書等も無料で全文が閲覧でき、しかも検索用語に容易に到達可能で、とても便利でありがたいサービスなのです!

このサービスは、今後ぜひ利用したいですね。


そして、この書籍検索といっしょに使いたいWordNetも早速ダウンロードしました。

列挙型」コーパスと「てにをは型」コーパスを組み合わせて使う、「時代フィルターをかける」等大事な点を教えていただいたのですが、まずは自分が試してみることが大事かなと思います。



何度も検索して、自分で検索結果を検証しながら使い勝手を覚える!


と、ここに決意表明しておきますscissors


そして、いつも使用しているWeblioに、日本語WordNetによる同義語・類義語を分類している類語辞書があることに気づいていませんでした。


いつの日か、自分の専門分野に特化した自分だけのコーパスが作成できればいいなと思います!

1555512_563556157060757_1207545036_

何年翻訳をやっても、知らないことばかりで学ぶべきことがたくさん!
ゴールのないマラソンのようで、でも、だからこそ楽しいのかも;:゙;`(゚∀゚)`;:゙。

惜しみなくノウハウを提供してくださる登壇者の方々に感謝します。
ありがとうございましたm(__)m。





必須の一冊「てにをは辞典」!電子化が待たれますね。


sun今日もポチッとしてね!いつもありがとうございますheart04


 
にほんブログ村

2013年10月25日 (金)

「調べ物100分勝負」~JATセミナー~

先週の10月19日(土)、私の所属する日本翻訳者協会(JAT)の月例ミーティング(TAC)で「調べ物100分勝負」というセミナーが開催されました。

講演者は、
深井裕美子さん(株式会社ネスト代表取締役。翻訳者兼翻訳学校講師。テレビ、映画、演劇、音楽関連の仕事を多く手がけていらっしゃいます。)
辞書の基本からネット検索のコツまで、「翻訳者に必要な調べ物」のスキルについてお話してくださいました。

 

Dictionary

翻訳者にとって、「調べ物」は重要なスキル!今やInternetの普及でWeb上には情報が溢れていますが、玉石混交の情報から信頼できる有用な情報を得る能力、つまり情報リテラシーが大事になってきます。

どうしても聴いてみたい内容ですよね~。JATでは、会員はTACに無料参加できるのですが、場所は東京!地方に住んでいる者にとって、セミナー参加は大変!
でも、こんな時、JAT会員にはリアルタイム配信があるのですhappy01

修羅場中の私は仕事をしながらですが、Twitterからインしました。気がつけば、ほとんど仕事は手につかずcoldsweats02、夢中になって最後まで拝聴しました!

主な内容は:

flag翻訳者の薦める辞書・資料
flagJamming(串刺し検索ソフト)とデイファイラー(電子辞書:選び方、便利な使い方等)
flag各種サーチエンジン(Google、Bing、Yahoo! 、Twitter)各サーチエンジンの特徴と使い分け等
flagGoogleマニュアル Google検索テクニック 「もっと見る」「検索ツール」の利用
flagコーパスを使おう
flag見つからない情報を捜そう(Internet Archive等)
flagレファレンス共同データベース ~図書館の利用~       等でした。


そして、何と講演者自ら発表内容についてサイトを作成されたので、ご紹介しますね!

Research! Research!  Research!


このサイトには、調べ物で使うサイト、検索テクニックを知るためのサイト等、たくさんのリンクが張られています。ぜひ、一度全部クリックしてみて内容を確認されることをお勧めします!

知らなかったこと、使っていなかったテクニックやサービス等を確認すると、目から鱗が落ちるほど視野が開けてくるかもしれません。

「調べ物」は翻訳者にとって大事ですが、深井さんも言われていたように、それだけで時間をとられてはいけませんね。「調べ物」は「知っていることの確認」であったり、「クライアントからの問い合わせに正確・迅速に対応する」ためであるはず!

やり方として、「原文にざっと目を通す→ヤマをかける→ざっと基礎知識を得るところから、詳細の調査に移行」のプロセスを示されました。

Googleは頻繁にルールが変わるので、定期的にGoogleマニュアルをチェックした方がよいそうです!

私は、基本的なGoogleテクニックについては、「翻訳に役立つGoogle検索テクニック」を読んだことがあります。英文ライティングだけでなく、日本語の正しい表現の検索法を知るにも良い一冊だったように思います。

 

最近よく使用するのは、学術用途のGoogle Scholar!論文等の学術資料の検索ができます。

また、セミナーを拝聴して、私自身の反省点は:

club検索エンジン利用がGoogleに偏っている
 検索対象の動画が多いBing等、用途に応じた使い分けが必要
clubWeb上のGoogle機能紹介ページが未読である(゚ー゚;。。。。
club「期間指定」等のキーワード絞り込みをもっとする
club図書館のレファレンス・サービスを利用する        等でした。

コーパスについては、注目して使用しているのですが、無料のサイトだけを利用しています。Google検索との優先度や効果的な使い方で、まだまだ悩むことがありますね。


そこで、単純にヒット数だけで比べてみました。使用したのは、Google Fight!

Google x Corpus  FIGHT!!   ⇒ 851,000,000 hits  x 8,400,000  hits

Googleの大勝利でした~good! (お遊びですよ~♫ 仕事では、単純ヒット数だけで判断はしません  キリッ)!)



翻訳者は、決してサクサク、スラスラと翻訳文を書いている訳ではありません。
調べて、調べて、調べまくる!根気のいる仕事をしているのです。
達人にはほど遠い。。。私゚゚(´O`)°゚

でも、調べることは楽しい!だって新しい発見が待っているんだもの。

素晴らしいセミナー、ありがとうございました!

 

Upcat_2

                    一歩一歩でも、上に上に!!


sun今日もポチッとしてね!(いつもありがとうございますheart04!)


にほんブログ村

2013年9月16日 (月)

ツールを使うのか、ツールに使われるのか

9月の12日、13日と大阪で開催されたITセミナーに出席してきました。

7月末にも、医薬翻訳セミナー出席のために大阪に行ってきたばかりです。セミナー前に参加したグランフロントでの昼食会のことを、8月3日付けの記事「勉強も現場の力!~セミナーとオフ会参加~」で書いています。

この食事会はITセミナーの打ち合わせを兼ねており、そこに初参加の私がお邪魔したのでした。

今回のITセミナーは、ミズトラの会 (Ms. Translatorsの会) を主催されているKyokoさん の企画・交渉等ご尽力あってこそ実現したセミナーなのですが、7月に昼食をご一緒した翻訳者さん達をはじめとする他のメンバーの方々がセミナー会場の準備、事務作業や撮影・画像処理等を担当して下さいました。徹夜状態でのお仕事の後に会場入りして、ボランティアでセミナー運営を支えて下さった方もいらっしゃったようです。

みなさん、本当にありがとうございましたm(__)m。

セミナー会場は「毎日インテシオ」。

 

P9120743_600x800

講師は、5月に「十人十色」の勉強会でもご一緒した「帽子屋さん」こと高橋さん!IT翻訳の第一人者です。


まず初日は、高橋さんによるTRADOSセミナーの前に、医薬翻訳会社でもある株式会社MCLの社長さんによる「対訳君」の説明会が開催されました。

高橋さんのセミナーともども、非常にフェアで「翻訳者のための」セミナーであったという印象を持ちました。

それは、よくこの種のセミナーにありがちな過剰な宣伝や、対象ツールだけを推奨する内容ではなかったからです。


まず、「対訳君」。対訳君のコンセプトは「辞書検索」と「対訳検索」です。
特に用例検索では、文の組み立てや類似文が簡単に検索できるので、英訳の翻訳時には大いに役立ちそう

製品ラインアップはStandard、Professional、医学版Acceptで構成されています。この中で、「メルクマニュアル」や「腫瘍学国際文献引用集」等の対訳データが入っている医学版は、医薬翻訳者にとって買って損のない製品かなと思いました。


そして「Trados」。IT業界では標準的に使用されている翻訳支援ツール(CAT)ですが、最近では医薬等の他分野でも使用頻度が高いと聞いています。

実は、私は駆け出しのころITをメインにしていたので「Trados」を所持していました。
でも、その作業内容、それに伴う翻訳料金の体系が嫌で、あっさりとTradosを捨てて英訳をメインとする工業分野に転向したのです。

料金体系が嫌とはいえ大量のデータを扱う案件が多かったので、駆け出しでありながらスタート時から安定した収入がありました。

でも、「翻訳」なのか「編集作業」なのかとまどっていた当時は、まさに「ツールに使われていた」状態だったのでしょうね。

今なら、もっと冷静に使いこなせそうな気もします。


でも、私が今受注している案件を考えると、早急にTradosを使用しなければならない状況ではないのですね。

Trados使用によって効果がもたらされるのは、定型表現が多く、定型の訳を使用する文章や部分的な改版の頻度が高い文章を扱う時です。

でも、そんな場面に使用するCATツールには、WordfastOmegaTといった無料ツールもあります。

また、比較的安価で使い勝手の良いFelixも良いかなと思っています。(体験版で実施済)

今現在は、過去案件の有効活用も含め、SimplyTermsとKWIC Finder、そしてWordのマクロ等で何とかなっている状態です。ほぼ1社集中の専属社員のような働き方になっている現状もあります。

マニュアル案件も多くありません。あっても、大量の繰り返しがある文章ではないです。

英訳も出来上がり200~400枚程度の案件になると、類似文が出てくることがありますが、検索の範疇内です。または、前処理で差分翻訳の形で原稿データを受け取っています。

ただ、取扱分野の比重を変えつつあるので、それに伴って新規取引先を開拓する予定です。なので、事前に取り入れていた方がいいのかな、と多少焦り気味でした(;;;´Д`)ゝ。


少し、冷静に検討してから購入した方がよさそうです。


- 自分が取り扱う文書はCATツール使用に適した文書か。(購入の緊急性はあるか)

 

- どの機能をPC(機械)処理して、どの機能を人間(翻訳者)が実施するか。

 

- 取引先(新規も含め)の指定ツールはあるか。ある場合、それは何か。

 

- 無料のツールとこれまで使用しているソフトウェアやマクロを組み合わせて、どこまでの効率化が図れるか。

- 購入すると想定した場合、自分の収入と購入費用を含めた予想総経費のバランスはどうか。



等々、じっくり考えてみたいと思います。
新規取引先は、まずはどこを受験するかの検討の方が先です。


ツールに「使われる」のではなく、自分がツールを「使う」視点が大事ですね!


2日目の「読ませるための」翻訳に関するセミナーを受講して、「日本語力」や「英語力」、そして翻訳に必須の「調査力」をもっと磨き、正しく、美しく、丁寧で自然な訳文を作る原点に戻る必要性を何よりも感じさせてくれたセミナーでした。

また、高橋さんの授業展開のすばらしさは、私も授業をする者として色々参考になりました。さすがです!

セミナーでご紹介くださった本は大半を(積読本も含め)所持していたのですが、まだ購入していなかった次の本を早速ポチりました。



主語を抹殺した男」 - 日本語文法に生涯を捧げた日本語学者の評伝です。タイトルからして、面白そうです。


さて、懇親会はお洒落な堂島ホテルで開催!

P9120753_800x600P9120765_800x600

抽選会で、くじ運の悪い私が何と4等賞(堂島ロール半本)を当てました。\(^o^)/

が、当日も宿泊予定だったので、パーティーで熱いスピーチをして下さったしんハムさんこと小林さんのお土産にお渡ししました。


いつもSNSでご一緒しているしんハムさんが、最近はツイキャス (TwitCasting) デビューもされ、どんどん活動を展開されている様子を拝見して私まで嬉しいです!


では、色々疲れたので、1時間でもお昼寝しましょう。皆さん、おやすみなさいhappy01

Happycat

sun今日もポチッとしてね!(いつも、ありがとうheart04


にほんブログ村

2013年4月20日 (土)

お金で買える実力? - PASORAMAの威力とインストール注意 -

さて、私のダウンタイムは終了したものの、やり残したto doのひとつに辞書の整備があります。

これは、先延ばしするわけにはいきません。
思えば、自動車、土木等の専門用語事典は購入していますが、リーダーズ等の総合辞書は、いったいいつ買ったのか思い出せないくらい古い版....coldsweats01

正直、あまり困ることはなかった...といっても、自分が気づいていないだけかもしれませんね。

医薬については、最近、医薬翻訳者のリスノさんが、ブログの中の「医薬辞書、こんなの使ってます」で分かりやすく紹介して下さいました。

それも参考に、今やってる工業分野関連の辞書も含めて検討した結果、やはり圧倒的に不足しているのは医薬関連。それに、基本の総合辞書類の新しい版もほしい...。ということで、セイコーインスツルの電子辞書PASORAMA DAYFILER DF-X11000を購入しました。


収録コンテンツは、以下のとおりです。

医学

医学書院         
- 医学大辞典 第2版 カラー
- 治療薬マニュアル2012準拠[電子版]

メジカルビュー社            
- ステッドマン医学大辞典 改訂第6版 
- ステッドマン医学略語辞典
- 医学英語論文執筆のための医学英語実用語法辞典
- 音で聞く医学英単語3000 

英語

研究社                 
- リーダーズ英和辞典 第2版
- リーダーズ・プラス

小学館                 
- ランダムハウス英和大辞典 第2版 
- プログレッシブ和英中辞典 第3版

小倉書店                
- 科学技術論文、報告書その他の文書に必要な英語文型・文例辞典
- [理・工・農・医]自然科学系和英大辞典 増補改訂新版(第4版)
- 学術講演の英語スピーチに必要な慣用表現 
- 国際会議・学会その他集会における聴く力、話す能力 

オックスフォード大学出版局       
- Oxford Dictionary of English Third edition
- オックスフォード現代英英辞典 第8版

百科事典

ブリタニカ・ジャパン          
- ブリタニカ国際大百科事典 電子辞書対応小項目版 カラー

国語

岩波書店                
- 広辞苑 第六版 カラー

大修館書店
- 新漢語林

学習

ハイペリオン
- 新TOEICRテスト対策プログラム模擬試験 
- 新TOEICRテスト対策 LISOD TRAINER 
- 新TOEICRテスト対策 LISOD WORK Listening 
- 新TOEICRテスト対策 LISOD WORK Reading 
- 新TOEICRテスト対策 Study Navigation 模擬問題I 
- 新TOEICRテスト対策 Study Navigation 模擬問題II 

特徴としては、

- カラー液晶でくっきり表示

- タッチパネル

- ドキュメントリーダー/ライター

(ワード、エクセル、パワーポイント等のドキュメントを持ち歩いて検索可能)

- 手書き入力

- 無線LAN (ブラウザを使ったインターネット検索も可能)

- フレキシブルサーチ

(一括検索時、表示順を設定可能)

- PASORAMA+

(PCで使用可能)

 

Dayflier

こんな風に、約2,500点の医学関連カラー図版をPC画面で大きく表示したりできます。また、PC上で表示したウィンドウを使用して、Webで見つけた言葉も、コピー&ペーストで検索したり、PASORAMAで表示された例文を、文書等のPCアプリケーションに貼り付けて使用することもできます。

便利だ~scissorsと、いうわけなのですが、なかなかPCと接続するためのインストールに成功しませんでした。

私のPCのOSは、Windows 7 Home Premium 64ビット。
まず、リムーバルディスクが認識されない。ポータブルディスクに表示が現れるだけ。
ドライバも32ビットから64ビットに更新する必要があると思われる。

てな訳で、CPサービスセンターに電話しました。色々試した後、
「ドライバについては、既に64ビットに対応しています。Windows 7 の64ビットはPCの相性のようなもので、USBデバイスを認識しない場合があります。
この場合、対応策はまだありません。返金した方が1名いるけれど、後は辞書が素晴らしいので、単体で使用されています。
iPhoneやiPadをUSB接続されていた方がなっているようです。
Windows 7 でも新しいマシンを購入した場合は、必ず接続できるはず。」といった旨の回答が返りました。

確かに、今はWi-Fiで同期しているけど、前はiPhoneやiPadはUSBケーブルで同期したり、充電したりしてたけど...。

サブマシンのWindows Vistaでは無事インストールできました。
そりゃ、32ビットだしね~think

「対応策が出たら通知して下さい。」← (私)

 

「ホームページをよく見ておいて下さい。」← (セイコー)

「ユーザー登録の葉書が同梱されていない。オンライン登録しようと思っても、DF-X11000の項目がない。」← (私)

 

「ユーザー登録は、新製品が出た時等に、お知らせするだけですから。」← (セイコー)

ちょっと、カチンときました。私に登録の手引きをしてくれない。おまけに、対応策が出ても、e-mailも電話番号も通知しているのに、こちらに知らせてくれるとは言わない。

そんな態度でいいのかな。セイコーインスツルさんannoy

結局、自分で対応策は見つけました。唐突な再起動が嫌でWindowsのupdateを手動にしていたのですが、更新していないオプションの中にWindowsのsystem関連があり、更新したら、リムーバルディスクが認識され、PASORAMAフォルダの中のSETUPから、無事インストールできました。

が、これだけではウィンドウは開くけど、PASORAMAモードで接続できません。
デバイスマネージャから、ドライバを再インストール

これで、OKです。インストールできていない方、同じ方法で大丈夫かもしれませんよ。
デバイスマネージャからの選択等は、SIIのホームページから確認できます。

さてさて、辞書はお金で買える実力と言いますが、どう活かすかは自分次第と思われます。
休業の挙句に高い買い物、貧乏になった私は、元を取るべく頑張ります!

今日もポチッとしてねsun(ランキング参加中)


にほんブログ村

 

昔はリチャードギアが好きだった ... 映画Pretty Womanより
Oh, Pretty Woman (Roy Orbison)

2013年2月 8日 (金)

作業の効率化にWordマクロ!~新田先生のDVDとセミナー~

産業翻訳の世界では、短納期化が進んでいます。

翻訳者としては、スピードアップして作業の効率化を図ると同時に、高品質の維持が求められています。作業の効率化は、結局、翻訳者のプライベートな時間の確保にもつながるので、非常に重要な課題です。

そこで、Word等のよく使うソフトを「マクロ」によって、通常は手作業でしている作業を自動で実行すると、時間を節減することができます。


Wordマクロといえば、このブログからもリンクを張らせていただいている、「みんなでワードマクロ」の新田 順也先生が有名ですね!

これまでの私といえば、マクロをもっと勉強したいと思いながら下記の本「作って簡単・超便利!Wordのマクロ実践サンプル集」をめくったりしていました。



入門用としては、大変勉強になりました。実は、Wordマクロとしての本はあまりなく、既に販売が中止となった電子書籍もあります。セミナーに参加するのが一番かなと思いながら、そこは地方在住、諸々の事情でなかなか参加できません。PCを使う作業は、ペーパーだけとか、独学では限界があります。

そこで、先日、
日本翻訳連盟が昨年5月24日に開催した新田先生の「2秒 x 1000回 = 30分のなぞ~翻訳業務でのWordマクロ活用とWordチューニング方法~」セミナーがDVDになっているのを知り、早速購入しました!!

Macro_2 う~ん、やっぱりDVDはいいですね
一時停止もできるし、繰り返し再生もできるし、問題の箇所を何度も確認できますからね!good

「30分」というのは、1回2秒の作業が一日に1000回発生しているとすると、2 秒 x 1000回 = 30分の時間の節減になるというわけですhappy01

事例紹介や、フリーランス翻訳者向け上書き翻訳マシンにチューニングについてや、その他マクロのインストール方法等盛りだくさんの内容です。約50種類のマクロの実行が可能になります!

2枚組なのですが、実はまだ全部視聴できていません。
coldsweats02 うふふ、楽しみは取っておく....eye.....嘘です、ゴメンなさい。時間を見つけて、早く最後までマスターしちゃいますよ~note

私は、現状、これ以上のマクロの導入が必要かどうか急を要しているわけではありません。
しかし、将来的に、取引先の変更や拡充、取扱分野比重のシフトを密かに目論んでいるので、マクロ活用は必須になると思われます。
「後から勉強します」なんて、通用しませんからね!

また、明日、2月9日(土) は、私が所属している
日本翻訳者協会 (JAT) 主催で、新田先生の「マクロでWordをチューニング!」セミナーがあります。
翻訳者向けWordのカスタマイズ方法、クイックアクセスツールバーの設定、ショートカットキーの割り当て、無料マクロの使い方の他、最新のWord 2013の紹介や自作翻訳支援ツールのデモあるようです。

私が購入したDVDはJTF主催の5月のセミナー収録分ですから、明日のセミナーでは、また新しい情報をゲットできますね!!
私のようにセミナーに参加できなくても、JAT会員に限り、ライブ配信されるようです。(セミナーは14:00~17:00)
こんな時、会員で良かったって思えますねupwardleft

他に欲しいセミナーのDVDもあるのですが....う~ん、節減した時間でもっと働いて稼がなくては (笑)、です!!


1日1回クリックしてね!きっと、あなたに幸せが♡


にほんブログ村

テンション上げて、いこうぜい!! Michael Jackson のBillie Jean!!